意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「自己研鑽」の意味・読み方・類語【使い方や例文】

「自己研鑽」の意味や類語を紹介して行きます。

さらに「自己研鑽」の使い方や、「自己研鑽」という言葉を使った例文を紹介して行きます。

Meaning-Book
「自己研鑽」の意味・読み方・類語【使い方や例文】>


目次

  • 「自己研鑽」の意味とは?
  • 「自己研鑽」の類語や言い換え・似た言葉
  • 「自己研鑽」の言葉の使い方
  • 「自己研鑽」を使った例文
  • 「自己研鑽」の具体例


「自己研鑽」の意味とは?

「自己研鑽」という言葉をご存知でしょうか。

現在は人生100年時代と言われ、新卒で入社した会社で定年まで過ごす、そして年金をもらってぬくぬくと暮らすという見通しが立たない時代です。

そのため「自己研鑽」という言葉は、ビジネス書などで見る機会が多くなるかもしれません。

すでに「自己研鑽」の意味を知り、「自己研鑽」の大切を感じている社会人の方もいるでしょう。

一方で「自己研鑽」という言葉を、今回初めて目にしたという方もいらっしゃるかもしれません。

そこで、これから困難な時代を生きるすべての人に必要になる「自己研鑽」の読み方と意味を紹介して行きます。

  • 「自己研鑽」の読み方
  • 「自己研鑽」の意味

「自己研鑽」の読み方

「自己研鑽」「じこけんさん」と読みます。

「自己」「じこ」「研鑽」「けんさん」と読みます。

それぞれが独立した言葉ですので、どちらの言葉にも意味があります。

特に「研鑽」は漢字が難しく、見慣れない言葉かもしれません。

ここでは「自己研鑽」「じこけんさん」と読む事を覚えておきましょう。

「自己研鑽」の意味

「自己研鑽」「自己」には「自分」という意味があります。

さらに「研鑽」には、「学問などを深く研究する事」という意味があります。

そのため「自己研鑽」「自己」「研鑽」が組み合わさると、「学問や仕事などを深く研究するために、自分を磨く事」という意味になります。

ビジネスシーンで「自己研鑽」と言えば、自分の仕事に役立つような知識を取り入れる事、資格取得を目指す事などを意味します。

プログラマーなら、プログラミングのスキルアップを目指す事などを「自己研鑽」と言います。

また、現在の仕事に関わらず、将来的にしてみたい仕事や趣味に関して、自分を磨いていく事も、「自己研鑽」と呼びます。

仕事やプライベートを充実させるために、健康に気遣う事も「自己研鑽」の一部になります。



「自己研鑽」の類語や言い換え・似た言葉

次に「自己研鑽」の類語や、言い換えられる似た意味の言葉を紹介します。

「自己研鑽」と似た意味を持つ言葉を知ると、「自己研鑽」の意味がより分かりやすくなるでしょう。

  • 「自分磨き」
  • 「スキルアップ」
  • 「自己実現」
  • 「キャリアアップ」

「自分磨き」

「自分磨き」という言葉は、「自己研鑽」と似た意味を持つ言葉です。

「自分磨き」には、現在の自分のスキルや知識を高める、ブラッシュアップするという意味があります。

ダイヤの原石はブラッシュアップする事で、輝きが増します。

同じように今はまだ、どこにでもある原石に過ぎなくても、「自分磨き」をする事で自分を高めて行く事ができます。

「自己研鑽」「自分磨き」はほとんど同じ意味ですが、「自己研鑽」の方がシリアスで、ビジネスシーンで使いやすい言葉という印象があります。

また「自己研鑽」は仕事に関係するスキルを高める時に使いやすく、「自分磨き」は自分を高めるすべてのスキルを高める時に使う事ができます。

女性ならメイク術のスキルをアップする時にも、「自分磨き」という言葉を使う事ができそうです。

「スキルアップ」

「スキルアップ」という言葉も「自己研鑽」に似ている言葉です。

「スキル」には「技術や技」という意味がありますので、知識を高めたり、人生経験を積むような行為よりも、技を高める技術力をアップする時に「スキルアップ」という言葉を使う事になります。

事務作業を中心に仕事をしている人なら、タイピングのスピードを速くしたり、ビジネス用のソフトを使いこなせるようになる事が「スキルアップ」になります。

また鍵師として活躍したいと思っている人なら、鍵を開けるスピードを速くする事、難しい鍵を開けられるようになる事が「スキルアップ」と言えるでしょう。

「自己実現」

「自己実現」という言葉も、「自己研鑽」に近い言葉です。

「自己実現」には自分が望んでいる自分になる事、自分が望んでいる仕事ができるようになる事、自分が就きたいポストを手に入れる事などの意味があります。

「自己研鑽」は、「自己実現」するために必要な過程と言えるかもしれません。

「自己実現」は、大きな目標を持っている人、夢と呼べるような希望を持っている人が使う言葉です。

現在の自分と、なりたい自分に開きがある時に「自己実現」という言葉を使い、間を埋める用に「自己研鑽」を積む事になります。

「キャリアアップ」

「キャリアアップ」は、「自己実現」の中の「自分の就きたいポストを手に入れる」という意味とほとんど同じです。

例えば介護の仕事を始めた人が、ただのお手伝いでは終わらずに、介護施設の経営者になる事を目指す時、「キャリアアップ」を目指す事になります。

また会社の中でより重要なポストに就くために努力する事も、「キャリアアップ」と呼びます。

「自己研鑽」「キャリアアップ」を目的として行う人もたくさんいます。

「自己研鑽」の言葉の使い方

「自己研鑽」はどのような場面で使えばいいでしょうか。

「自己研鑽」には、自分の仕事や将来のために、自分のスキルを高めたり、知識の幅を広げたりする意味があります。

そのため、自分が仕事のためのスキルをもっと高めたい、将来してみたい仕事のために、知識の幅を広げたい時に、「自己研鑽」という言葉を使いましょう。

例えば、「セミナーに行って、『自己研鑽』しよう」などという感じです。

また、職場の部下や、友達や家族の中に、「自己研鑽」する必要があると感じる人がいる場合も、「自己研鑽」という言葉を使います。

「もっと上の地位に行きたいなら、『自己研鑽』をする必要があるよ」などという感じです。



「自己研鑽」を使った例文

「自己研鑽」という言葉を使った例文を見て行きましょう。

「キャリアアップするためには、スキルも知識もまるで足りない。だから今日から『自己研鑽』しようと思う」「現在の会社の仕事がつまらない。他の業界で仕事をしたいが、スキルも知識もない。そこで『自己研鑽』を始めて、興味のある業界で働けるように自分を高めたい」「お前の仕事がうまくいかないのは、『自己研鑽』が足りないからだ。

もっと向上心を持って、スキルを身に着けたり、知識を身に付けられるように努力を続けろ」
などです。

「自己研鑽」はビジネスシーンで使われる事が多い言葉ですし、真剣に仕事に取り組んでいる人は、自分に対しても使う言葉ではないでしょうか。

「自己研鑽」の具体例

最後に「自己研鑽」の具体例を紹介していきます。

自分を高めるためにはどのような努力をすればいいのか、具体的ないくつかの方法を知っておきましょう。

  • 「資格取得」
  • 「セミナーを受講」

「資格取得」

専門的な知識やスキルを高めたい時は、「資格取得」を目指すのがいちばん早いかもしれません。

例えばプログラマーなら、「基本情報技術者試験」「C言語プログラミング能力認定試験」「Javaプログラミング能力認定試験」などの資格取得を目指します。

試験に合格する事を目指すのはモチベーションになります。

また資格取得は、キャリアアップにつながるケースが多いのが魅力的です。

「セミナーを受講」

自分がしている業界以外で働きたい、転職を目指す人なら、各種セミナーを受講してみる方法があります。

その業界の専門家などが講師になり、働くためにはどのようなスキルや資格が必要かを教えてくれるため、一通りの知識を身につける事ができます。

icon まとめ

「自己研鑽」の意味や使い方を見てきました。

「自己研鑽」は社会人になると、必要性を強く感じ始めるものです。

なりたい自分になるためには、「自己研鑽」が必要ですので、早い段階から「自己研鑽」を始めて見てはいかがでしょうか。