意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「一閃」とは?意味・読み方・類語・英語【使い方や例文】

「一閃」とは、「ピカッと光ること・一瞬だけきらめくこと」「さっと一瞬でひらめくこと」です。

「一閃」「意味・読み方・使い方・例文と解釈・英語・一閃を使った言葉と意味の解釈・類語や類義表現」などについて、詳しく説明していきます。

Meaning-Book
「一閃」とは?意味・読み方・類語・英語【使い方や例文】>


目次

  • 「一閃」の意味とは?
  • 「一閃」の読み方
  • 「一閃」の言葉の使い方
  • 「一閃」を使った例文・短文(解釈)
  • 「一閃」の英語と解釈
  • 「一閃」を使った言葉と意味を解釈
  • 「一閃」の類語や類義表現


「一閃」の意味とは?

「一閃」の意味は、「ピカッと光ること・一瞬だけきらめくこと」「さっと一瞬でひらめくこと」になります。

「一閃」という言葉は「ひとひらめき(一閃き)」のことを意味していて、「ひとひらめき」というのは「刀剣・金属などが一瞬だけ光を反射してピカッと光ること」なのです。

「一閃」には、「物理的に何かの光(光を反射した物)がピカッと光ること」の意味だけではなく、「一瞬で何かの考え・アイデア・感じをひらめくこと」の意味もあります。

「一閃」という言葉は、「ピカリと光る一瞬の光」を意味していますが、その一瞬の光から連想される「ひとひらめき・一瞬で何かをひらめくという体験」という意味も併せ持っているのです。



「一閃」の読み方

「一閃」の読み方は、「いっせん」になります。

「一閃」の言葉の使い方

「一閃」の言葉の使い方は、「雷光・日光(月光)など何かの光源が一瞬ピカッと光った時」「刀剣・金属などが光を反射してキラキラとした時」に使うということになります。

「一閃」という言葉には「非常にスピードが速い・ほんの一瞬だけ」といった意味合いのニュアンスがあるので、「光(光を反射した物)が一瞬だけピカッと光った時」に使います。

特に、刀剣が光を受けて一瞬キラリと光ることを、「白刃一閃(はくじんいっせん)」という言葉で表現します。

それ以外にも、「一閃」という言葉は「思考・発想などをひとひらめきした場合」「さっと一瞬で良いアイデア・何かの予感などをひらめいた場合」に使用することができます。

例えば、「脳裏を一閃した素晴らしい考えをみんなに披露することにした」「一閃したアイデアによって経営危機を離脱することができた」といった文章において、「一閃」という言葉を使うことができるのです。



「一閃」を使った例文・短文(解釈)

「一閃」を使った例文・短文を紹介して、その意味を分かりやすく解釈していきます。

  • 例文1
  • 例文2
  • 例文3

例文1

テレビの時代劇では白刃一閃の剣闘シーンがまるで日常的なものであるかのように描かれていますが、実際に頻繁に刃傷沙汰の殺し合いがあったわけではありません。

この例文の「一閃」は、「刀剣が光を反射して一瞬だけキラリと光った事態」を意味しています。

「一閃」という言葉を使用した慣用的な表現に、刀がほんの短い時間だけキラリと光るという意味を持つ「白刃一閃」がありますが、この例文では「白刃一閃するような殺し合いの剣闘シーン」が、江戸時代以前においても日常的なものなどでは無かったことを伝えているのです。

例文2

工場内の化学設備においてまばゆいばかりの火花が一閃すると、もくもくと有機系の有毒ガスが噴き出し始めて、その周囲で働いていた作業員複数が倒れてしまったのです。

この例文の「一閃」は、工場内で見た「まぶしく輝く火花の一瞬の光」のことを意味しています。

化学工場内で火花が一瞬ピカッと散った後に、有機系の有毒ガスがもくもくと噴き出し始めて、働いていた作業員がバタバタと倒れる大事故に発展してしまったという内容の例文になっています。

例文3

本当に素晴らしいアイデアやビジョンというのは、何日間もかけてじっくり考え続けて思いつくという種類のものではなく、脳内をピカッと一閃する光のようにほんの一瞬でひらめくことができるものなのです。

この例文の「一閃」は、「ほんの一瞬でアイデアをひらめくこと」「素晴らしいアイデア・ビジョンをひとひらめきすること」を意味しています。

問題を見事に解決するような素晴らしいアイデアは、ぐだぐだと何日間も悩んでやっとのことで思いつくという類のものではありません。

画期的なアイデアを思いつく時には、一生懸命に何かを考えていなくても、一瞬でひらめきが訪れるものなのです。

「一閃」の英語と解釈

「一閃」の英語とその意味の解釈は、以下のようになります。

“flash”(“flash”は、閃光や光を意味することから、一閃という意味のニュアンスも持っています。)

“a flash of lightning”(雷光一閃) “A flash of lightning rent the clowd sky. ”(雷光一閃で、曇った空を突き抜けた。)

“brandish ”(“brandish”は刀剣などを振り回す、ちらつかせるの意味から、白刃一閃に近いような意味で用いられることがあります。)

“He brandished his sparkling sword right over his head. ”(彼は白刃一閃で剣をきらめかせて、真っ向から振り回しました。)

“breath”(呼吸・生命・風のそよぎなどの意味から、“breath of wind”で風の動きが一閃といった意味を表すことができます。)

「一閃」を使った言葉と意味を解釈

「一閃」を使った言葉とその意味を分かりやすく解釈していきます。

  • 「電光一閃」
  • 「白刃一閃」
  • 「紫電一閃」

「電光一閃」

「電光一閃(でんこういっせん)」の言葉の意味は、「雷光が一瞬だけピカッと光ること」「雷の明るい光が一瞬で駆け抜けていくこと」になります。

「電光一閃」という言葉には、「ピカッと光る雷の動きの速さ」という意味合いもあります。

「雷光一閃」という言葉は、自然現象である雷光が鳴り響く時のスピード感が伝わってくるようなニュアンスの言葉になっています。

「白刃一閃」

「白刃一閃(はくじんいっせん)」の言葉の意味は、「刀剣が光・照明を反射して短い時間だけ、キラリと光ること」になります。

「白刃一閃」というのは、真剣の日本刀を抜いて、今まさに相手を斬ろうとしている時に使用される昔ながらの言葉なのです。

「白刃一閃」という言葉を使用する時には、刀と刀で勝負する果し合いのニュアンスがありますが、それ以外にも「一瞬の一太刀だけで一方的に相手を倒してしまう」という緊張・集中の意味合いもあります。

「紫電一閃」

「紫電一閃(しでんいっせん)」の言葉の意味は、「研ぎ澄まされた剣をひと振りする時に、光を反射して生じる一瞬だけひらめく鋭い光」のことです。

その意味から転じて、「紫電一閃」という言葉には「事態が急速に変化すること」という意味合いも生まれたのです。

「一閃」の類語や類義表現

「一閃」の類語や類義表現には、どのようなものがあるのでしょうか?「一閃」の類語・類義表現について、分かりやすく解説していきます。

  • 「閃光・閃耀」
  • 「フラッシュ・閃き」

「閃光・閃耀」

「一閃」の類語・類義表現として、「閃光(せんこう)・閃耀(せんよう)」があります。

「閃光」の言葉の意味は、「短い時間だけピカッと光ること」「一瞬だけ光っているその光そのもの」になります。

「閃耀」の言葉の意味は、「一瞬だけまぶしく輝くこと」になります。

「一閃」という言葉の意味は「一瞬だけまぶしくきらめくこと」なので、その類語として「閃光・閃耀」を上げることができるのです。

「フラッシュ・閃き」

「一閃」の類語・類義表現として、「フラッシュ・閃き(ひらめき)」があります。

「一閃」の言葉を英語で表現すると、「フラッシュ(flash)」になります。

「フラッシュ(flash)」には「カメラ機器のフラッシュ機能」の意味もありますが、「フラッシュ」とは「短い時間だけピカリと光ること」を意味しています。

「閃き」というのは、一瞬でアイデアやビジョンを思いつくことを意味する素晴らしい言葉です。

「一閃」には「ピカッと光ること」「一瞬でアイデアを思いつく」の意味があるため、その類義表現として「フラッシュ・閃き」を指摘することができるのです。

icon まとめ

「一閃」という言葉について徹底的に解説しましたが、一閃には「ピカッと光ること・一瞬だけきらめくこと」「さっと一瞬でアイデアをひらめくこと」などの意味があります。

一閃の類語・類義表現としては、「閃光・閃耀」「フラッシュ・閃き」などがあります。

「一閃」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。