意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「保有台数」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「保有台数」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「保有台数」という表現について詳しく紹介していきます。

保有台数

Meaning-Book
「保有台数」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「保有台数」の意味
  • 「保有台数」の表現の使い方
  • 「保有台数」を使った例文と意味を解釈
  • 「保有台数」の類語や類義語


「保有台数」の意味

「保有台数」の意味

「保有台数」というのは「公道を走れる車両を持っている数」という意味になります。

自動車検査登録協会は市区町村別、あるいは形状別の「保有台数」の詳細を握っており、これは前の月の「保有台数」にその月の新規登録台数を加え、当月の登録抹消台数を引いて算出します。

  • 「保有台数」の読み方

「保有台数」の読み方

「保有台数」の読み方は、「ほゆうだいすう」になります。

ニュースなどで聞く表現ですので、ぜひ知っておきましょう。



「保有台数」の表現の使い方

「保有台数」の表現の使い方

「保有台数」の表現の使い方を紹介します。

毎月国土交通省自動車交通局技術安全部管理課の所轄によって台数の計算がなされていると言われています。

例えばガソリン代が高くなれば、自動車の「保有台数」も変化する傾向にあると言われており、最近は「保有台数」が増えていると考えられます。

また、「保有台数」における交通事故の割合なども計算されることがあります。

「保有台数」を使った例文と意味を解釈

「保有台数」を使った例文と意味を解釈

「保有台数」を使った例文を紹介していきます。

  • 「保有台数」を使った例文1
  • 「保有台数」を使った例文2

「保有台数」を使った例文1

「女性が働くようになり、自動車の保有台数が増えました」

女性が働くようになり、「保有台数」が増えたと言われています。

専業主婦になるのが当たり前だった時代は、女性は家にいて家事をするという傾向にありました。

しかし最近は女性が働くようになり、女性も車を必要になったと考えられます。

それによって1世帯あたり2台以上の車を持つことが多くなり、「保有台数」が増えたと考えられるのです。

中には1世帯当たり3台以上の車を保有しているというケースも近年珍しくありません。

「保有台数」を使った例文2

「保有台数が1番多い都道府県は群馬県でした」

2017年の調査では、「保有台数」が1番多い間は群馬県だったと言われています。

その次が茨城県、次に栃木県、富山県、山梨県と続き、東京の「保有台数」が1番少ないという結果になりました。

東京の場合は公共交通機関が発達しているため、自動車がなくても生活できる傾向にあるといえます。

その一方で、田舎などは車がなければ生活しにくいかもしれません。



「保有台数」の類語や類義語

「保有台数」の類語や類義語

「保有台数」の類語や類義語を紹介します。

  • 「所有車」【しょゆうしゃ】
  • 「車の所有」【くるまのしょゆう】

「所有車」【しょゆうしゃ】

「所有車」というのは「所有している車」という意味であり、「自分のものとして持っている車」という意味になります。

持ち主は「車の所有者」になります。

「車の所有」【くるまのしょゆう】

「車の所有」というのは「車を持つ」ということになります。

「車の所有」をする場合は車検証等にも所有者として名前を書かなければいけないことがあります。

icon まとめ

「保有台数」という表現は車を持つからにはよく聞く表現かもしれません。

車を所有する場合は、交通事故に遭わないように気をつけていきたいものです。




関連記事





当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。