意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「嗚咽を漏らす」の意味・読み方・言い換え【使い方や例文】

嗚咽を漏らすというのは、生半可な人は経験しない事です。

そして、自分の置かれている状況を認識するのなら、打開策はあります。

ミスを反省していれば緩やかに収まります。

嗚咽を漏らす

Meaning-Book
「嗚咽を漏らす」の意味・読み方・言い換え【使い方や例文】>


目次

  • 「嗚咽を漏らす」の意味とは?
  • 「嗚咽を漏らす」の読み方
  • 「嗚咽を漏らす」の言い換え
  • 「嗚咽を漏らす」を使った例文や短文・解釈
  • 「嗚咽を漏らす」の英語
  • 2ch用語の「嗚咽」の意味
  • 「嗚咽を漏らす」を分解して解釈


「嗚咽を漏らす」の意味とは?

嗚咽を漏らすの意は、嗚咽という響きにも現れている通り、喉を鳴らして嘔吐する音声となります。

これは、おえっとという常用語にもありますので、比較的容易に想像しやすい様相になっています。

その嗚咽を漏らすという表現は、実際の表現がうまく出来ない時の様相を言います。

つまり、表現より嗚咽が先に出そうだという表現手法になるのです。



「嗚咽を漏らす」の読み方

嗚咽を漏らすは、おえつをもらすと表現します。

これは、嗚咽を漏らすという時点で嘔吐を意味しているのではありません。

嗚咽ほどの放涙を意味します。

つまり、嗚咽するほどの号泣を指している時があるのです。

これは、怨み・憎しみと同様に、その嗚咽の様相の涙に、声も出ないさまを言います。

「嗚咽を漏らす」の言い換え

嗚咽を漏らすの言い換えは、漏涙するのように、その涙の沙汰が常用でない時を表現します。

また、嗚咽を漏らすの表現に、恐ろしさのあまり、涙と嗚咽が交じるさまをも表現できるでしょう。

この世と思えない深い悲しみや、そのビジュアル的な様相に、嗚咽を交えて、言葉に依る表現を失った状態を指していますので、そのあまりの愚かしさへの憎しみも交じる風合いすらあります。



「嗚咽を漏らす」を使った例文や短文・解釈

嗚咽を漏らすという例示には、その深い悲しみに遭遇した瞬間が表現されるべきです。

そして、嗚咽を漏らすという、しくしくとした態度には、嗚咽の音声すら交じる何かがあるのです。

この嗚咽には、涙に混じって、憎しみ・怨み・情けなさが交じるもので、恋愛に涙する際にも、怨念の恐ろしい響きすらあるでしょう。

これは笑えません。

  • 例文1
  • 例文2
  • 例文3

例文1

嗚咽を漏らしているのは、トイレからシクシクと聞こえてきました。

嗚咽を漏らすというのは、その発言の対象が誰ともいえないときにあります。

これは、肉親にも聞かせてはならないという涙を、深い愛情の裏返しとして、知っている人が居るのです。

つまり、怨念の正反対であるのは、その情けなさと自壊にによる、嗚咽になります。

それは、まるで内蔵を吐き出しそうな放涙なのです。

例文2

嗚咽を漏らすのは、その発言が聞こえないクラスの話です。

嗚咽を漏らすのは、その発言内容を聞かれたら、きっと捕まってしまうような苦しみのさなかを表します。

これは、その殺意にも似た感情をこらえる際に、嗚咽を漏らす苦しみとなって、涙の声が蒸気化するのです。

つまり、怨念を晴らす、生霊が浮遊するかの如く、嗚咽は声にならない魂の呻きとなります。

例文3

憎しみに自分のミスが目立つ場合には、その矛先を知らずに、嗚咽を漏らす結果となります。

憎しみに自分のミスが指摘されたときは、それは屈従を意味します。

つまり絶対権力の前に、不服にも屈従するときには、男でも涙を飲むのです。

これは、弱さではなく、みんな泣いているという管理職の響きなのです。

これは、人格を無視されている出来事として、上からは、まるで死刑にされている計り知れない屈服を命じられます。

そして、その判決に笑顔で返さなくてはならないのです。

これは嗚咽の走る常用とされます。

「嗚咽を漏らす」の英語

嗚咽を漏らす meaning in english

嗚咽を漏らすの英語は、“I leak sobbing”です。

2ch用語の「嗚咽」の意味

嗚咽の意味として、おえっとという軽い表現はあるかもしれません。

それは、侮蔑用語としての、ビジュアルを差別しているものになります。

ただし、これは、身体的特徴を指しているとして、その表現者には、非人扱いにしても構わないという呈があります。

つまり、嗚咽を漏らすというのは、人生の最低レベルの状況を悟っている自分が、それを表現できずに、吐きそうになる瞬間を指しますので、普通これは誰にも言わないことなのです。

「嗚咽を漏らす」を分解して解釈

嗚咽を漏らすを分解して解釈すると、屈服というさまや、その不条理に対する抑圧への解放となります。

つまり、殺意を向けられ、蹂躙されていて、それでも反抗ができない、自分の正当な礼儀に対しても、その怒りが向いてしまいます。

つまり、自ら品行方正に生きている事さえ、愚かしいと思えてくるものです。

  • 「屈従」
  • 「不条理」

「屈従」

屈従というのは、その上からの権威への従属になります。

これが正統であれば、正当な人であれば易く従えるのですが、時に悪性な権威への屈従を命じられる時があります。

それは、嫉妬を権威を盾に力に交えて、発せられる強権としての、パワーシフトです。

これに逆らうことは許されません。

その屈服する権威の壇に対して、自らの力の弱さを、嗚咽を漏らしてスマイルを返さなくては生きていけないのです。

「不条理」

不条理に対する怒りも、それは品行方正な立場からすれば、つい挙動を間違えてしまうような行動になってしまいます。

これは、何時も、丁寧な対応の人が、その怒りを鋭く向ける瞬間になります。

人間は生き物ですので、実は普段から丁寧で温厚な人が、知識でその範疇が広いと、大変な状況に環境が一変します。

つまり、頭脳的にも相手を攻め滅ぼせる仕組みを知っているのなら、それは不条理を改造できる資格があります。

嗚咽を漏らした後での正攻法での攻撃は世を変革させます。

icon まとめ

嗚咽を漏らすというのは、憎しみ混じりの涙に成り、この世の不条理を一気に飲み込んだ結果として現れます。

もし、自分個人の怒りだけではなく、世の不条理を嘆く涙であるのなら、その経験はしっかりとした慈善に向かうことだってあるのです。