意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「重要」の意味・類語【使い方や例文】

「重要」の意味や類語を紹介します。

さらに「重要」の使い方や「重要」を使った例文を紹介して行きます。

重要

Meaning-Book
「重要」の意味・類語【使い方や例文】>


目次

  • 「重要」の意味とは?
  • 「重要」の類語や言い換え・似た言葉
  • 「重要」の言葉の使い方
  • 「重要」を使った例文
  • 「重要」を使った言葉や意味を解釈


「重要」の意味とは?

「重要」という言葉は、いつでも使っているような耳に慣れた言葉だと思います。

ビジネスシーンで活躍されている人は、メールや書類などに、毎日のように「重要」という言葉を書いているかもしれません。

とはいえ言葉を知っている事と、意味や使い方を正しく知っている事は違いがあります。

そこであらためて「重要」の読み方や意味を見て行きましょう。

  • 「重要」の読み方
  • 「重要」の意味

「重要」の読み方

「重要」「じゅうよう」と読みます。

ほとんどの人が読み間違う事がない、読み慣れた言葉ではないでしょうか。

ただし「ちょうよう」などと読み間違えて覚えてしまっている人がいないとも限りません。

「重要」の読み方は「じゅうよう」だと、しっかり覚えておきましょう。

「重要」の意味

「重要」の意味をあらためて聞かれても、答えられないという人が多いかもしれません。

「重要」には「意義や必要性が大きい事」という意味があります。

例えば「重要な書類」という場合は、その書類に大きな意義があったり、大きな必要性があるという事になります。

また大きな意義があるか、大きな必要性があるかどうかを判断する時に、「客観性」がある事が重要になります。

主観的に「必要性が高い」「意義がある」という場合は、あまり「重要」という言葉がふさわしくないと考えられます。

このように「重要」という言葉には、「意義や必要性が大きい事」さらに、その判断を客観的に行っているという意味があります。



「重要」の類語や言い換え・似た言葉

「重要」の類語や言い換えられる似た意味の言葉を紹介します。

「重要」と言い換えられるような、似た意味の言葉にはどのようなものがあるのかを見て行きましょう。

  • 「貴重」
  • 「大事」
  • 「大切」

「貴重」

「重要」に並ぶような言葉として「貴重」があります。

「貴重」には、「値打ちがあり大切な事」という意味があります。

例えば「貴重な体験をする」という場合は、その体験に値打ちがある事、またその体験がその人にとって大切だと感じられる事という意味になります。

北欧の国に行ってオーロラを見る事は、現地の人にとっては「貴重」とは呼べない体験かもしれませんが、日本からはるばる出かけて行った人にとっては、値打ちがありたい瀬鬱な体験、つまり「貴重」な体験になるかもしれません。

また貴金属などは「貴重品」と呼ばれますが、貴金属には値打ちがありますので、まさに「貴重」な品々と言う事ができるでしょう。

「大事」

「大事」という言葉も、「重要」と横並びに出来るような言葉です。

「大事」には、「それが大きな位置を占める事」という意味があります。

「大事な人」という言い回しがありますが、「大事な人」はその人にとって大きな位置を占める存在という事になります。

例えば仲の良い夫婦の場合は、パートナーが人生の大きな位置を占めていますので、言葉には出さなくても妻や夫の事を「大事」だと感じているでしょう。

このように「大事」には、頭の中でいつでも大きなウェイトを占めているような物事、人を指します。

趣味を「大事」にしている人は、いつでも趣味の事を考えている人でしょう。

「大切」

「大切」という言葉も、いつでも使っているような、とてもメジャーな言葉だと思います。

「大切」には、「おろそかにしてはいけないもの」「なくてはならないもの」という意味が含まれています。

また「大切」かどうかは、客観的な視点より、主観的な視点で語られる事が多いでしょう。

例えば何でもない布切れや、ボロボロになったぬいぐるみを「大切」と言う人は、自分でも主観的な価値観だと気付いていると思います。

役に立つかどうかは別として、おろそかにできない、なくてはならないものは、「大切」という表現で気持ちを表現する事ができます。

ほとんど会わなくなった学生時代の友達は、「大事」というよりも「重要」というよりも「大切」という言葉の方がしっくりくるかもしれません。

「重要」の言葉の使い方

「重要」「意義や必要性が大きい事」という意味があります。

そのため、意義や必要性が大きいと感じた時に、「重要」という言葉を使うようにしましょう。

特に何かに対して必要性が大きいと感じる事は多いと思います。

例えばビジネス上、取得せざるを得ないような資格取得は、今後のビジネス人生を考えても意義や必要性が高いので、「重要」な存在になるでしょう。

このような資格については「重要な資格」と呼ぶ事になります。

また紛失したら契約ができないような書類は、「重要な書類」となりますし、取引先のあの人物さえ懐柔すれば大きな契約を取れるという人は、「重要人物」という事になります。

このように自分にとって、意義や必要性が大きいと感じる物事や人に対して「重要」という言葉を使ってみましょう。



「重要」を使った例文

「重要」という言葉を使った例文を紹介します。

「重要」を使った例文を見る事で、「重要」の意味や使い方を詳しく知りましょう。

  • 例文1
  • 例文2

例文1

ビジネスシーンで「重要」を使った例文を紹介します。

「この書類はとにかく『重要』だから、誰にも見せずにしっかりと管理してくれ」「あの人は契約を取るための『重要』なカギになる人だ。

あの人を怒らせる事が無いように細心の注意を払ってくれ」
「この仕事はお前の昇進にとって、『重要』な足がかりになる。

悔いの内容に精一杯がんばれ」
などです。

仕事には「重要な物とそうでもない物」が混ざっています。

「重要」な仕事をピックアップして、優先して行う事が大切になります。

例文2

日常生活で「重要」を使った例文を紹介します。

「麻婆豆腐を作る上で、片栗粉のとろみが『重要』です。

水の片栗粉の分量を間違えないように注意しましょう」
「もっと子育ての事を『重要視』してくれないと困る。

男親は仕事だけしていればいいわけじゃないのよ」
などです。

日常生活を送っていても、「重要」だと感じる事をしっかりする事が、毎日楽しく生きるコツかもしれません。

「重要」を使った言葉や意味を解釈

「重要」を使った言葉をいくつか紹介します。

定型句となっている言葉の意味を知ると、「重要」とは何かが分かってくるかもしれません。

  • 「重要文化財」
  • 「重要人物」

「重要文化財」

博物館などに行くのが好きな人なら「重要文化財」という言葉を知っているでしょう。

「重要文化財」は、日本にある建造物や美術品や工芸品、資料などの有形文化財の中で、歴史的価値や芸術的な価値が高いものを言います。

また文化財保護法によって、日本政府が「重要」だと指定した物を「重要文化財」と呼びます。

「重文」と縮めて使われる事が多いでしょう。

「国宝」の次に「重要」とされるため、博物館などでの展示を見る時に、どれが「重要」な作品なのかを知る目安になります。

「重要人物」

「重要人物」という言葉も良く使われます。

例えば警察を舞台にしたドラマを見ていると、犯罪の証拠を得るための「重要」な書類や、記憶を持っている人を「重要人物」と呼んでいるのが分かります。

また組織内で、この人がいないと組織を維持できないような必要性が高い人の事も「重要人物」と呼びます。

icon まとめ

「重要」という言葉の意味や使い方を見てきました。

あらためて「重要」という言葉に向き合ってみると、今後の使い方が変わるような気持ちになるかもしれません。

新鮮な気持ちで、「重要」という言葉を使ってみましょう。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。