意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「正味」とは?意味・類語・英語【使い方や例文】

「正味」とは、「余分なものを取り除いた物の本当の中身・分量」「実質的な物の数量・原価の価値」のことです。

「正味」「意味・読み方・英語と解釈・使い方・例文と解釈・類語や類義表現」などについて、詳しく説明していきます。

正味

Meaning-Book
「正味」とは?意味・類語・英語【使い方や例文】>


目次

  • 「正味」の意味とは?
  • 「正味」の読み方
  • 「正味」の英語(解釈)
  • 「正味」の使い方
  • 「正味」を使った例文・短文(解釈)
  • 「正味」の類語や類義の表現


「正味」の意味とは?

「正味」の意味は、「余分なものを取り除いた物の本当の中身・分量」「実質的な物の数量・内容量」などになります。

更に「正味」とは、「外装などの風袋(ふうたい)の重さを差し引いた実際の中身の重さ」「実際に意味がある役に立つ部分」などを意味しています。

「正味」というのは、内容物・中味の実際のところ(重たさ・価値・数量など)について表現する時に用いられる言葉なのです。

「正味」のそれ以外の意味として、「掛け値なしの本当の値段・原価」「本物・現物・正物」などの意味もあります。

「実質的な数量・分量・価格」などを意味する「正味」は、英語表現で「ネット(net)」と呼ばれることも多くなっています。

外装などを除いた商品だけの重さ・重量の意味で「正味」を用いる時には、「正味2キログラム」などの言い方で表現することになります。



「正味」の読み方

「正味」の読み方は、「しょうみ」になります。

「正味」の英語(解釈)

正味 meaning in english

「正味」の英語とその意味の解釈は、以下のようになります。

“net”(「正味」のもっとも一般的な英語表現は「ネット(net)」になります。)

“the net weight、the net quantity”(正味の重量。正味の分量) “clear”(「邪魔なものがない・純粋な」の意味から、「正味」を意味しています。)

“a clear profit”(正味利益)

“Clear two weeks have passed. ”(正味2週間が過ぎました。)

“He worked for ten clear hours. ”(彼は正味10時間働きました。)

“The net price(amount) is 10,000yen. ”(正味価格(正味金額)は、1万円です。)



「正味」の使い方

「正味」の使い方は、「余分な部分を取り除いた物の本当の中身・分量」「実質的な物の数量・内容量」などについて言及する場合に使うということになります。

あるいは、「外装などの風袋の重さを差し引いた真実の中身・内容物の重さ」について表示する時に、「正味」を用いて「正味850グラムの重さ」といった文章で表示することができます。

「正味」という言葉は、「実質的な数量」「実際に意味のある役に立つ部分」について表現する時に使うことができます。

例えば、「昨夜は正味3時間しか寝ていません」「このバッテリーは正味12時間は稼働し続けることができます」などの文章において、「正味」の言葉を正しく使用することができます。

「正味」を使った例文・短文(解釈)

「正味」を使った例文・短文を紹介して、その意味を分かりやすく解釈していきます。

  • 例文1
  • 例文2
  • 例文3

例文1

料理のレシピで正味の重さと記載されている場合には、パックやトレイの重量を差し引いてから計量しましょう。

この「正味」を使った例文は、「料理のレシピに記載されている食材の重量の多くが正味の重さであること」「正味の重さを計量する時にはパック・トレイの重量を差し引かなければならないこと」を意味しています。

例文2

装飾品やパッケージ、広告宣伝費を取り除いたその商品の正味の価値・価格というのは、そんなに高いものではないはずです。

この「正味」を使った例文は、「装飾品・パッケージ・広告宣伝費などの余分なコストを除いたその商品の実質的な原価は、かなり安いということ」を意味しています。

「正味」という言葉には、「実質的な価値」「原価(掛け値なしの真実の値段)」といった意味合いがあり、「正味の価格(値段)が安い・高い」という時には原価のことを示唆しているのです。

例文3

昨夜は隣の部屋がうるさくて、正味4時間しか眠ることができなかったので、今日は昼間から激しい睡魔に襲われる羽目になりました。

この「正味」を使った例文は、「昨夜は隣の部屋がうるさくて、実質的に4時間しか睡眠時間を取れなかったこと」を意味しています。

正味4時間しか眠ることができないような睡眠不足があれば、翌日は昼間からあくびが出やすくなり、強い眠気に襲われやすくなります。

「正味」の類語や類義の表現

「正味」の類語や類義の表現には、どのようなものがあるのでしょうか?「正味」の類語・類義表現について、分かりやすく解説していきます。

  • 「中身(中味)・実際の分量」
  • 「内容・本物・現物」
  • 「原価・本当の価格」

「中身(中味)・実際の分量」

「正味」の類語・類義表現として、「中身(中味)・実際の分量」があります。

「中身(中味)」とは、「物事の本当の内容・物事の実質」「中に入っているもの・中に入れてあるもの」のことを意味しています。

「実際の分量」というのは、「中身(中味)・内容物の本当の重たさ・数量」を意味しています。

それらの意味から、実質的な重さ・数量を意味する「正味」の類語として、「中身(中味)・実際の分量」を上げることができます。

「内容・本物・現物」

「正味」の類語・類義表現として、「内容・本物・現物」があります。

「内容」とは「中(内部)に入っているもの」のことを意味しています。

「本物(正物)」の言葉の意味は、「偽物ではなく実質的な意味・価値のある物」になります。

「現物」とは「実質的なその物」「今、実際に持っている物」などを意味しています。

余分なものを取り除いた物の実質的な数量・重量などを意味する「正味」の類義表現として、「内容・本物・現物」を上げられます。

「原価・本当の価格」

「正味」の類語・類義表現として、「原価・本当の価格」があります。

「正味」という言葉の意味として、「余分な各種コストを差し引いた原価・仕入れ代金」などがあります。

「正味」の言葉には、「偽物ではない本当の価格・真実の価格」という意味合いもあります。

それらの意味から、「掛け値なしの本当の値段・利益度外視の原価」を意味する「正味」の類義表現として、「原価・本当の価格」を指摘することができるのです。

icon まとめ

「正味」という言葉について徹底的に解説しましたが、正味には「余分なものを取り除いた物の本当の中身・分量」「実質的な物の数量・内容量」「掛け値なしの真実の値段・原価」などの意味があります。

正味の類語・類義表現としては、「中身(中味)・実際の分量」「内容・本物・現物」「原価・本当の価格」などがあります。

「正味」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。