意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「祝杯」とは?意味・類語【使い方や例文】

「祝杯」という言葉の意味や類語を紹介します。

さらに「祝杯」の使い方や、「祝杯」を使った例文を紹介します。

祝杯

Meaning-Book
「祝杯」とは?意味・類語【使い方や例文】>


目次

  • 「祝杯」の意味とは?
  • 「祝杯」の意味
  • 「祝杯」の類語や類義表現
  • 「祝杯」の使い方
  • 「祝杯」を使った例文


「祝杯」の意味とは?

「祝杯」という言葉を聞いた事があるでしょうか。

「祝杯」「しゅくはい」と読みますので、これを機会に覚えておきましょう。

社会人生活が長い人なら、同じ会社の人と、すでに「祝杯」をあげた事があるかもしれません。

また「祝杯」という言葉を身近に感じているかもしれません。

一方でまだ学生の人たちは、「祝杯」という言葉に縁遠いはずです。

今回初めて「祝杯」という言葉を見たという人も少なくないでしょう。

そこで「祝杯」という言葉の意味や使い方を紹介します。

会社に入ると密接な関係を持つかもしれない、「祝杯」について知っておきましょう。



「祝杯」の意味

「祝杯」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「祝杯」「祝う杯」という言葉でできており、この場合の「杯」「お酒を入れる器」という意味があります そのため「祝杯」には、「お祝いの席でお酒を飲むための器」という意味があります。

例えば乾杯する時に、ビールジョッキを掲げた時、ビールジョッキが「祝杯」になります。

お猪口でもワイングラスでも「祝杯」に変わりありません。

また「祝杯」という言葉が、お祝いの席でお酒を飲む行為そのものを意味する事もあります。

「祝杯で酔う」などというフレーズの場合は、お祝いの席でお酒を飲んで酔ったという意味があります。

このように「祝杯」には、お祝いの席で飲むお酒の入れ物や、お酒を飲む行為という意味があります。

「祝杯」の類語や類義表現

「祝杯」という言葉の類語や、類義表現を紹介します。

「祝杯」に似た意味の言葉を知ると、ボキャブラリーが増えてコミュニケーション能力がアップするかもしれません。

  • 「美酒」
  • 「祝い酒」
  • 「乾杯」

「美酒」

「美酒」「びしゅ」と読み、「味の良いお酒」という意味があります。

純米吟醸などの本当に美味しいお酒の事を「美酒」と言う事もありますが、お祝いの席などで飲む美味しく感じるお酒の事も「美酒」と言う事があります。

「勝利の美酒に酔う」という言葉は、「美酒」という言葉を使う時の定型句のような言い回しで、「祝杯をあげる」とよく似ている言葉です。

「祝い酒」

「祝い酒」「祝杯」とよく似ている言葉です。

「祝い酒」には、「お祝いの席で飲むお酒」という意味があり、「祝杯」と言い換える事ができます。

例えば、草野球の試合に勝利して、その後ファミレスで宴会をする時などに飲むお酒が「祝い酒」となります。

「乾杯」

「乾杯」は、お酒を飲む人なら誰でもした事がある行為だと思います。

またお酒を飲まない人でも、ウーロン茶や水などをかかげて、「乾杯」した事があるでしょう。

「乾杯」には、「祝福の気持をこめて、杯を差し上げる」という意味があります。

「乾杯」をする席は、お祝いの席や楽しい席が多いため、「祝杯」に近い意味を持ちます。

「祝杯」よりも一般的に知られている言葉ですので、「祝杯」という言葉が通じない場面で、「乾杯」に言い換えてみてはいかがでしょうか。



「祝杯」の使い方

「祝杯」という言葉をどのような場面で使えばいいでしょうか。

「祝杯」は、「お祝いの席でお酒を飲む場面」に限定して使われる言葉です。

そこで、そのような場面に遭遇した時や、そのような場面を作りたい時に「祝杯」という言葉を使ってみましょう。

例えば職場で、ボーナスが出た直後の飲み会に参加した時は、「乾杯」「祝杯」になります。

また、自分が応援しているプロ野球チームが勝利した事を知り、夫婦でビールを酌み交わすような場面でも「祝杯」という言葉を使う事ができます。

さらに良い事があった日に、友達を誘って「祝杯をあげよう」などとお酒の席に誘う事もできます。

「祝杯」をあげるような飲み会は楽しいので、「祝杯をあげよう」と言って飲み会に誘うと参加してくれる率が高くなりそうです。

「祝杯」を使った例文

「祝杯」という言葉を使った例文を紹介します。

様々な場面における「祝杯」を使った文章を見て、この言葉の使い方のコツを覚えて行きましょう。

  • 例文1
  • 例文2
  • 例文3

例文1

「会社の業績が大幅に上昇したので、祝勝会を開いて『祝杯』をあげた」

この例文は「祝杯」という言葉を使う場面を表現した、典型的な文章です。

会社の業績が上がった時、部署の成績が良かった時などに、会社員は「祝杯」をあげて喜びます。

その事が日頃のストレスを吹き飛ばし、明日以降の仕事へのやる気を生むためです。

仕事の業績が良く、会社が費用を出して行われる飲み会は、参加している社員にとって楽しい席になるでしょう。

例文2

「告白に成功し、親友と『祝杯』をあげて喜んだ」

この例文のように、恋愛の場面でも「祝杯」をあげる事があります。

告白に成功した後、親友に電話を掛けて、居酒屋などに集合して、告白の一部始終を話し、喜びを分かち合ったはずです。

もちろん「乾杯」「祝杯」になりますので、楽しい飲み会の席になったでしょう。

一方で告白されてOKした側も、友達を呼んでその日の出来事を話し、お酒が好きな人たちなら「祝杯」をあげたかもしれません。

例文3

「良い仕事ができた日の帰り道、ラーメン屋でビールを注文し、一人で『祝杯』をあげた」

この例文に登場する人のように、一人でささやかな「祝杯」をあげる事もあります。

よく「自分に対するご褒美」という言葉がありますが、この人にとってのラーメン屋でのビールは「祝杯」と呼ぶのにふさわしい美味しいお酒だったのではないでしょうか。

小さな成功を感じて積み上げて行くと、自信がつきますし、幸せを感じやすいでしょう。

ささやかでもいいので、「祝杯」をあげる習慣をつけると、人生が輝いて見えるようになるかもしれません。

もちろん、飲み過ぎには注意が必要で、「酒は飲んでも飲まれるな」の精神は忘れてはいけません。

icon まとめ

「祝杯」という言葉の、意味や使い方を見てきました。

お祝いの席でお酒を飲む事や、お酒を注ぐグラスそのものを「祝杯」と呼びます。

「祝杯」のように、良い事が起こった後で飲むお酒は楽しいものです。

飲み過ぎに注意して、楽しい席で、美味しいお酒を飲めるように頑張って行きましょう。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。