意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「成長」の意味・類語【使い方や例文】

人が一番まぶしく感じる時は、その人が大きく成長した時ではないでしょうか? 幼い子供が自分の意思で立ち上がり歩き始めて、言葉が遣うようになった時の姿は感動的でしょう。

そして、学校を卒業して社会に出てから、さらに多くの経験を積んでいくことによって、またさらに大きくなっていきます。

肉体的にも精神的にも強くなっていく様は、とても素晴らしくこれからの将来にエールを送りたくなるかもしれません。

今回は、この「成長」という言葉について見ていくことにします。

成長

Meaning-Book
「成長」の意味・類語【使い方や例文】>


目次

  • 「成長」の意味とは?
  • 「成長」の対義語
  • 「成長」の言葉の使い方
  • 「成長」を使った例文・短文(解釈)
  • 「成長」の英語と解釈
  • 「成長」の類語や類義語


「成長」の意味とは?

「成長」とは、「育って成熟すること」という意味を持つ言葉です。

「子供の成長が楽しみ」「後輩が大きく成長した」というように身近な生活からビジネスの場面までに色々な場面で使うことがある日常的な言葉の1つです。

  • 「成長」の読み

「成長」の読み

「成長」は、「せいちょう」という読み方になります。



「成長」の対義語

「成長」には、「育ち大きくなること」というような意味がありますが、この言葉と反対の意味を持つ対義語てしては、どのようなものがあるでしょうか?

  • 「老化」
  • 「退化」

「老化」

「成長」と反対の意味を持つ言葉の1つとしてあるのが、「老化」です。

「老化」とは、「年をとるにつれて機能が衰えること」「ゴム・膠質溶液などが、時間の経過とともに本来の性質を失う現象のこと」などの意味があります。

「年齢的な衰え」を意味する「老化」の場合、「老化現象を防ぐ」なとの使い方があり、「物質など性質の劣化的な現象」の場合では、「金属の老化がとても激しい」というような使われ方をします。

「退化」

「退化」「成長」の対義語として挙げることができる言葉です。

「進歩が止まって、以前の状態に戻るもこと」で、「後戻り」のことです。

「文明の退化」というような文を見ることがありますが、このような表現の他に「この生物は長い時間をかけて退化した」というような使い方をできます。

この場合の解釈としては、「生物体のある器官・組織が発生や進化の過程で、形が単純になったり、小さくなったり、機能が減退したりすること」ということを指しています。

「成長」の言葉の使い方

「成長」という言葉を使う場面は、色々とありますが、人が育つケースだけでなく、他にも文化や慣習などや社会、団体を対象に使う場面があります。



「成長」を使った例文・短文(解釈)

では、ここで「成長」を使っている例文を見ていきますが、どのような場合に使えるのか理解を深めていってください。

  • 「成長」の例文1
  • 「成長」の例文2
  • 「成長」の例文3

「成長」の例文1

「現状維持は衰退することであり、人は常に向上心を持って成長しなければ、何事も上手くいきません」

このように一常に「成長」するために向上心を持ち続けることが大切です。

自らの成長する「自己成長」なのですが、 これは自ら頑張って成長することであり、 社会人になると、この姿勢を貫くことがとても大切にことになってきます。

「成長」の例文2

「成長したい、向上したいという気持ちはとても良いことなのですが、自分で言葉にして言っている人は、本当の成長は見込めない」

このように常に言葉に出して自分に言い聞かせることは、決して悪いことではありません。

言葉の響きがいいですし、成長することに対して、積極的な気持ちになるかもしれないからです。

しかし、自分自身を励ます言葉であればいいのですが、周りの人達にこのような言葉を言っている人は、その多くが、単なる掛け声だけてあり、中身があまりなくて自己成長とは程遠い人が多いからです。

「成長」の例文3

「実質成長率と名目成長率の差は物価上昇を意味する」

このように「成長」という言葉は、人の成長だけではなく、経済など社会的な動きの中でも見ることができる言葉です。

「名目成長率」とは、国内総生産(GDP)の変化を示す成長率のうち物価変動の影響を含む指標で、それを除いたものが「実質成長率」です。

インフレ率が高くなっていくと、名目成長率も高くなっていく性質があります。

「成長」の英語と解釈

成長 meaning in english

「成長」を英語で言うと、“growth”となります。

これが、動詞形の「成長する」では、“grow (up)”という形で使われます。

「成長」の類語や類義語

身近な場面で使われる「成長」には、他の近い意味を持つ類義語がいくつかあります。

  • 「発展」
  • 「進歩」
  • 「円熟」

「発展」

「発展」とは、「勢いや力が伸びて広がること」「盛んになること」「次にいっそう高く盛んな段階に移っていくこと」というような意味がある言葉で、「成長」の類義語の1つです。

「国際都市として、バンコクは大いに発展している」というような使い方があります。

「進歩」

「進歩」「成長」の類義語になりますが、「次第によい方、望ましい方へ進み変わって行くこと」という意味になります。

「インターネットが普及してからは、IT分野の進歩が著しい」「現代の先端技術の進歩は日進月歩だ」というように、この言葉も「成長」と同じく頻繁に会話の中で出てくる言葉です。

「進歩」することは、「成長」も同じように、人の進歩だけでなく企業や物事の進み方も表すことが多い言葉なのですが、特定の人の成長を指しているだけでなく、「人類の進歩」というようにかなり広い対象範囲で使われるようなイメージがあります。

「円熟」

「円熟」とは「十分に熟達して、豊かな中身をもつに至ること」という意味のある言葉で、「年を重ねることで円熟した魅力で勝負する女優」というように女性を彷彿させる言葉のように感じるのですが、これもまた類義語として挙げることができるでしょう。

年を取るだけでなく、それに合わせて経験値も高くなっていくことで、生き方、考え方に安定感が増していく漢字です。

icon まとめ

「成長」という言葉がどのような場面でも出てくる言葉ですが、それほどまでに「成長」が当てはまる事象が身近なところに数多くあるということでしょう。

しかし、私達は忙しい環境の中で、働いていたり、生活を送っていると、ふと自分が成長できているなか見えなくなることがないでしょうか? 常に前向きな気持ちで自分自身が成長することと、後輩や子供達の成長を手助けすることも人としての役目だと思います。

そのような気持ちを忘れないように心がけたいものです。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。