意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「煩う」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「煩う」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「煩う」という言葉を使った例文や、「煩う」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「煩う」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「煩う」とは?意味
  • 「煩う」の表現の使い方
  • 「煩う」を使った例文や短文など
  • 「煩う」の類語や類義語・言い換え


「煩う」とは?意味

「煩う」には、「あれこれと心を痛める」「心の中で苦しむ」という意味があります。

  • 「煩う」の読み方

「煩う」の読み方

「煩う」の読み方は、「わずらう」になります。



「煩う」の表現の使い方

「煩う」の表現の使い方を紹介します。

「煩う」は、「あれこれと心を痛める」「心の中で苦しむ」ことを意味します。

例えば、子供がいる親は、子供の様子がおかしいと、あれこれと心を痛めるかもしれません。

泣きながら家に帰ってきた子供を見た時、「泣いている子供を見て、親が心を煩う」などと、「煩う」という言葉を使い、親の気持ちを表現できます。

このように、あれこれと心を炒める様子を見た時、心の中で苦しむ様子を見た時に、「煩う」という言葉を使ってみましょう。

「煩う」を使った例文や短文など

「煩う」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「煩う」を使った例文1
  • 「煩う」を使った例文2

「煩う」を使った例文1

「彼氏が浮気しているのではないかと、彼女が気を『煩う』」

この例文は、ある女性が付き合っている男性が、浮気をしているのではないかと思い、あれこれと心を痛めている様子を文章にしたものです。

このように「煩う」には、「あれこれと心を痛める」「心の中で苦しむ」という意味があります。

浮気をしているかもしれないという状態で苦しむより、彼氏を問い詰めて、浮気をしているかどうか確かめた方がいいかもしれません。

「煩う」を使った例文2

「心を『煩っていた』人が、田舎暮らしをして元気を取り戻す」

この例文は、あれこれと思い悩んでいる人が、田舎暮らしをした結果、元気になったという文章になります。

これまでとはまるで違った環境に身を置くことで、元気になるという例があるため、田舎暮らしや引っ越しなどは、心を「煩っている」人にとって、有効な手段かもしれません。



「煩う」の類語や類義語・言い換え

「煩う」の類語や類似を紹介します。

  • 「心配する」【しんぱいする】
  • 「悩む」【なやむ】

「心配する」【しんぱいする】

「心配する」には「物事の先行きなどを気にかけて、心を痛める」という意味があります。

「明日の天気を心配する」「心配をかけないよう行きたい」などという使い方をします。

「悩む」【なやむ】

「悩む」「決めかねたり、解決の方法が見いだせないため、心を痛めたり、思い煩う様子」という意味があります。

「進路について悩む」「恋愛関係で悩む」などという使い方をします。

icon まとめ

「煩う」という言葉について見てきました。

あれこれと心を痛める様子や、心の中で苦しむ様子を言い表す時、「煩う」という言葉を使ってみましょう。


関連語



関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。