意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「顕著に現れる」の意味・類語・対義語【使い方や例文】

仕事をしていると、「顕著に現れる」という表現をよく耳にすることがないでしょうか? この言葉はビジネスシーンで会議や取引先と商談、打ち合わせ、報告などの場面でも、よく聞く言葉だと思いますが、この言葉は実際にどのような意味を持っている言葉なのでしょうか? 普段、仕事でよく使われる言葉だけに、「顕著に現れる」の意味や使い方をン見て行こうと思います。

顕著に現れる

Meaning-Book
「顕著に現れる」の意味・類語・対義語【使い方や例文】>


目次

  • 「顕著に現れる」の意味とは?
  • 「顕著に現れる」を分解して解釈
  • 「顕著に現れる」の言葉の使い方
  • 「顕著に現れる」を使った例文・短文(解釈)
  • 「顕著に現れる」の英語
  • 「顕著に現れる」の似た意味・類語や言い換え


「顕著に現れる」の意味とは?

「顕著に現れる」の意味とは?

「顕著に現れる」という言葉は、「はっきりと現れる」「明らかに現れる」といった意味を持っています。

今までぼんやりとしか分からなかった事象が明確になってくる時に使われるので、ビジネスシーンでは、事業の成り行きなどがはっきりとしてきた時に用いられることになるのです。

  • 「顕著に現れる」の読み方

「顕著に現れる」の読み方

「顕著に現れる」「けんちょにあらわれる」と読みますが、「顕著」という漢字が少し難しいので、ここでしっかりとチェックしておいてください。



「顕著に現れる」を分解して解釈

「顕著に現れる」を分解して解釈

では、ここで「顕著に現れる」「顕著」「現れる」の2つの言葉に分解して意味を見ていくことにしましょう。

  • 「顕著」
  • 「現れる」

「顕著」

「顕著」の意味は「際立って目につくさま」「誰が見ても明らかなほどはっきりと現れていること」です。

さらに「顕著」の文字を1つ1つ見ていくと、その内容がよく理解できますが、「顕」という字は「きらびやか」「(色や形がはっきりとしている)明らか」「際立つ(目立つ)」などという意味を持っていますが、訓読みでは「顕す(あらわす)」という読み方になりますので、「明らか」というニュアンスがよく理解できると思います。

また、「著」は、「著しい(いちじるしい)」という表現でよく使われる漢字ですが、この文字の意味にも、「現れる」「明らかになる」「書きあらわす」などといったような意味がある漢字なのです。

両方との「明らかにする」といった意味がありますので、2つが組み合わさったことで、「明らかにする」という内容が強調されている熟語です。

「現れる」

「現れる」は、「今まで無かったもの」、あるいは「隠れているものがはっきり見えるようになる」「様子が表に出る」「目につくようになる」「出て来る」「やって来る」という意味があり、「顕著」をセットになること「はっきりと現れる」という解釈ができるようになります。

「顕著に現れる」の言葉の使い方

「顕著に現れる」の言葉の使い方

「顕著に現れる」という言葉は、ビジネスの中でよく出てくる言葉ですが、他にも色々な状況においても使われていますので、人の表情や動作に対しても使うことができてたり、結果や数字の変化など物事の事象についても使うことができます。

但し、その条件には、「誰が見ても明らかなこと」といった意味もあるために、雰囲気などの「目に見えない現象」に対して使うことができません。



「顕著に現れる」を使った例文・短文(解釈)

「顕著に現れる」を使った例文・短文(解釈)

では、ここで「顕著に現れる」を使った例文を見くことんで、具体的な活用シーンを思い起こしてください。

  • 「顕著に現れる」の例文1
  • 「顕著に現れる」の例文2
  • 「顕著に現れる」の例文3

「顕著に現れる」の例文1

「新規プロジェクトの実績発表が今月末にあったのですが、前回のプロジェクトとは、大きな差があることが顕著に現れていました」

企業が記者会見やプレスリリースで、事業の成果報告をすることがありますが、このように事業の動きを発表する時に使われます。

「顕著に現れる」の例文2

「職場での開発チームは人員が少なくなったことで、それぞれの自主性や才能が顕著に現れたのだ」

企業の研究・開発部門では、チーム単位での活動となることが多いのですが、このように少数精鋭のチームにすることで、社員・技術者個々の才能が大きく伸びていくことがありますが、これは社員ひとりひとりの自主性の開花が起因しています。

「顕著に現れる」の例文3

「社内恋愛をひた隠していたのですが、彼が仕事のペースが鈍ってきたことで、2人が付き合っていることが顕著に現れるようになった」

社内恋愛で、2人の関係が強くなっていくほど、仕事のやり方が鈍化していく人がいますね。

恋愛自体は決して悪くはないのですが、本業である仕事と恋愛を両立させることが大事ですね。

「顕著に現れる」の英語

「顕著に現れる」の英語

「顕著に現れる」を英語で言うと、“remarkable”“striking”“conspicuous”などがありますが、それぞれの言葉にはニュアンスが微妙に異なるので使い方に注意が必要です。

「顕著に現れる」の似た意味・類語や言い換え

「顕著に現れる」の似た意味・類語や言い換え

ここでは、「顕著に現れる」に似た意味を持つ類語を見ていきます。

  • 「際立ってくる」
  • 「著しくなる」
  • 「明確になる」

「際立ってくる」

「際立ってくる」が類語の1つとして紹介できますが、この言葉には「他との区別がはっきりしてくること」「目立ってこと」という意味があります。

「彼の顔の怒りの念が際立ってきた」

「今月になって、我が社の赤字経営が際立ってきた」

というような場合に使われます。

「著しくなる」

「著しくなる」とは、「物事がはっきりしてくる」「明らかになってくる」という意味があります。

「明確になる」

「明確になる」とは、「明らかで確実になってくること」という意味があり、「今まで潜在していた数々の諸問題が、1つのトラブルで浮き彫りになって明確になっていったのです」

例文としては、このような用法になるでしょうが、「明確になる」ということは、私達の仕事の中だけでなく、私生活の中でも出てくる言葉の1つです。

icon まとめ

「顕著に現れる」という言葉を見ていくと、会社に勤めている人は、自分の周りで、この言葉が当てはまる場面がかなり多いのではないかと感じられることと思います。

特に営業や技術の人は、決められたスケジュールをベースに仕事を進めていくことになりますが、物事の結果が周りの人達でもはっきりと把握できるように変化してきた際に、「顕著に現れる」という言葉が使われることになるでしょう。

ビジネスマンは、自分の受け持つ仕事を管理していく上で進捗管理、行動管理など、しっかりと自己管理しなくてはなりませんので、仕事のアウトプット(成果)がはっきりと出せるように、日頃からの進め方を考えておくことが重要です。

そのような管理ができて初めて、1人前のビジネスマンと認識されるようになるのです。




関連記事





当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。