意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「念願」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「念願」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「念願」という言葉を使った例文や、「念願」の類語を紹介して行きます。

念願

Meaning-Book
「念願」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「念願」とは?意味
  • 「念願」の表現の使い方
  • 「念願」を使った例文や短文など
  • 「念願」の類語や類義語・言い換え


「念願」とは?意味

「念願」には、「希望する物事に期待を持って願いをかけること」という意味があります。

  • 「念願」の読み方

「念願」の読み方

「念願」の読み方は、「ねんがん」になります。



「念願」の表現の使い方

「念願」の表現の使い方を紹介します。

「念願」には、「希望する物事に期待を持って願いをかけること」という意味があります。

そのため、誰かが常に心にかけて強く望んでいる様子を見た時、また自分の思いに気が付いた時に、「念願」という言葉を使ってみましょう。

例えば、子供の頃から欲しいと思っていた自動車があり、大人になって給料をもらったため、ようやく購入できたとします。

ずっとその自動車が欲しいと強く望んでいた場合は、「念願の○○という自動車を購入した」などと、「念願」を使った文章にできます。

「念願」を使った例文や短文など

「念願」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「念願」を使った例文1
  • 「念願」を使った例文2

「念願」を使った例文1

「『念願』の自社ビルを建てて、社長はご満悦だ」

この例文には、創業当時から常に心にかけて強く望んでいた自社ビルを建てた社長が、子心から喜んでいるという文章になります。

このように「念願」には、「希望する物事に期待を持って願いをかけること」という意味があります。

自社ビルを建てたいという思いをモチベーションにして、会社経営をしている人も少なくないかもしれません。

「念願」を使った例文2

「子供の頃からの『念願』だった、パリに行く」

この例文は、子供の頃から、常に行きたいと強く思っていた、フランスのパリに行くことになったという文章になります。

海外の国に憧れて、長い期間温めて、大人になって始めて行く時は、「念願の海外旅行」になるかもしれません。



「念願」の類語や類義語・言い換え

「念願」の類語や類似を紹介します。

  • 「悲願」【ひがん】
  • 「夢」【ゆめ】

「悲願」【ひがん】

「悲願」には、「ある物事を成し遂げたいと思う痛切な思いのこと」という意味があります。

例えば、甲子園出場が果たせずに、創部してから何十年も経つ高校は、甲子園出場を是非とも成し遂げたいという悲壮な思いがあるかもしれません。

そのため、「甲子園出場が悲願だ」などと「悲願」という言葉を使って思いを表します。

「夢」【ゆめ】

「夢」には、「将来実現させたい、大切な願望」という意味があります。

例えば、「億万長者になるのが夢だ」という言葉には、「将来、億万長者になりたい」という意味があります。

「夢を叶える」「夢を見る」などという使い方をします。

icon まとめ

「念願」という言葉について見てきました。

常に心にかけて強く望むことについて話す時、「念願」という言葉を使ってみましょう。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。