意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「段取り」の意味とは?・読み方・類語・英語【使い方や例文】

「段取り」という言葉はよく耳にすることもお多いはずです。

いまいちよく意味を理解せず「段取り」を使っていたという方もいますし、ここでしっかりと意味や使い方などご紹介するので、参考にしてください。

Meaning-Book
「段取り」の意味とは?・読み方・類語・英語【使い方や例文】>


目次

  • 「段取り」の意味とは?
  • 「段取り」の読み方
  • 「段取り」の英語(解釈)
  • 「段取り」の語源や由来
  • 「段取り」の言葉の使い方
  • 「段取り」を使った言葉と意味を解釈
  • 「段取り」を使った例文や短文・意味を解釈
  • 「段取り」の類語や類義の表現


「段取り」の意味とは?

「段取り」の意味は、ある事がうまく運ぶため・進むために前もって手順など計画を綿密に立てておくことを意味しています。

他には、芝居などでの筋の展開や組み立ての仕方なども「段取り」として表現するので、ここでしっかりと意味を理解しておくことは重要になります。

上手に「段取り」を活用することで、自然な流れで文章が作成できますし、良い感じで相手にも受け入れることができるので、「段取り」という言葉はビジネスの場面においても活用するケースが多いです。



「段取り」の読み方

「段取り」の読み方は「だんどり」です。

「段取り」の英語(解釈)

「段取り」の英語表現は、“arrangement”です。

英語はよく熟語として用いることが多いので、「段取り」を用いた熟語を覚えておくと英文作成の際には、かなり役立つ場、縁も多いです。

“make arrangements”「段取りをつける」といった熟語として覚えておくと便利です。

単語として覚えておくより、“arrangements”“make”をつけることで、「段取りをつける」といった表現になるので、こちらの方が文章には用いるため、熟語として英文作成時には理解しておきましょう。

“The arrangements he made didn't work well. ”

「彼は段取りが悪かった」といった意味になります。

これは、彼の手際の悪さなども想像できますし、「段取り」をよくする事でスマートな行動になり、人からも好かれるようになるため、やはりその辺を意識することは重要だと読み取ることができます。



「段取り」の語源や由来

「段取り」の語源や由来は、うまくことが運ぶような手順などを意味していますが、これは歌舞伎の楽屋用語からきていると言われています。

「段」は話の一区切りや一幕のことを示し、芝居の構成や筋などの運びを「段取り」と言います。

「段取り」という言葉を何気に使っていたとしてら、やはり由来があるので、そこをきちんと理解しておくことで上手に文章作成をすることがでいます。

かなり充実した文章になるので、語源の由来を理解した上で「段取り」を活用するようにしましょう。

「段取り」の言葉の使い方

「段取り」の言葉の使い方ですが、よく手際がよいことなど「段取りがよい」とも言いますし、日常的に用いる言葉でビジネスにおいても使う頻度も高く、また日常生活においても「段取り」といった言葉はよく使用するので、様々な使い方を理解しておくと良いでしょう。

使い方や意味を理解しておくことで、ボキャブラリーが増えるので、文章もよりアップすることができます。

「段取り」を使った言葉と意味を解釈

「段取り」を使った言葉と意味を解釈するので参考にしてください。

  • 「段取りを踏む」
  • 「段取りを進める」

「段取りを踏む」

段取りを踏むことで、失敗なく公演は成功することができます。

何度も綿密な打ち合わせなど、手順を踏んでいく事で、失敗なく公演は成功することができたといった意味になっています。

「段取り」を何度もチェックしながら、綿密に打ち合わせを行うことで、失敗なく物事が進んでいく様子がわかるので、とても素敵な公演が開催される様子がわかります。

「段取りを進める」

結婚式の段取りを進めることで、生活にも余裕がでます。

結婚式の手順など着々と進めることで、生活にも慌てることがなく余裕が出てくる様子が伝わります。

やはり焦って結婚式を進めるよりも、早い時期から「段取り」を進めることで、慌てずに済みますし、かなりスムーズな流れで結婚式も盛り上がることができるなど、快適な時間を過ごせるようになります。

「段取り」を使った例文や短文・意味を解釈

「段取り」を使った例文や短文・意味の解釈をご紹介するので、参考にしてください。

  • 「段取り」の例文1
  • 「段取り」の例文2

「段取り」の例文1

段取りすることで、かなり旅行計画がスムーズにできた。

手順など色々と進めることで、旅行計画がスムーズに進める事が出来た様子が伝わります。

やはり「段取り」よくすることは何より大切なので、その部分が理解できるような文章になっています。

計画的に旅行プランを立てることができるので、時間にも余裕がでますし、なかなか満足できるようになります。

「段取り」の例文2

結婚式の段取りを早めに進めることで、時間に余裕ができた。

結婚式の手順などを早めに進めた事で、かなり時間に余裕ができている様子を読み取ることができます。

「段取り」は、手順や結婚式までの準備など、様々なことがあるので早いうちに色々と準備しておくと、時間に余裕をもって取り組むことができます。

こうした上手にプランを立てることは何より重要になるポイントです。

「段取り」の類語や類義の表現

「段取り」の類語や類義の表現について、「手順」「順序」ご紹介するので参考にしてください。

  • 「手順」
  • 「順序」

「手順」

受験日の過ごし方の手順を早めに決めた事で無事に済みました。

受験日の過ごし方は、早めに「段取り」を決めたことで、無事に過ごすこと・終えることができたことを意味しています。

手順を「段取り」として言い換えることもできますし、類語である事がわかります。

受験日の過ごし方を早めに決めることで時間に余裕ができたような印象を受けることができます。

「順序」

順序よく食材をカットしてから料理すると、かなり時短になるので楽しい。

手際・「段取り」よく食材をカットしておくことで、料理がかなりスムーズにでき、そして時短にもなることがイメージできます。

やはり時短料理をするためには、なるべく短時間で上手に料理をする事が大事なので、順序を決めておくことも大切です。

「段取り」として「順序」を言い換えることができます。

icon まとめ

「段取り」といった言葉は、普段からよく使うので意味や使い方・類語や英語表現など理解しておくと、幅広く活用することができるので語彙力もアップすることができ、魅力的な文章を作成することができるようになります。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。