意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「都度」の意味とは?「都度」と「適宜」「度々」の違い・読み方・英語【使い方や例文】

「都度」とは、「毎回。物事が行われる度(たび)ごとに」です。

「都度」「意味・読み方・英語と解釈・使い方・都度を使った言葉・例文と解釈・都度と適宜や度々との違い・類語や類義表現」などについて、詳しく説明していきます。

都度

Meaning-Book
「都度」の意味とは?「都度」と「適宜」「度々」の違い・読み方・英語【使い方や例文】>


目次

  • 「都度」の意味とは?
  • 「都度」の読み方
  • 「都度」の英語(解釈)
  • 「都度」の言葉の使い方
  • 「都度」を使った言葉や熟語・意味を解釈
  • 「都度」を使った例文や短文・意味を解釈
  • 「都度」と「適宜」の違い
  • 「都度」と「度々」の違い


「都度」の意味とは?

「都度」の意味は、「毎回・毎度」「その物事が行われる度(たび)ごとにいつも」になります。

「都度」という言葉は、「何かがある度には毎回それが行われる」「何かをする時にはいつもそれが行われる」というニュアンスを伴っている言葉なのです。

例えば、「私はダイエットをする都度、お米・パンの炭水化物の摂取量を減らしています」「会社で会議を行う都度、各部署の責任者から現場の生きた意見を届けてもらっています」などの文章において、「都度」という言葉の意味を示すことができます。



「都度」の読み方

「都度」の読み方は、「つど」になります。

「都度」の英語(解釈)

都度 meaning in english

「都度」の英語とその意味の解釈は、以下のようになります。

“each time、every time”(「いつも・その度に・毎回」から、「都度」を意味しています。)

“Every time he come to here, something good happens. ”(彼がここにやって来る都度、何か良い事が起こっているのです。)

“I will tell you, each time I come back to hometown. ”(故郷に帰る都度、あなたに連絡します。)

“whenever”(〜する時はいつでも」から、「都度」を意味しています。)

“Whenever you need it, I will bring it to yours. ”(あなたにそれが必要な都度(必要な時はいつでも)、私があなたの所に持っていきます。)

“Whenever this couple meet, they quarrel. ”(このカップルは会う都度、口喧嘩をします。)

“as often as〜”(「〜する度に、〜するごとに」から、「都度」を意味しています。)

“He improved job skill as often as he practiced. ”(彼は練習する都度、仕事のスキルが上達していきました。)



「都度」の言葉の使い方

「都度」の言葉の使い方は、「何かの物事がある度に、毎回それが行われる時」「何かをする時に、それに伴って別の行為がいつも行われる場合」に使うという使い方になります。

「都度」という言葉は、感覚的に「毎回・毎度という意味」で使用することができる言葉になっています。

「何かをする時には毎回・毎度(いつも)のように〜をする」という意味合いで、「都度」という言葉を使います。

例えば、「戦争をする都度、国家財政はどんどん悪化していきました」「言い争いをする都度、相手に対する嫌悪と憎しみが強まっています」などの文章において、「都度」という言葉を正しく使うことができるのです。

「都度」を使った言葉や熟語・意味を解釈

「都度」を使った言葉や熟語を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「都度行う」
  • 「都度パパ」

「都度行う」

「都度行う(つどおこなう)」という言葉の意味は、「何かが起こる時には、毎回行う」あるいは「何かをする時には、毎回行う」という意味になります。

24時間態勢で常にその物事を行っているわけではないのですが、「何かの物事の発生・何かの行為の実行などの条件」が満たされれば、その度に毎回その物事を行うということを意味しています。

あるいは、「ずっとではないが定期的に行う」の意味もあります。

例えば、「教室の掃除は、放課後に時間の余裕がある都度行ってください」「経理で処理したお金のチェックは、都度行います」といった文章で使うことができます。

「都度パパ」

「都度パパ(つどパパ)」というのは、女性と会う度ごとに、お金を支払ってくれるパパ(パトロン的役割を果たす主に中高年の男性)のことです。

「都度パパ」の対義語として、「月極パパ(つきぎめパパ)」があります。

「月極パパ」というのは「1ヶ月○万円」といったまとまった金額を決めて払ってくれるパパのことで、その月に会う大まかな回数はあっても、その回数が少なくても貰える金額は変わりません。

それとは反対に、「都度パパ」というのは「1回1〜3万円」などの金額で、実際に会う度にお小遣いのお金をくれるパパ(血縁上のパパでは当然なく金銭援助してくれるパパ)のことなのです。

「都度」を使った例文や短文・意味を解釈

「都度」を使った例文や短文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 例文1
  • 例文2
  • 例文3

例文1

「車検の都度、念のためにタイヤ交換をするようにしています」

この「都度」を使った例文は、「車の車検を受ける度に毎回、念のためにタイヤ交換をするようにしている」ということを意味しています。

例文2

「会社の定期健康診断の都度、何か異常な数値が出るのではないかと不安な思いをしています」

この「都度」を使った例文は、「法律に基づき、会社で受けさせられる定期健康診断の時にはいつも、何か異常な数値が出るのではないかと不安な思いをしていること」を意味しています。

例文3

「その都度、依頼している仕事の結果をこちらに詳しく報告するようにして下さい」

この「都度」を使った例文は、「その度ごとに(定期的に・仕事の結果が出る度に)、依頼している仕事の結果をこちらに詳しく報告するようにして下さい」という指示内容を意味しています。

「都度」と「適宜」の違い

「都度」「適宜(てきぎ)」の違いは、「都度」「物事が行われる度ごとに」の意味ですが、「適宜」「状況に合わせて適切に・自分で適切に判断して」という意味になる違いがあります。

「都度」という言葉には「自己裁量・自己判断」は含まれず、「何かの物事がある度にいつも」というニュアンスになりますが、「適宜」には「自己裁量・自己判断」によって適切に行動するという意味の違いがあります。

「都度」と「度々」の違い

「都度」「度々(たびたび)」の違いは、「都度」「何かがある度ごとに毎回」を意味していますが、「度々」の方は「何度も繰り返しおこなわれているさま・頻繁に行われていること」を意味しているという違いがあります。

「都度」には「過去に何度も同じ物事が繰り返し行われている」というニュアンスはありませんが、「度々」には「過去に何度もしばしば繰り返し行われている」というニュアンスがあるという違いがあるのです。

icon まとめ

「都度」という言葉について徹底的に解説しましたが、都度には「毎回。

物事が行われる度(たび)ごとに」
などの意味があります。

「都度」と似た意味を持つ「適宜(てきぎ)」「度々(たびたび)」との意味の違いについても、分かりやすく解説しています。

「都度」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。