意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「打開策」の意味・読み方・英語【使い方や例文】

社会人になってからは、学生時代までに経験してきたことを活かすことができます場面に出くわすことが多々あるかと思います。

しかし、それ以上に大きな問題や障害にぶつかり、その壁を乗り越えるために、色々な行動を取っていかなければならないことも少なくありません。

ビジネスの世界では、よく出てくる「打開策」ですが、この言葉には、どのような意味があるのでしょうか?

Meaning-Book
「打開策」の意味・読み方・英語【使い方や例文】>


目次

  • 「打開策」の意味とは?
  • 「打開策」と「解決策」の違い
  • 「打開策」の使い方
  • 「打開策」を使った例文・短文(解釈)
  • 「打開策」の英語
  • 「打開策」を使った言葉と意味を解釈


「打開策」の意味とは?

「打開策」という言葉には、「困難な状況をや状態を打ち破るための策」という意味があり、「有効な打開策を見出せない」「早急に打開策を見つける必要がある」などの使い方をされています。

仕事をしていると、物事が日々刻々と変化していきますが、その中で大きな壁が自分の目の前に立ちはだかることが出てくることは珍しいことではありません。

このような時に「打開策」を考えることが、円滑に仕事を進める上で必然的なことなのです。

  • 「打開策」の読み方

「打開策」の読み方

「打開策」の読み方は、「だかいさく」となります。



「打開策」と「解決策」の違い

「打開策」に似たような言葉に「解決策」がありますが、この言葉の意味は、「ものごとを解決に導く案や施策」「解決法」ということになります。

問題が打開できた場合、その問題を解決できたとは言い切れないことがあります。

「問題の打開」=「問題の解決」というケースもあるのですが、「打開」には、その問題に対して、結局、解決に向かって少し進んだ程度という理解もあります。

時折、「八方塞がりの状況」というケースがありますが、この時に「筋道を立てる」ということが「解決策」と理解してもいいでしょう。

問題の「打開策」は、根本的に状況が改善されているわけではなく、やはり「八方塞がりのまま」の状態が続いているのです。

「打開策」は物事の問題を解決するだめの方針や指針という位置づけで、それをベースに「解決策」を練っていくということになります。

「打開策」の使い方

「打開策」という言葉を使う場面は、大きな困難なことにぶつかってしまい、その物事がうまく進まない時に、明るい兆しを見つけようとするところで使うことになるでしょう。



「打開策」を使った例文・短文(解釈)

では、ここで「打開策」を使った例文を見ていくことにします。

  • 「打開策」の例文1
  • 「打開策」の例文2
  • 「打開策」の例文3

「打開策」の例文1

「打開策のための提案を多くの人から募集しています」

このようなことは、色々な場面で出てくる可能性があり、企業だけではなく、自治体やあるコミュニティーなど身近な場面でもあるのではないでしょうか?

例えば、マンションの自治会などのコミュニティーで、近隣地区の問題について、「打開策」を見つけなければならない時に、このよう住民からの「打開策」の提案を受け付けているということがありそうです。

「打開策」の例文2

「政府は現在の財政危機の打開策を見出さなくてはならない」

このようなケースは、テレビやインターネットで時事ニュースを見ていると、毎日のように報道されていないでしょうか?

それだけ財政危機に関する内容は、大きな問題であり、今すぐにでも「打開策」を見つける必要があるはずです。

「打開策」の例文3

「佐藤氏は、打開策として新しいシステムの導入に着手した」

この新しいシステムの導入は、どのような問題をどのように打開していくのか分かりませんが、停滞している問題を少しでも改善して行こうと、新たな仕組み・システムの導入に着手しようしているのかもしれません。

「打開策」の英語

「打開策」を英語で表現すると、“breakthrough”という言葉になります。

「打開策」を使った言葉と意味を解釈

「打開策」を使った言葉には色々な表現がありますが、次に挙げるような言葉も「打開策」の中でよく使われるフレーズでしょう。

  • 「打開策を模索」
  • 「打開策を見つける」
  • 「打開策を練る」

「打開策を模索」

「模索」とは、「手さぐりで探すこと」「あれこれと探し求める」ということを意味しています。

したがって、「打開策を模索」とは、「困難な状況を克服するための策を色々と手探り状態で探す」ということになります。

このような場面はかなり多くて、物事をすぐに打開できるような手段を見つけることが難しく、「手探り」で少しずつ進むしかできないというニュアンスがあります。

「打開策を見つける」

「見つける」とは、「探して発見する」という意味で、「打開策を見つける」とは、「問題を克服するために必要な策を発見する」という意味で解釈することができます。

前項の「打開策を模索」「打開策を見つける」という段階を経ていくこともよくあることです。

この段階になると、何とか問題を解決する可能性が見えてきたという段階とも理解することができます。

「打開策を練る」

「練る」には、いくつかの意味があり、「生絹(きぎぬ)を灰汁(あく)などで煮てしなやかにする」「皮類をなめす」「なめし革にする」「金属に焼きを入れて硬質なものに鍛える」「学問や技芸などを鍛えみがく」「修養・経験などを積む」などの解釈などが挙げられます。

しかし、ここでは、「さらによいものにするために内容を検討したり、手を加えたりする」という意味が当てはまり、「打開策を練る」では、「問題克服の策の内容を吟味する」という意味で使われることになります。

icon まとめ

「打開策」は、ビジネスの世界では「嫌や」と思うくらいに、身近で出てくることではないかと思います。

仕事を進める中で、物事が順調に進んでいくことが少なく、困難なことの部使う方が多いかもしれません。

しかし、大事なことは、それらの問題かた逃げることではなく、乗り越えようとする姿勢を貫き通すことです。

それをすることによって、人は成長することができるので、「打開策」を打つことで、自分の経験を蓄積していって欲しいと思うのです。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。