意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「日頃の行い」の意味とは・天気との関係・読み方・英語【使い方や例文】

「日頃の行い」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「日頃の行い」の英語や、「日頃の行い」を使った言葉や例文を紹介して行きます。

Meaning-Book
「日頃の行い」の意味とは・天気との関係・読み方・英語【使い方や例文】>


目次

  • 「日頃の行い」の意味とは?
  • 「日頃の行い」の読み方?
  • 「日頃の行い」の英語
  • 「日頃の行い」が悪いと天気も悪くなる?
  • 「日頃の行い」の言葉の使い方
  • 「日頃の行い」を使った言葉・慣用句や熟語・関連
  • 「日頃の行い」を使った例文や短文など
  • 「日頃の行い」の類語や類義表現


「日頃の行い」の意味とは?

「日頃の行い」という言葉を知っているでしょうか。

両親や先生から」「日頃の行いが大切」などと、説教された経験がある人もいるでしょう。

もちろん「日頃の行い」という言葉の意味をまるで知らない人もいるでしょう。

そこで「日頃の行い」という言葉の意味を紹介します。

「日頃の行い」「日頃」には、「ふだん」「いつも」という意味があります。

「行い」には「行動や態度」という意味があります。

そのため「日頃の行い」には、「普段の行動や態度、いつもの行動や態度」などの意味があります。



「日頃の行い」の読み方?

「日頃の行い」はどのように読めばいいでしょうか。

「日頃の行い」「ひごろのおこない」と読みます。

「日頃」「ひごろ」「行い」「おこない」になります。

これを機会に、「日頃の行い」「ひごろのおこない」と読む事を知っておきましょう。

「日頃の行い」の英語

「日頃の行い」を英語にしたいと思った時、どのような英語を選べばいいでしょうか。

「日頃の行い」を英語にすると“one's habitual behaviour”(ワンズハビチュアルビフェイバー)」になります。

“one's habitual behaviour”“habitual behaviour”には「習慣的な行動」という意味があります。

このように「日頃の行い」を英語にする時は、このような英語表現を使ってみましょう。



「日頃の行い」が悪いと天気も悪くなる?

「日頃の行い」が悪いと、雨が降ったり雪が降ったりするという話があります。

例えば楽しみにしていたイベントが雨で中止になった時、「私の日頃の行いが悪いからだ」と思うかもしれません。

特に結婚式当日などの晴れの舞台の日に、雷雨などが降った時は、「日頃の行い」事が原因だと考えてしまうかもしれません。

もちろん一人の行いが天候を左右できるはずもないため、誰かの「日頃の行い」と天候は関係ないはずです。

またインドアの趣味を持つ人は、雨が降っても関係がないため、「日頃の行いが悪いためだ」などと考える事すらないでしょう。

「日頃の行い」の言葉の使い方

「日頃の行い」という言葉をどのように使えばいいでしょうか。

「日頃の行い」には「いつもの行動や態度」という意味があり、後で振り返った時に「かねてからの行動や態度はどうだったか」という意味で使われる事が多いでしょう。

「日頃の行いが○○なので、今○○だ」という図式で、「日頃の行い」という言葉が使われる事が多くなります。

例えば「日頃の行いが悪いから、今、不幸になっている」などという使い方です。

このように、それまでの行動や態度が、結果を左右するという文法で話したい時に、「日頃の行い」という言葉を使ってみましょう。

「日頃の行い」を使った言葉・慣用句や熟語・関連

「日頃の行い」を使った言葉や慣用句を紹介します。

「日頃の行い」という言葉を、使いやすくなる言い回しが登場します。

  • 「日頃の行いが良い人」【ひごろのおこないがよいひと】
  • 「日頃の行いが悪い」【ひごろのおこないがわるい】
  • 「日頃の行いのおかげ」【ひごろのおこないのおかげ】

「日頃の行いが良い人」【ひごろのおこないがよいひと】

「日頃の行いが良い人」という言い回しを使う事があります。

「日頃の行いが良い人には、幸運が訪れる」などと、日々の生活をきちんとさせるための教えとして子供に話す人もいるでしょう。

また「日頃の行いが良い人」は、結果的に幸せになりやすいかもしれません。

「日頃の行いが悪い」【ひごろのおこないがわるい】

「日頃の行いが悪い」という言い方も良く使います。

例えば学校でガラスが割れた時、「日頃の行いが悪い」とガラスを割った犯人だと疑われてしまうかもしれません。

また無実の罪を着せられた時、「日頃の行いが悪いためだ」とさらに説教されてしまう事があるかもしれません。

「日頃の行いのおかげ」【ひごろのおこないのおかげ】

「日頃の行いのおかげ」という言葉があります。

例えば小さな幸運を手に入れた時などに、「日頃の行いのおかげ」などと言って、自分の頑張りを讃える人がいるかもしれません。

例えばコツコツと営業活動をしていた人に、大口の契約が舞い込むのは「日頃の行いのおかげ」と言えるでしょう。

「日頃の行い」を使った例文や短文など

続いて「日頃の行い」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「日頃の行い」という言葉を使った文章を見て、この言葉の使い方のコツを覚えましょう。

  • 「日頃の行い」を使った例文1
  • 「日頃の行い」を使った例文2

「日頃の行い」を使った例文1

「『日ごろの行い』がいい人の身には、不思議とラッキーな出来事が起こる」

この例文のような考えを持っている人は多いかもしれません。

実際にいつもみんなに優しい態度で接している人は、プレゼントなどをもらう機会が多いかもしれません。

そのような意味では、「日頃の行い」「ラッキー」には因果関係があるかもしれません。

「日頃の行い」を使った例文2

「これを機会に、『日頃の行い』を改めよう」

この例文のように何か大きなミスをした時などに、「日頃の行い」を改めようと思うかもしれません。

例えば寝坊をした理由が、お酒の飲み過ぎだった場合は、日頃、どのようなお酒の飲み方をしているのか見直し、適切な酒量を守ろうと決意するかもしれません。

「日頃の行い」の類語や類義表現

「日頃の行い」の類語や類義表現を見て行きましょう。

「日頃の行い」によく似た言葉を知り、語彙を豊富にしましょう。

  • 「平生の心掛け」【へいぜいのこころがけ】
  • 「不断の努力」【ふだんのどりょく】

「平生の心掛け」【へいぜいのこころがけ】

「平生の心掛け」には、「いつもの心掛け」「ふだんの気持ちの持ち方」という意味があります。

「日頃の行い」とほとんど同じ意味を持ち、大切な日に雨が降ったりすると「平生の心掛けが悪いせいだ」などと言います。

「不断の努力」【ふだんのどりょく】

「不断の努力」は、「いつもの努力」「絶え間のない努力」などの意味があります。

この言葉も「日頃の行い」とよく似ています。

みなさんの「不断の努力」が、いつか花を開かせて大きな成果を手に入れられるかもしれません。

icon まとめ

「日頃の行い」という言葉に注目してきました。

みなさんも「日頃の行い」と、現在の状況、または特別な日の天候などを照らし合わせて何かを感じた経験があるかもしれません。

「日頃の行い」と天候の関係は迷信のはずですが、仕事の成果などとは何かしらの因果関係があるかもしれません。