意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「順当に進める」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「順当に進める」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「順当に進める」という言葉を使った例文や、「順当に進める」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「順当に進める」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「順当に進める」とは?意味
  • 「順当に進める」の表現の使い方
  • 「順当に進める」を使った例文や短文など
  • 「順当に進める」の類語や類義語・言い換え


「順当に進める」とは?意味

「順当に進める」には、「順序や道理の上から見て、適当であると感じられるように、進めて行く」という意味があります。

  • 「順当に進める」の読み方

「順当に進める」の読み方

「順当に進める」の読み方は、「じゅんとうにすすめる」になります。



「順当に進める」の表現の使い方

「順当に進める」の表現の使い方を紹介します。

「順当に進める」には、「順序や道理の上から見て、適当であると感じられるように、進めて行く」という意味があります そのため、そのように進めて行く様子を見た時に、「順当に進める」という言葉を使ってみましょう。

例えば、仕事の進め方を見た時、明らかに間違っているように見えることがあります。

一方で、順序や道理上、適当だと考えられる進め方に見えることもあります。

後者の場合は、「仕事を順当に進めているように見える」などと、「順当に進める」という言葉を使って、状況を説明できます。

「順当に進める」を使った例文や短文など

「順当に進める」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「順当に進める」を使った例文1
  • 「順当に進める」を使った例文2

「順当に進める」を使った例文1

「難しく考えず、仕事を『順当に進める』ようにしよう」

この例文は、ある仕事の進め方に関しての文章になります。

仕事の進め方に悩んでいる人に対して、難しく考えないで、順序や道理の上から見て、適当な進め方をすればいいとアドバイスしています。

このように「順当に進める」には、「順序や道理の上から見て、適当であると感じられるように、進めて行く」という意味があります。

「順当に進める」を使った例文2

「『順当に進める』だけでは物足りなく感じる」

この例文は、物事を順序や道理の上から見て、適当に思えるよう、進めるだけでは物足りないと感じている人についての文章になります。

もっと予想外で意外性のある進め方がしたいと感じているのかもしれません。



「順当に進める」の類語や類義語・言い換え

「順当に進める」の類語や類似を紹介します。

  • 「順序通り進める」【じゅんじょどおりすすめる】
  • 「適切に進める」【てきせつにすすめる】

「順序通り進める」【じゅんじょどおりすすめる】

「順序通り進める」には、「あらかじめ決まっている順番通りに、物事を進める」という意味があります。

「披露宴を順番通りに進める」「体育祭を順序通り進める」などという使い方をします。

「適切に進める」【てきせつにすすめる】

「適切に進める」には、「状況や目的などにぴったりあてはまるよう進めて行く」という意味があります。

「仕事を適切に進める」「イベントを適切に進める」などという使い方をします。

icon まとめ

「順当に進める」という言葉について見てきました。

順序や道理の上から見て、適当であると感じられるように、進めて行く様子を見た時、「順当に進める」という言葉を使ってみましょう。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。