意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「後悔」とは?意味・読み方・類語・英語【使い方や例文】

「後悔」とは、「自分が過去にした行為について、後になって悔やんだり自責したりすること」です。

「後悔」「意味・読み方・英語と解釈・使い方・例文と解釈・類語や類義表現」などについて、詳しく説明していきます。

Meaning-Book
「後悔」とは?意味・読み方・類語・英語【使い方や例文】>


目次

  • 「後悔」の意味とは?
  • 「後悔」の読み方
  • 「後悔」の英語(解釈)
  • 「後悔」の言葉の使い方
  • 「後悔」を使った例文・短文(解釈)
  • 「後悔」の類語や類義の表現


「後悔」の意味とは?

「後悔」の意味は、「自分が過去にした行為について、後になって悔やんだり自責したりすること」「自分がすでにしてしまった事柄について、後になって失敗したとか違う行動を選択していれば良かったとか思って悔やむこと」になります。

「後悔」というのは、その文字通り、「後になって悔やむこと」を意味しているのです。

「後悔」とは、「後になって失敗したと感じること」「後になってもっと違うようにすれば良かったと思うこと」に対して、悔やんだり自分を責めたりすることなのです。

例えば、「過去に友人をいじめたことを後悔しても、友情はもう取り戻せない」「後悔しなくて良いような人生を一生懸命に生きていきたい」などの文章において、「後悔」という言葉を用いることができます。



「後悔」の読み方

「後悔」の読み方は、「こうかい」になります。

「後悔」の英語(解釈)

「後悔」の英語とその意味の解釈は、以下のようになります。

“regret”(一般的な「後悔・後悔する」を表す英単語になります。)

“I deeply regret that I don't study. ”(私は勉強しなかったことを深く後悔しています。)

“sorry”(「〜に対して悪く思う・謝る」の意味から、「後悔」を意味しています。)

“You'll be sorry. ”(あなたは後悔するでしょう。)

“remorse”(「過ちに対する自責・良心の呵責」から、「後悔」を意味しています。)

“She feel remorse for her past. ”(彼女は自分の過去を後悔している。)

“repent、repentance”(「罪・非行・過ち」などに対する「後悔・後悔する」を意味しています。)

「後悔先に立たず」のことわざは、以下の英文で表現することができます。

“It's too late to be sorry. ”(後悔するには遅すぎる。)

“There's no use crying over spilled milk. ”(こぼれたミルクのことで泣き喚いても意味がない。)



「後悔」の言葉の使い方

「後悔」の言葉の使い方は、「後になって失敗したと感じることがある時」「後になってもっと違う選択をすれば良かったと思うことがある時」に使うということになります。

過去に自分が選択した行為や実行したことについて、「失敗の感覚+罪悪感+やり残した感じがある場合」に、「後悔」という言葉を使用することができるのです。

例えば、「受験勉強を全力でしなくて志望大学に落ちたことを今でも後悔している(失敗の感覚)」「過去に人を傷つけてしまったことをずっと後悔している(罪悪感)」「自分の人生を真剣に歩んでこなかったために、後悔の多い晩年を過ごすことになった(やり残しの感覚)」などの文章において、「後悔」の言葉を正しく使うことができます。

「後悔」を使った例文・短文(解釈)

「後悔」を使った例文・短文を紹介して、その意味を分かりやすく解釈していきます。

  • 例文1
  • 例文2
  • 例文3

例文1

「人生の後半になって後悔したくなければ、今やるべき勉強や仕事、資格取得に全力で打ち込んだ方が良いと思います」

この「後悔」を使った例文は、「後で悔やんだり自己批判したりしたくなければ、今やるべきことに全力で取り組んだ方が良いという考え方」を意味しています。

勉強や仕事、資格取得などの今やるべきことを後回しにしていると、後になって失敗したと悔やむケースが多いのです。

例文2

「大好きだった彼女と別れたことを今になって後悔していますが、どんなによりを戻したくても時すでに遅しで、彼女は別の相手と結婚しました」

この「後悔」を使った例文は、「大好きだった彼女と別れたことを、後になって悔やんだり、勿体無い(もったいない)ことをしたと思ったりしていること」を意味しています。

男女の恋愛関係で「不本意な別れ」を経験してしまうと、後になって悔やんだり心残りがあったりすることになりやすいのです。

例文3

「あなたがどんなに後悔して懺悔(ざんげ)しても、償えない罪ややり直せない過ちというものもあります」

この「後悔」を使った例文は、「自分が過去にした罪・過ちについて、どんなに悪いことをしたと思って悔やんで反省しても、償いきれない場合(やり直せない場合)もあるということ」を意味しています。

特に殺人や暴行などの他者を決定的に傷つけたり殺したりする行為は、いくら後になって悔やんだり反省したりしても、それだけで罪・過ちが綺麗に償えるということには決してならないでしょう。

「後悔」の類語や類義の表現

「後悔」の類語や類義の表現には、どのようなものがあるのでしょうか?「後悔」の類語・類義表現について、分かりやすく解説していきます。

  • 「悔悟・悔恨」
  • 「悔やむ・悔いる」
  • 「思い残す・残念がる」

「悔悟・悔恨」

「後悔」の類語・類義表現として、「悔悟(かいご)・悔恨(かいこん)」があります。

「悔悟」の言葉の意味は、「自分のした行為の悪かった部分を認めて、後悔したり謝罪したりすること」になります。

「悔恨」というのは、「自分が過去に犯した過ちについて、後悔したり残念に思うこと」を意味しています。

自分の過去の行いを悔いる「後悔」の類語として、「悔悟・悔恨」を上げることができます。

「悔やむ・悔いる」

「後悔」の類語・類義表現として、「悔やむ・悔いる」があります。

「後悔」の言葉の意味は、「自分が過去にした好ましくない行為について、悔やむこと。悔いること」になります。

「悔やむ・悔いる」の言葉の意味は、「過去に失敗したことや十分に上手くできなかったことなどについて、後になって残念に思うこと」です。

その意味から、「後悔」の類義表現として「悔やむ・悔いる」を指摘することができます。

「思い残す・残念がる」

「後悔」の類語・類義表現として、「思い残す・残念がる」があります。

「後悔」の言葉の意味として、「過去に自分がした行為について、まだ十分にやれていないという思い残した部分があること」「過去の自分の人生・行動について、残念がる要素があること」があります。

それらの意味から、「後悔」の類義表現として「思い残す・残念がる」を上げることができるのです。

icon まとめ

「後悔」という言葉について徹底的に解説しましたが、後悔には「自分が過去にした行為について、後になって悔やんだり自責したりすること」などの意味があります。

後悔の類語・類義表現としては、「悔悟・悔恨」「悔やむ・悔いる」「思い残す・残念がる」などがあります。

「後悔」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。