意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「慎重」の意味とは?「慎重」の短所・長所・読み方・英語・対義語・類語【使い方や例文】

「慎重」とは、「注意深くて、軽はずみな行動をしないこと」です。

「慎重」「意味・読み方・英語と解釈・対義語・使い方・例文と解釈・類語や類義表現・慎重の長所と短所」などについて、詳しく説明していきます。

慎重

Meaning-Book
「慎重」の意味とは?「慎重」の短所・長所・読み方・英語・対義語・類語【使い方や例文】>


目次

  • 「慎重」の意味とは?
  • 「慎重」の読み方?
  • 「慎重」の英語(解釈)
  • 「慎重」の対義語
  • 「慎重」の言葉の使い方
  • 「慎重」を使った言葉・慣用句や熟語・関連
  • 「慎重」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「慎重」の類語や類義表現
  • 「慎重」の短所
  • 「慎重」の長所


「慎重」の意味とは?

「慎重」の意味は、「注意深くて軽はずみな行動をしないさま」「色々なリスクに備えていて、控え目で用心深いこと」になります。

「慎重」という言葉は、「慎」の漢字で「言動を慎んでいて控え目なさま・注意深いさま」を意味していて、「重」の漢字で「軽々しい言動をせずに重々しさがあること」を意味しています。

例えば、「慎重な性格によって彼は周囲に評価されています」「慎重すぎると臆病な人に見えてしまいます」などの文章で、「慎重」の意味を示すことができます。



「慎重」の読み方?

「慎重」の読み方は、「しんちょう」になります。

「慎重」の英語(解釈)

慎重 meaning in english

「慎重」の英語とその意味の解釈は、以下のようになります。

  • 「慎重」を使った英語の例文1
  • 「慎重」を使った英語の例文2

「慎重」を使った英語の例文1

“This doctor examined patients warily(discreetly).”

この「慎重」を使った英語の例文は、「この医師は、慎重に患者の様子を診察(検査)しました」になります。

「慎重に」という言葉は、英語の“warily”(警戒して・注意深く)や“discreetly”(慎重に・体良く=ていよく)で表現できます。

「慎重」を使った英語の例文2

“She is a cautious(careful) character for a while.”

この「慎重」を使った英語の例文は、「彼女は以前から慎重な性格です」を意味しています。

「慎重な性格」というのは、英語の“cautious character”(警戒心のある性格)や“careful character”(注意深い性格)で表現できます。



「慎重」の対義語

「慎重」の対義語には、以下のようなものがあります。

  • 「軽率・いい加減」
  • 「安易」

「軽率・いい加減」

「慎重」の対義語として、「軽率(けいそつ)・いい加減」があります。

「軽率」の言葉の意味は、「慎重さに欠けていて、言動が軽はずみなこと」になります。

「いい加減」というのは、「物事をきちんと考えていなくて、適当・大雑把であること」を意味しています。

注意深さがあり軽はずみな行動をしない「慎重」とは反対の意味を持つ対義語として、「軽率・いい加減」が上げられます。

「安易」

「慎重」の対義語として、「安易(あんい)」があります。

「安易」の言葉の意味は、「慎重に考えておらず、いい加減であること」「物事を注意深く考えていなくて、気楽であること」になります。

用心深く考えていて軽率ではないを意味する「慎重」と反対の意味を持つ対義語として、「安易」を指摘することができます。

「慎重」の言葉の使い方

「慎重」の言葉の使い方は、「注意深くて軽はずみな行動をしない状態がある時」「各種リスクに備えて、控え目で用心深い言動をする場合」に使うという使い方になります。

例えば、「慎重にミスがないか、自分の仕事を再確認していました」「慎重な性格が幸いして大きな事故を未然に防ぐことができました」などの文章において、「慎重」の言葉を正しく使用することができるのです。

「慎重」を使った言葉・慣用句や熟語・関連

「慎重」を使った言葉・慣用句や熟語を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「慎重に考える」
  • 「慎重に行動する」
  • 「慎重的」

「慎重に考える」

「慎重に考える」の言葉の意味は、「各種のリスクを前提にして、失敗しないように注意深く考えること」になります。

「慎重に考える」というのは、「(浮き足立って軽々しく考えるのではなく)用心深い態度で物事を考えること」を意味しているのです。

「慎重に行動する」

「慎重に行動する」というのは、「用心深い態度で控え目に行動すること」「各種のリスクを考えて注意深い行動をすること」を意味しています。

例えば、「戦場では慎重に行動しないと、すぐに命を落としてしまう」「重要な場面では、慎重に行動することを心がけなさい」などの文章で使うことができます。

「慎重的」

「慎重的」の言葉の意味は、「注意深く考えていて軽々しい行動をしないさま」「様々な可能性を考えていて用心深い雰囲気があること」ですが、「慎重的」は中国語の表現形態が日本語化されたもので、正しい日本語とは言えない側面があります。

「慎重的に構えていたが、内心ではリラックスしていました」という表現が見られることもありますが、正しい日本語では「慎重に構えていたが、内心ではリラックスしていました」になります。

「慎重」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「慎重」を使った例文や短文などを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「慎重」を使った例文1
  • 「慎重」を使った例文2

「慎重」を使った例文1

「彼女は慎重に難関試験の準備を進めたことで、見事その試験に合格することができました」

この「慎重」を使った例文は、「彼女は(過去問の傾向と対策なども参照しながら)入念に注意深く難関試験の準備を進めたことで、見事その試験に合格することができた」ということを意味しています。

「慎重」を使った例文2

「慎重な性格だとミスが少なくなりますが、慎重すぎると思い切った決断ができなくなります」

この「慎重」を使った例文は、「用心深くて控え目な性格だとミスが少なくなりますが、ミスを避けて注意深くしすぎると思い切った決断ができなくなる」ということを意味しています。

「慎重」の類語や類義表現

「慎重」の類語・類義表現について、分かりやすく解説していきます。

  • 「注意深い・用心深い」
  • 「控え目・慎み深い」

「注意深い・用心深い」

「慎重」の類語・類義表現として、「注意深い・用心深い」があります。

「注意深い」というのは、「何か危険があるのではないかと思って、注意力を高めて様子を見ていること」を意味しています。

「用心深い」というのも、「危険が起こる可能性に備えて、注意深くしていること」を意味します。

注意深くて軽はずみな振る舞いをしない「慎重」の類語として、「注意深い・用心深い」が上げられます。

「控え目・慎み深い」

「慎重」の類語・類義表現として、「控え目・慎み深い」があります。

「控え目」の言葉の意味は、「浮かれて目立つのではなく、全般的に言動を抑えていて慎重であること」です。

「慎み深い」の言葉の意味も、「注意深くて軽はずみな言動をしないこと」になります。

その意味から、用心深くて軽はずみなことをしない「慎重」の類義表現として、「控え目・慎み深い」を指摘できます。

「慎重」の短所

「慎重」の短所は、「物事・人間関係の悪い部分」ばかりに注意が向かいやすく、リスクを回避しようとして優柔不断になってしまったり、不安感・恐怖感が強くなって何も決断できなくなったりすることです。

「慎重」な性格・行動の短所として、「万が一のリスクを考えて用心深く行動するので、思い切った決断ができないこと」「控え目にやりすぎて人生・人間関係に対して過度に臆病になってしまうこと(不安・恐怖で何もできないままになりやすいこと)」が上げられます。

「慎重」の長所

「慎重」の長所として、何かをする場合にリスク(問題点)を調べてから注意深く行動するので、大きなミスをすることがない(大きなトラブルには巻き込まれにくい)ということがあります。

「慎重」な性格・行動の長所として、「軽率な行動をしないので大きな失敗をしにくいこと」「控え目に行動するので対人トラブル・危険な状況に巻き込まれにくいこと」を上げることができます。

icon まとめ

「慎重」という言葉について徹底的に解説しましたが、慎重には「注意深くて、軽はずみな行動をしないこと」などの意味があります。

「慎重」の類語・類義表現としては、「注意深い・用心深い」「控え目・慎み深い」などがあります。

「慎重」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。