意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「待望」の意味とは?「待望」と「念願」の違い・類語・読み方・英語【使い方や例文】

「待望」という言葉は、よく耳にする機会も多いはずです。

普段の会話の中で出てくる言葉なので馴染みある方が多いはずです。

ここでは、「待望」の意味・例文や解釈、英語表現など多方面にてご紹介するので使い方などご参考にしてください。

Meaning-Book
「待望」の意味とは?「待望」と「念願」の違い・類語・読み方・英語【使い方や例文】>


目次

  • 「待望」の意味とは?
  • 「待望」の読み方?
  • 「待望」の英語(解釈)
  • 「待望」と「念願」の違い
  • 「待望」の言葉の使い方
  • 「待望」を使った言葉・慣用句や熟語・関連(意味・解釈)
  • 「待望」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「待望」の類語や類義表現(シソーラス)
  • 「待望」と「期待」の違い


「待望」の意味とは?

「待望」の意味は、物事の現実や出現を待ち望むこと、待ち焦がれることを意味しています。

かなり熱望しながら待っている様子を伝える時によく「待望」と活用するため、意味をここできちんと把握しておきましょう。

そうすると文章表現がスムーズにできるようになります。



「待望」の読み方?

「待望」の読み方は、「たいぼう」となります。

「待望」の英語(解釈)

「待望」の英語解釈は、“hope for”“look forward to”をご紹介します。

  • “We are going to have a baby which we had hoped for.”
  • “Grandma is looking forward to the new baby.”

“We are going to have a baby which we had hoped for.”

私たちに待望の赤ちゃんができましたといった意味です。

赤ちゃんが欲しいといった願いを込めている様子が伝わり、“hope for”を使うことにより、「待望」している様子が伝わります。

”hope for”は、よく熟語として用いるので英文の活用方法を理解しておくと便利ですし、使い方など理解しておきましょう。

“Grandma is looking forward to the new baby.”

おばあちゃんは赤ちゃんの生まれるのを楽しみに待っているといった意味です。

おばあちゃんは、赤ちゃんの生まれるのを待っている様子がわかります。

“looking forward to”はよく用いる熟語なので、「待望している。期待している」といった時に活用する熟語です。

なので、この"looking forward to"を理解しておくと英文作成もスムーズにできるようになるのでスマートな文章を書くことができます。



「待望」と「念願」の違い

「待望」「念願」の違いご紹介します。

「念願」とは、ひたすら望み願うこと。

かねてからの願い・ひたすら思い願うことを意味しています。

「待望」は待ち望むことで、希みのものが現れる事をワクワク待っている様子を表してるので、違いがハッキリとわかるはずです。

「待望」の言葉の使い方

「待望」の言葉の使い方をここで理解しておきましょう。

「待望」という言葉は日常的によく利用する言葉なので、意味を理解し、使い方を自分なりにアレンジするとワンランク上の文章を作成することができます。

これは、かなり魅力的な文章になるはずです。

「待望」を使った言葉・慣用句や熟語・関連(意味・解釈)

「待望」を使った言葉・慣用句や熟語・関連(意味・解釈)ご紹介します。

  • 「待望論」
  • 「待望する」
  • 「待望久しい」

「待望論」

「早くから首相待望論が聞かれた」

早くから首相への期待の声が聞かれていたという意味になります。

新しく首相になった方に対し、期待している様子が伝わります。

「待望論」はビジネス界などで活用する頻度も多いため、意味を理解しておきましょう。

「待望する」

「私達夫婦は、赤ちゃんを待望する」

私達夫婦は、赤ちゃんを待ち望んでいるという意味です。

赤ちゃんを待っている様子がわかります。

夫婦にとって赤ちゃんが欲しいという切実な願いがよく伝わりますし、「待望する」という表現は普段からよく利用するため、理解しておきましょう。

「待望久しい」

「友人との待望久しいお茶会で和みました」

友人とお茶会するのを待ち望んでいたので和みましたという意味です。

友人んとお茶会するのを前々から待ち望んでいる様子が伝わります。

「待望久しい」を使うことで文章がとてもスッキリした表現になります。

「待望」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「待望」を使った例文や短文など(意味を解釈)ご紹介します。

  • 「待望」を使った例文1
  • 「待望」を使った例文2

「待望」を使った例文1

「祖母は赤ちゃんが生まれるのを待望している」

祖母は、赤ちゃんが生まれるので、今か今かと待ち望んでいますという意味です。

祖母は首を長くして赤ちゃんが生まれるのを待っている様子が伝わります。

祖母が赤ちゃんはいつ生まれるかワクワクしながら待っている様子がわかり、こうした場合には「待望」という言葉を用います。

「待望」を使った例文2

「私達に待望の赤ちゃんができました」

私達に以前から熱望していた赤ちゃんができましたという意味です。

以前から赤ちゃんが欲しいとご夫婦間において待ち望んでいた様子が伝わります。

これは、夫婦間においてかなり以前から待ち望んでいた様子が伝わります。

「待望」の類語や類義表現(シソーラス)

「待望」の類語や類義表現(シソーラス)は、「待ち望む」「楽しみに待つ」ご紹介します。

  • 「待ち望む」を使った例文
  • 「楽しみに待つ」を使った例文

「待ち望む」を使った例文

「夫の帰りを首を長くして待ち望む」

夫の帰りを首を長くして待っているという意味です。

夫は出張へ行っているか、なかなか自宅へ帰宅していない様子がわかります。

首を長くして待っている様子を読み取ることができます。

夫が自宅へ帰宅することを「待望」しているのがよく分かる例文です。

「楽しみに待つ」を使った例文

「息子が修学旅行から無事に帰り着くのを楽しみに待つ」

息子が修学旅行から無事に帰り着くのを楽しみに待っているという意味です。

親御さん方が、修学旅行へ行っている息子さんの帰宅を楽しみに待っている様子を読み取ることができます。

早く帰宅しないかなと親御さん方が「待望」している様子がわかる例文になっています。

「待望」と「期待」の違い

「待望」「期待」の違いをご紹介します。

「期待」は、自分自身において過去の経験および現在の状況に基づいて判断し、現れることを待ち、実現するだろうと望みをかけて待ち受けることを意味します。

「待望」は、まだ自身において経験したことがないことをワクワクしながら待ち望むこ意味があります。

これより「待望」「期待」に違いがあるのが理解できるでしょう。

icon まとめ

「待望」という言葉は、よく耳にする機会も多いため意味を理解しておきましょう。

意味を理解した上で文章作成すると、端的にスマートな文章を作成することができるので、仕上がり感も満足できるような内容になります。

やはり相手を惹きつけるような文章になるため、「待望」を用いて自分なりに文章を作成することでワンランク上に仕上がります。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。