意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「貴重な作品」とは?意味や類語!例文と解釈

何気ない言葉もじっくりと、その意味を調べてみると、とても奥深い意義があることがあります。

例えば、「貴重な作品」という言葉も、日常生活の中では、特別に難しい表現ではありませんが、とても味わいのあるものに感じられることがあります。

そこで今回は、この「貴重な作品」について考察していくことにします。

貴重な作品

Meaning-Book
「貴重な作品」とは?意味や類語!例文と解釈>


目次

  • 「貴重な作品」とは?
  • 「貴重な作品」の英語と解釈
  • 「貴重な作品」の表現の使い方
  • 「貴重な作品」を使った例文と意味を解釈
  • 「貴重な作品」の類語や類義語


「貴重な作品」とは?

「貴重な作品」とは?

「貴重な作品」「貴重な」「作品」の2つの言葉から作り出された言葉です。

「貴重な」「非常に価値のあるさま」「きわめて大切なさま」という意味があり、「作品」とは「製作した品」のことを言い、「文芸・音楽・美術工芸などの芸術的製作物」を指して使うことがあります。

そのことから、「貴重な作品」「とても価値のある作品」という意味になってきます。

  • 「貴重な作品」の読み方

「貴重な作品」の読み方

「貴重な作品」「きちょうなさくひん」という読み方をします。



「貴重な作品」の英語と解釈

「貴重な作品」の英語と解釈

「貴重な作品」を英語で言うなら、“Precious work”という言葉で表現することができます。

「貴重な作品」の表現の使い方

「貴重な作品」の表現の使い方

「貴重な作品」「非常に価値のあるもので、芸術品・絵画・文学などの作品」という意味合いがあるので、歴史的に有名な作品を指して使うことになります。

著名な小説家や音楽家などが残した作品も「貴重な作品」と言えます。



「貴重な作品」を使った例文と意味を解釈

「貴重な作品」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「貴重な作品」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「貴重な作品」を使った例文1
  • 「貴重な作品」を使った例文2

「貴重な作品」を使った例文1

「このテーブルは、ヨーロッパの歴史を物語る貴重な作品なので、どれ程の値が付くが分からない」

工芸品の中には、歴史を証明するような「貴重な作品」がたくさんあります。

そのおかけで、実際にどのような出来事があったのかなど、その作品を見ているだけで、理解できる要素が含まれていることもあります。

「貴重な作品」を使った例文2

「古今和歌集は、平安時代の写本として、非常に貴重な作品であり、日本の書道や、文学で重要な位置を占めている」

日本にも古くから「古今和歌集」の他にも数多くの詩集が残されています。

これらの詩集は、書道の世界で「貴重な作品」と位置付けられますが、当時の文化や人の思想なども見て取ることができます。

そのような意味で歴史を裏付けする「貴重な作品」としては扱われることができます。

「貴重な作品」の類語や類義語

「貴重な作品」の類語や類義語

「貴重な作品」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「価値のある作品」【かちのあるさくひん】
  • 「高価な作品」【こうかなさくひん】

「価値のある作品」【かちのあるさくひん】

「価値のある作品」「貴重な作品」の類義語として扱いことができます。

この言葉は、「値打ちのある作品」という意味になりますが、ここで言う「価値」は、金銭的な価値だけでなく、文化的な価値なども含まれています。

「高価な作品」【こうかなさくひん】

「効果な作品」という言葉もあります。

これも類義語の1つになりますが、「高い価値のある作品」ということをなります。

icon まとめ

「貴重な作品」という言葉の意味を見てきましたが、日常的に使うことにことができる表現のために、言葉の意味を意識することが少なかったかもしれません。

しかし、実際に使ってみると、意義深い使い方ができることも分かってきます。

「貴重な作品」というと、「金銭的に高い値打ちのある作品」だけでなく、「歴史的評価の高い作品」であったり、「文化的な価値のある作品」など様々です。

もしかすると、自宅の倉庫や蔵に眠っている作品も「貴重な作品」である可能性があるかもしれません。




関連記事





当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。