意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「雑記ブログ」とは?意味・読み方・類語・英語【使い方や例文】

「雑記ブログ」とは、「特定のテーマや専門分野を決めずに、色々なテーマ・物事(時事)について書いたブログ」です。

「雑記ブログ」「意味・読み方・雑記ブログと特化ブログの違い・英語と解釈・使い方・例文と解釈・類語や類義表現」などについて、詳しく説明していきます。

Meaning-Book
「雑記ブログ」とは?意味・読み方・類語・英語【使い方や例文】>


目次

  • 「雑記ブログ」の意味とは?
  • 「雑記ブログ」と「特化ブログ」の違い
  • 「雑記ブログ」の英語(解釈)
  • 「雑記ブログ」の言葉の使い方
  • 「雑記ブログ」を使った例文・短文(解釈)
  • 「雑記ブログ」の類語や類義表現


「雑記ブログ」の意味とは?

「雑記ブログ」の意味は、「特定のテーマや専門分野を決めずに、色々なテーマ・物事(時事)について書いたブログ」「どんな内容・趣旨でも思いついたことについてその都度、記事(コンテンツ)を書いていくブログ」になります。

「雑記ブログ」とは簡単に説明すれば、「特定のテーマや目的性にこだわらずに、自分がその時に書きたいと思う内容を書いていく自由度の高いブログ」のことなのです。

「雑記ブログ」とは「何でもブログ・雑多なテーマのブログ(テーマがバラバラなブログ)」のことで、一般的に広告収益などを目的としたブログ運用をする場合には、「特化ブログ(専門特化ブログ)」よりも固定読者が付きにくく、収益性が落ちると言われています。

  • 「雑記ブログ」の読み方

「雑記ブログ」の読み方

「雑記ブログ」の読み方は、「ざっきぶろぐ」になります。



「雑記ブログ」と「特化ブログ」の違い

「雑記ブログ」「特化ブログ」の違いは、「雑記ブログ」「ブログに書く内容のテーマやジャンルを特定しておらず、どんな内容でも書きたい記事を書くブログ」であるということです。

「特化ブログ」のほうは、「ブログに書く内容を、自分が得意な専門分野のテーマやトピック(話題)に絞り込んでいて、それ以外の記事は原則として書かない」という違いがあります。

一般的に、「特化ブログ」のほうが「固定読者層」を集めやすく、「ブログの広告収益」も増えやすいとされています。

しかし「雑記ブログ」はブログに書く記事に制約がないので、ブログ更新を長く続けやすいメリットもあります。

「雑記ブログ」の英語(解釈)

「雑記ブログ」の英語とその意味の解釈は、以下のようになります。

“miscellaneous blog”“miscellaneous notes blog(miscellaneous)”

“I'm writing a miscellaneous blog. ”(私は雑記ブログを書いています。)

“anything blog”(雑記ブログは何でも書くブログということから、シンプルに“anything blog”で表現することもできます。)

“rambling blog”“discursive blog”(“rambling”には「取り留めのない・まとまりがない」の意味があり、“discursive”には「散漫な・取り留めのない」の意味があります。その意味から、雑記ブログの意味合いを表すことができます。)

“Rambling blog is so funny. ”(雑記ブログはとても面白いです。)



「雑記ブログ」の言葉の使い方

「雑記ブログ」の言葉の使い方は、「ブログのテーマやカテゴリー、目的意識を絞り込んでいない何でも自由に書くブログのこと」を指して使うということになります。

「雑記ブログ」という言葉は、「思い浮かんだことや興味関心のあることを何でも書くブログ」に言及したい時に使うことができるのです。

「雑記ブログ」を使った例文・短文(解釈)

「雑記ブログ」を使った例文・短文を紹介して、その意味を分かりやすく解釈していきます。

  • 例文1
  • 例文2
  • 例文3

例文1

雑記ブログを書き始めたことによって、世の中の色々な出来事・ニュースに興味関心が湧くようになり、自分が考えている内容を深く掘り下げられるようになりました。

この例文の「雑記ブログ」は、「自分が考えていること・世の中で起こった出来事(ニュース)などについて何でも書くブログ」を意味しています。

例文2

専門特化ブログは広告収益を目的として運用するのであれば、収益性は高くなるのですが、雑記ブログよりも長期的に継続することが難しいという問題もあります。

この例文の「雑記ブログ」は、「専門特化ブログではないテーマやカテゴリーを絞り込んでいないブログ」のことを意味しています。

「雑記ブログ」は何でも自由に書けるので長期継続しやすい利点がありますが、広告収益の金額は一般に「特化ブログ」よりも安くなりやすいのです。

例文3

雑記ブログも自分のブログを読んでくれそうな対象者・対象層をペルソナ(仮想閲覧者)に設定することで、専門特化ブログに負けないくらいのアクセス数を集められる可能性があります。

この例文の「雑記ブログ」は、「特定のテーマや目的意識を設定せずに、自由に何でも書いているブログ」のことを意味しています。

雑記ブログは一般的に広告収益を得にくいブログとされますが、「対象読者層に向けた面白い記事」を作成することで、アクセス数や広告収入を増やせる可能性もあります。

「雑記ブログ」の類語や類義表現

「雑記ブログ」の類語や類義表現には、どのようなものがあるのでしょうか?「雑記ブログ」の類語・類義表現について、分かりやすく解説していきます。

  • 「何でもブログ・雑多なテーマのブログ」
  • 「思いつくままに書くブログ・徒然ブログ」
  • 「専門特化していないブログ」

「何でもブログ・雑多なテーマのブログ」

「雑記ブログ」の類語・類義表現として、「何でもブログ・雑多なテーマのブログ」があります。

「雑記ブログ」というのは、「特定のテーマや専門的な内容に縛られずに、自由に何でも書きたいことを書けるブログ」を意味しています。

そのことから、「雑記ブログ」の類義表現として、「何でもブログ・雑多なテーマのブログ」を上げることができるのです。

「思いつくままに書くブログ・徒然ブログ」

「雑記ブログ」の類語・類義表現として、「思いつくままに書くブログ・徒然ブログ(つれづれブログ)」があります。

「雑記ブログ」というのは、「思いついたことや書きたいと思ったことをすぐに書くブログ」を意味しています。

何もすることがなくて退屈(手持ち無沙汰)な時に、気楽に書きたい内容を書くのが「雑記ブログ」の特徴です。

それらの意味から、雑記ブログの類語として「思いつくままに書くブログ・徒然ブログ」を指摘することができるのです。

「専門特化していないブログ」

「雑記ブログ」の類語・類義表現として、「専門特化していないブログ」があります。

「雑記ブログ」というのは、「専門的なテーマやカテゴリーだけに絞り込んでいない雑多な内容のブログ」を意味しています。

「雑記ブログ」とは、「何でも書きたいことを書くという意味で、専門特化していないブログ」のことなのです。

そのことから、「雑記ブログ」の類義表現として「専門特化していないブログ」が上げられます。

icon まとめ

「雑記ブログ」という言葉について徹底的に解説しましたが、雑記ブログには「特定のテーマや専門分野を決めずに、色々なテーマ・内容・物事(時事)について書いたブログ」などの意味があります。

雑記ブログの類語・類義表現としては、「何でもブログ・雑多なテーマのブログ」「思いつくままに書くブログ・徒然ブログ」「専門特化していないブログ」などがあります。

「雑記ブログ」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。