意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「仕掛ける」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「仕掛ける」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「仕掛ける」という言葉を使った例文や、「仕掛ける」の類語を紹介して行きます。

仕掛ける

Meaning-Book
「仕掛ける」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「仕掛ける」とは?
  • 「仕掛ける」を使った例文や短文など
  • 「仕掛ける」の類語や類義語・言い換え


「仕掛ける」とは?

「仕掛ける」という言葉を知っているでしょうか。

「ドッキリを仕掛ける」テレビ番組を見たことがあるかもしれません。

一方で、「仕掛ける」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「仕掛ける」という言葉の意味を紹介します。

  • 「仕掛ける」の読み方
  • 「仕掛ける」の意味

「仕掛ける」の読み方

「仕掛ける」「しかける」と読みます。

特に難しい言葉が使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「仕掛ける」「しかける」と読みましょう。

「仕掛ける」の意味

「仕掛ける」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「仕掛ける」には、「相手に対してこちらから働きかける」という意味があります。

また「相手が乗ってくるように扱う」という意味もあります。

「ドッキリを仕掛ける」には、ドッキリの趣旨にそうような行動を相手にさせるように扱うという意味があります。

このように「仕掛ける」という言葉には、「相手に対してこちらから働きかける」「相手が乗ってくるように扱う」という意味があります。



「仕掛ける」を使った例文や短文など

続いて「仕掛ける」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「仕掛ける」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「仕掛ける」を使った例文1
  • 「仕掛ける」を使った例文2

「仕掛ける」を使った例文1

「気に入らない人に対して、ケンカを『仕掛ける』」

この例文には、気に入らない人に、自分からケンカをするように働きかけるという意味があります。

もし自分からケンカをするよう促さなければ、ケンカにならないような時、「ケンカを仕掛ける」と表現します。

「仕掛ける」を使った例文2

「プロレスラーが、敵に技を『仕掛ける』」

この例文には、プロレスラーが敵に対して自ら技を繰り出した場面になります。

このように相手に対して自分から、プロレス技や相撲の技などをする時に、「仕掛ける」という言葉を使います。

「仕掛ける」の類語や類義語・言い換え

「仕掛ける」の類語や類似表現を紹介します。

「仕掛ける」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「乗り出す」【のりだす】
  • 「取り掛かる」【とりかかる】

「乗り出す」【のりだす】

「乗り出す」「体を前や外の方に出す」という意味や、「船に乗って広い所へ出て行く」という意味があります。

「体を乗り出し手を振る」、また「大海原へ乗り出す」「太平洋へ乗り出す」などという使い方をします。

「取り掛かる」【とりかかる】

「取り掛かる」には、「取り掛かる」には、「始める」という意味があります。

「仕事に取り掛かる」には「仕事を始める」という意味があります。

「作業に取り掛かる」「掃除に取り掛かる」などという使い方をします。



icon まとめ

「仕掛ける」という言葉について見てきました。

相手に対して働き掛ける時、相手が乗ってくるように扱う時、「仕掛ける」という言葉を使ってみましょう。