意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「欠点をさらす」の意味とは!類語や概要

「欠点をさらす」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「欠点をさらす」という表現について詳しく紹介していきます。

欠点をさらす

Meaning-Book
「欠点をさらす」の意味とは!類語や概要>


目次

  • 「欠点をさらす」とは?
  • 「欠点をさらす」の表現の使い方
  • 「欠点をさらす」を使った例文と意味を解釈
  • 「欠点をさらす」の類語や類義語


「欠点をさらす」とは?

「欠点をさらす」というのは自分の欠点や短所などを人に見せる、むき出しの状態にする、という意味です。

欠点というのは改めるべきところという意味であり、弱点や短所という意味ですよね。

さらすというのは誰の目にも作むき出しの状態にする、という意味であり、人に見せるという意味になります。

つまり、「欠点をさらす」というのは自分の欠点を人に見せるという意味であり、自分の弱さを隠さないという意味になります。



「欠点をさらす」の表現の使い方

誰にでも欠点はあるものです。

しかし、その欠点は人には見られたくない、できれば隠しておきたい、と感じる人もいるのではないでしょうか。

特に初対面の人には自分の欠点を見られたくないと感じる人も多いでしょう。

しかし、心を許した人には自分の欠点を見られても良い、むしろ欠点を隠す必要がないから気が楽、ということもあるかもしれませんね。

このような時に「欠点をさらす」という表現が使われます。

「欠点をさらす」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

  • 「欠点をさらす」を使った例文1
  • 「欠点をさらす」を使った例文2

「欠点をさらす」を使った例文1

「できれば欠点はさらしたくない」

どのような人に対しても、極力欠点をさらしたくないと感じる人もいるかもしれません。

自分の弱さは見られたくない、自分は強い人間でありたい、と感じる場合、どうしても人には欠点を見せたくないと感じてしまうかもしれないですね。

自分の欠点が何なのかしっかりわかっているのであれば、もしかしたら欠点を見せないように、さらさないように注意することも可能かもしれません。

「欠点をさらす」を使った例文2

「彼は気を許し、私に欠点をさらしてくれた」

誰かと仲良くなったとき、その人に対して気を許せるようになると、欠点を見せても大丈夫だと思えるのではないでしょうか。

確かに誰彼構わず自分の欠点を見せるという事は不可能かもしれませんが、自分が信頼できる人に対してはあまり気にしなくて良いですよね。



「欠点をさらす」の類語や類義語

ここでは類義語を紹介していきます。

  • 「弱点を見せる」【じゃくてんをみせる】
  • 「弱みを見せる」【よわみをみせる】

「弱点を見せる」【じゃくてんをみせる】

「弱点を見せる」というのは弱いところを見せるという意味であり、自分の欠点を人に見せるということです。

他人には自分の欠点を見せたくないという人も多いのではないでしょうか。

「弱みを見せる」【よわみをみせる】

「弱みを見せる」というのは弱いところを周りに見られるようにする、という意味です。

「弱み」というのは短所を指します。

icon まとめ

「欠点をさらす」という表現は日常的にも使えますのでぜひ覚えておきましょう。

自分の欠点をしっかり把握することも大切ですね。

また、誰か他の人の欠点を見たときに批判しないということも大切です。