意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「情景が浮かぶ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「情景が浮かぶ」の意味を知っているでしょうか。

ここでは「情景が浮かぶ」という表現について詳しく紹介していきます。

情景が浮かぶ

Meaning-Book
「情景が浮かぶ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「情景が浮かぶ」とは?
  • 「情景が浮かぶ」の表現の使い方
  • 「情景が浮かぶ」を使った例文と意味を解釈
  • 「情景が浮かぶ」の類語や類義語


「情景が浮かぶ」とは?

「情景が浮かぶ」というのは過去の記憶や思い出がよみがえってくることを指し、その脳裏から眼前に広がるように、情景が映像や画像となって浮かんでくる、という意味を持っています。

例えば、小説を読んだときに「ラベンダー畑」という表現が出てきたとしましょう。

脳裏にそのラベンダー畑を思い浮かべられるほど、細かい描写がされており、どのようなラベンダー畑なのか想像できたら、それは「情景が浮かんだ」ということになります。

事件の報道などを見て、その現場の様子がありありと浮かんだ場合も「情景が浮かぶ」といえます。

  • 「情景が浮かぶ」の読み方

「情景が浮かぶ」の読み方

「情景が浮かぶ」「じょうけいがうかぶ」と読みます。

日常的に使われる表現ではありませんが、ぜひ読めるようにしておきたい言い回しですね。



「情景が浮かぶ」の表現の使い方

「情景が浮かぶ」というのは一般的に過去の記憶や思い出が蘇る、どのような状態なのか想像する、という意味になります。

小説や新聞を読んだとき、それがどのような状態なのかありありと目に浮かんできたら、それは「情景が浮かんでいる」ということになりますね。

もしも小説などを書くならば、情景を浮かべやすい文章を書かなければいけません。

そのような文章が書ける作家こそ、良い作家だと言えるでしょう。

「情景が浮かぶ」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

  • 「情景が浮かぶ」を使った例文1
  • 「情景が浮かぶ」を使った例文2

「情景が浮かぶ」を使った例文1

「同窓会で同級生たちの顔見て、楽しかった情景が浮かんだ」

同窓会などに行くと、昔の様子がありありと思い出される、と感じる人も多いのではないでしょうか。

一緒に受けた授業や修学旅行、あるいは怒られたことなどを思い出す人もいるかもしれませんね。

昔の友達に出会うと、その時の空気が蘇り、懐かしく感じるという人も多いかもしれません。

「情景が浮かぶ」を使った例文2

「この小説は情景が浮かびやすく、本当に感動するよ」

小説によっては、読んでもよくわからない、そのような状態が想像できない、と感じることもありますよね。

その一方で、読むとどのような状態なのか手に取るようにわかる、わかりやすい、などという小説もあります。

情景が浮かびやすい小説の方が読者にとってはわかりやすいですし、感動できる話などであればなおさら人気を呼ぶのではないでしょうか。



「情景が浮かぶ」の類語や類義語

ここでは類義語を紹介していきます。

  • 「思いがよぎる」【おもいがよぎる】
  • 「光景が目に浮かぶ」【こうけいがめにうかぶ】

「思いがよぎる」【おもいがよぎる】

「思いがよぎる」というのは過去の記憶や思い出がよみがえってくることを指しています。

脳裏をかすめる、情景が思い浮かぶ、などという意味になります。

「光景が目に浮かぶ」【こうけいがめにうかぶ】

「光景が目に浮かぶ」というのは出来事の様子などが思い出されることで、光景が瞼に浮かぶ、と言われることもあります。

「目に浮かぶ」でも良いですね。

icon まとめ

「情景が浮かぶ」という表現は日常的にも使われますのでぜひ覚えておきましょう。

「情景が浮かぶ」ような小説に出会えると素敵ですね。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。