意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「功績」とは?意味や使い方!例文や解釈

「功績」という表現は「技術者としての素晴らしい功績」「社会に貢献する功績を残しました」といった文章で使用されますが、「功績」にはどんな意味があるのでしょうか?

「功績」の表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・功績と業績の違い・類義語・英語」などについて、詳しく解説していきます。

功績

Meaning-Book
「功績」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「功績」とは?
  • 「功績」の表現の使い方
  • 「功績」を使った言葉と意味を解釈
  • 「功績」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「功績」と「業績・実績」の意味の違い
  • 「功績」の類語や類義語・言い換え
  • 「功績」の英語と解釈
  • まとめ


「功績」とは?

「功績」とは?

「功績」という表現は、「社会・人々に貢献するような立派な働き」「何か(誰か)の役に立つ優れた成果」のことを意味しています。

「功績」というのは、「ある物事を成し遂げた手柄(てがら)」「賞賛・表彰に値するような素晴らしい成果・働き」のことを意味している表現なのです。

  • 「功績」の読み方

「功績」の読み方

「功績」の読み方は、「こうせき」になります。



「功績」の表現の使い方

「功績」の表現の使い方

「功績」の表現の使い方は、「社会・人々に貢献するような立派な働き(素晴らしい成果)」「ある物事を成し遂げた手柄」のことを指し示して使う使い方になります。

例えば、「彼のこの会社における功績は他の人とは比べることができないほどに大きなものでした」「機械メーカーの創業者である祖父には、地場産業振興の功績がありました」といった文章で使用することができるのです。

「功績」を使った言葉と意味を解釈

「功績」を使った言葉と意味を解釈

「功績」を使った言葉を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「功績を上げる」【こうせきをあげる】
  • 「功績を残す」【こうせきをのこす】
  • 「功績を称える」【こうせきをたたえる】

「功績を上げる」【こうせきをあげる】

「功績を上げる」という表現は、「ある分野において立派な働きをすること」「人々に賞賛されるに値する優れた成果を出すこと」を意味しています。

例えば、「彼は地域のスポーツ大会の陸上部門で優勝の功績を上げました」といった文章で使われます。

「功績を残す」【こうせきをのこす】

「功績を残す」という言葉は、「ある分野(ジャンル)において、社会・人々に貢献するような立派な成果(素晴らしい働きの足跡)を残すこと」を意味しています。

例えば、「あの医師は地域医療を充実させる献身的活動において大きな功績を残しました」などの文章で使うことができます。

「功績を称える」【こうせきをたたえる】

「功績を称える」という表現は、「ある人の優れた働きを賞賛(顕彰)すること」「ある人が世の中(人々)に貢献するような立派な成果を上げたことを褒めたたえること」を意味しています。

例えば、「彼女は文学者としての功績を称えられて、賞状と記念品を授与されました」といった文章で使用することができるのです。



「功績」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「功績」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「功績」を使った例文・短文などを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「功績」を使った例文1
  • 「功績」を使った例文2

「功績」を使った例文1

「彼女は生命科学の研究者として海外の大学でも功績を残しましたが、志半ばにして不治の病に倒れてしまったのです」

この「功績」を使った例文は、「功績」という表現を、「彼女は生命科学の研究者として海外の大学でも(世の中・人々に貢献するような)賞賛されるべき立派な成果・優れた働きの足跡を残した」という意味を持つ文脈で使っています。

「功績」を使った例文2

「大勢の国民が祝賀パレードが行われている沿道に集まり、オリンピック3連覇を成し遂げた彼の功績を惜しみなく称えました」

この「功績」を使った例文は、「オリンピック3連覇を成し遂げた彼の素晴らしい成果・働きを惜しみなく賞賛した」という意味合いで、「功績」という表現を使用しています。

「功績」と「業績・実績」の意味の違い

「功績」と「業績・実績」の意味の違い

「功績」という表現は、「世の中・人々の役に立つような立派な働き(優れた成果)」「物事を成し遂げた手柄」を意味しています。

それに対して、「業績」「会社の事業・研究活動などの具体的な成果(内容のある結果)」を意味していて、「実績」「外部に対して実際に示すことができる功績・業績」を意味している違いがあります。

「功績」「物事を成し遂げた手柄に関連する賞賛されるべき成果」に意味の重点があり、「業績」「会社の事業活動・研究などの具体的な内容・数字を伴う成果」に意味の重点がある違いが指摘できます。

「実績」の言葉は、「功績・業績を外に対して実際に明らかに示すこと」というニュアンスがあります。

「功績」の類語や類義語・言い換え

「功績」の類語や類義語・言い換え

「功績」の類語・類義語・言い換えを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「手柄・功名」
  • 「実績・事績」
  • 「功労・足跡」

「手柄・功名」

「手柄」の言葉は「人から褒められるような優れた働き・功績」を意味していて、「功名」の言葉は「手柄を立てることで名声を高めること」を意味しています。

これらの意味から、物事を成し遂げた手柄・成果を示す「功績」とほぼ同じような意味を持つ類語(シソーラス)として、「手柄・功名」の表現を上げられます。

「実績・事績」

「実績」というのは、「実際に外に示すことのできる素晴らしい成果・働きの結果」を意味する言葉です。

「事績」の言葉は、「自分が成し遂げた仕事とその功績」を意味しています。

この意味合いから、社会・人々に貢献するような立派な成果を意味する「功績」の表現は、「実績・事績」という表現に言い換えることが可能なのです。

「功労・足跡」

「功労」とは、「功績と功績を上げるためにした努力(骨折り)」を意味する言葉です。

「足跡」という表現は、「自分がした行為の痕跡」「事業・研究などで残した優れた功績」を意味しています。

その意味から、世の中の役に立つ優れた成果を示す「功績」と近い類似の意味を持つ類義語として、「功労・足跡」を指摘できます。

「功績」の英語と解釈

「功績」の英語と解釈

「功績」という言葉を英語で表現して、その意味を解釈していきます。

“achievement”(成し遂げたこと・達成したこと・功績)

“credit”(名誉・功労・名声・功績)

“credit goes to~”(~の功績である)

“distinguished service”(他と区別される貢献や奉仕・功労・功績)

“render services to~”(~に功績を上げる)

“meritorious deed”(メリットのある行為・功労・功績)

“He performed a meritorious deed in that field of research.”

「功績」の言葉を使ったこの英語の例文は、「彼はその研究分野で功績を立てました」ということを意味しています。

まとめ

まとめ

この記事で説明した「功績」の表現には、「社会に貢献するような立派な働き」「ある物事を成し遂げた手柄」「人々の役に立つような優れた成果」などの意味があります。

「功績」の類語・類義語として、「手柄・功名」「実績・事績」「功労・足跡」などがあります。

「功績」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。




関連記事





当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。