意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「人当たり」とは?意味や使い方!例文や解釈

「人当たり」という表現は「人当たりの良さで彼女はみんなに好かれていました」「人当たりの悪さを直したい」といった文章で使うことができますが、どんな意味を持っているのでしょうか?

「人当たり」「意味・読み方・使い方・例文・類義語・英語と解釈」などについて、詳しく解説していきます。

人当たり

Meaning-Book
「人当たり」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「人当たり」とは?
  • 「人当たり」の表現の使い方
  • 「人当たり」を使った言葉と意味を解釈
  • 「人当たり」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「人当たり」と「取っ付き」の意味の違い
  • 「人当たり」の類語や類義語・言い換え
  • 「人当たり」の英語と解釈


「人当たり」とは?

「人当たり」とは?

「人当たり」という表現は、「人(相手)と会ったり話したりした時の印象・感じ・イメージ」のことを意味しています。

「人当たり」というのは、「深い付き合いにまではいっていない対人関係における印象・感覚・評価」のことを意味している表現なのです。

例えば、「人当たりが良い・人当たりが悪い・人当たりが柔らかい・人当たりがきつい」といった慣用句的な表現もよく使われています。

  • 「人当たり」の読み方

「人当たり」の読み方

「人当たり」の読み方は、「ひとあたり」になります。



「人当たり」の表現の使い方

「人当たり」の表現の使い方

「人当たり」の表現の使い方は、「人と会ったり接したりした時の対人的な感じ・印象・評価」といった意味合いで使うという使い方になります。

例えば、「人当たりが悪い人と一緒にいると、どうしても無口になったり不快な気分になったりしやすいのです」といった文章で使うことができます。

「人当たり」を使った言葉と意味を解釈

「人当たり」を使った言葉と意味を解釈

「人当たり」を使った言葉を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「人当たりが良い」
  • 「人当たりがきつい」【ひとあたりがきつい】
  • 「人当たりが柔らかい」【ひとあたりがやわらかい】

「人当たりが良い」

「人当たりが良い」という表現は、「他人と会ったり会話したりした時の感触・印象などが良いさま」を意味しています。

例えば、「友人の旦那さんは人当たりが良いので、大勢の人たちから好かれて慕われています」といった文章で使用することができます。

「人当たりがきつい」【ひとあたりがきつい】

「人当たりがきつい」という言葉は、「相手と会ったり接したりした時の感じ(印象)が、冷淡・厳格・拒絶的であるさま」を意味しています。

例えば、「彼はいつもむやみに人当たりがきついので、本当はそんなに悪い人ではないのですが、性格が悪いと誤解を受けやすくなっています」といった文章で使われます。

「人当たりが柔らかい」【ひとあたりがやわらかい】

「人当たりが柔らかい」という表現は、「その人と会ったり会話したりした時の印象・感覚がソフトで安心できるさま」を意味しています。

例えば、「大学時代、人当たりが柔らかくて常に笑顔だった彼女は、多くの男子から話しやすい女子として好意を寄せられていました」といった文章で使うことができます。



「人当たり」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「人当たり」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「人当たり」を使った例文・短文などを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「人当たり」を使った例文1
  • 「人当たり」を使った例文2

「人当たり」を使った例文1

「サラリーマンとして会社組織に適応してキャリアを積みたいのであれば、人当たりの良さも意識していく必要があります」

この「人当たり」を使った例文は、「人当たり」という表現を、「他者と接したり話したりした時の印象(感触)の良さも意識していく必要」といった意味合いの文章で使っています。

「人当たり」を使った例文2

「人当たりを少しでも改善するために、できるだけ多くの人とコミュニケーションをするトレーニングに参加しています」

この「人当たり」を使った例文は、「他人と会ったり話したりした時の対人的な感じ・イメージを少しでも改善する」といった意味を持つ文脈で、「人当たり」という表現を使用しています。

「人当たり」と「取っ付き」の意味の違い

「人当たり」と「取っ付き」の意味の違い

「人当たり」「取っ付き」の意味の違いは、「人当たり」の表現は「他人と会ったり接したりした時の感じ・印象」を意味していますが、「取っ付き」の表現は「その相手と初めて会った時の第一印象」を意味しているという違いになります。

「人当たり」という言葉は、「対人関係における第一印象」だけを意味しているわけではありませんが、「取っ付き」という言葉は、「初めてその人と会った時の第一印象、話しやすさ」だけを意味しているという違いがあるのです。

また「取っ付き」には「最初・手初め」の意味もありますが、「人当たり」にはそういった意味はありません。

「人当たり」の類語や類義語・言い換え

「人当たり」の類語や類義語・言い換え

「人当たり」の類語・類義語・言い換えを紹介して、その意味を説明していきます。

  • 「人付き」【ひとづき】
  • 「取っ付き」【とっつき】
  • 「相手の印象・対人のイメージ」

「人付き」【ひとづき】

「人付き」という表現は、「人付き合い・他者との付き合いぶり」「相手が受け取る自分の印象・感じが良いか悪いかの人受け」を意味しています。

その意味合いから、他者と会った時の感じ・印象を示唆する「人当たり」とほとんど同じ意味を持つ類語(シソーラス)として、「人付き」を上げられます。

「取っ付き」【とっつき】

「取っ付き」という言葉は、「その人と初めて会った時の対人的な印象・第一印象」「最初・手初め・物事の始まり」を意味しています。

この意味合いから、他者と会ったり話したりした時のイメージ・印象を意味する「人当たり」の表現は、「取っ付き」という表現で言い換えることが可能なのです。

「相手の印象・対人のイメージ」

「人当たり」という表現は、「その相手と会ったり話したりした時の印象」「対人関係における自分のイメージ・取っ付きやすさ」のことを意味しています。

それらの意味合いから、「人当たり」と近しい類似の意味を持つ類義語として、「相手の印象・対人のイメージ」を指摘できるのです。

「人当たり」の英語と解釈

「人当たり」の英語と解釈

「人当たり」という言葉を英語で書き表して、その意味を解釈すると以下のようになります。

“impressions of others”(他者の抱く印象・人当たり) “impress people favorably ”(人に良い印象を与える・人当たりが良い) “affable, nice, friendly”(取っ付きやすい・友好的な・フレンドリーな・人当たりが良い) “Cute she is friendly and easy to talk to whenever.” 「人当たり」という言葉を使ったこの英語の例文は、「かわいい彼女は、いつも人当たりが良いので話しかけやすいのです」ということを意味しています。

icon まとめ

この記事で解説した「人当たり」の表現には、「他者と会ったり話したりした時に、その人に与える感じ・印象」などの意味があります。

「人当たり」の類語・類義語・言い換えとして、「人付き」「取っ付き」「相手の印象・対人のイメージ」などがあります。

「人当たり」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。




関連記事





当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。