意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「温和」とは?意味や使い方!例文や解釈

「温和」とは、「性質・性格などが落ち着いていて、優しく穏やかなさま」を意味する言葉です。

「温和」「意味・読み方・使い方・温和を使った言葉・例文と解釈・反対語・類語(シソーラス)や言い換え・英語と解釈」について、詳しく説明していきます。

Meaning-Book
「温和」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「温和」とは?
  • 「温和」の表現の使い方
  • 「温和」を使った言葉と意味を解釈
  • 「温和」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「温和」の反対語
  • 「温和」の類語や類義語・言い換え
  • 「温和」の英語と解釈


「温和」とは?

「温和」という表現は、「性質・性格などが落ち着いていて、優しく穏やかなさま」を意味しています。

更に「温和」という言葉には、「気候が暖かくて過ごしやすく、厳しい変化や過酷な寒さ・乾燥などがない」「物事・行動の印象が柔らかくて人に受け入れてもらいやすいこと」といった意味もあります。

  • 「温和」の読み方

「温和」の読み方

「温和」の読み方は、「おんわ」になります。



「温和」の表現の使い方

「温和」の表現の使い方は、「性質・性格などが優しくて穏やかであり、とげとげしさ・冷たさが感じられない場合」に使うという使い方になります。

例えば、「民宿の主人が温和で気さくな人で居心地が良かった」といった文章で使えます。

「温和」というのは、「気候が温暖で過ごしやすく、暑さ寒さの厳しさがない」といった意味で使うことができる表現です。

また、「物事において角を立てず、人から受け入れられやすい」といった意味で、「温和」という表現を使うこともあります。

「温和」を使った言葉と意味を解釈

「温和」を使った言葉を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「温和な性格」【おんわなせいかく】
  • 「温和な気候」【おんわなきこう】
  • 「温和な会合」【おんわなかいごう】

「温和な性格」【おんわなせいかく】

「温和な性格」という表現は、「激しさ・きつさ(攻撃性)がない、落ち着いていて優しく穏やかな性格傾向」を意味しています。

例えば、「やはり恋愛でも婚活でも、私は温和な性格の女性に自然に魅力を感じてしまうのです」といった文章で使うことができます。

「温和な気候」【おんわなきこう】

「温和な気候」という言葉は、「暑さ・寒さ・乾燥・大雨などの気候の厳しさや激しさがない温暖で過ごしやすい気候」を意味しています。

例えば、「地球温暖化の影響なのか、過ごしやすい適度な気温が続く温和な気候の地域が激減しています」といった文章で使われています。

「温和な会合」【おんわなかいごう】

「温和な会合」という表現は、「お互いに激しく対立したり口論をしたりすることがない穏やかな雰囲気の集まり(話し合いの場)」を意味しています。

例えば、「今回の委員会では来年の予算の使徒について話し合いましたが、温和な会合の雰囲気のままで終わりました」といった文章で使用できます。



「温和」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「温和」を使った例文・短文などを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「温和」を使った例文1
  • 「温和」を使った例文2

「温和」を使った例文1

「言い合いもできない彼女の温和な性格を知っていて、彼は彼女を騙す目的で近づいていたようです」

この「温和」を使った例文は、「言い合いもできない彼女の(他者に対する激しさのない)穏やかで優しい性格を知っていて、彼は彼女を騙す目的で近づいていたようだ」ということを意味しています。

「温和」を使った例文2

「半世紀までヨーロッパ半島の大半は温和な気候でしたが、今年のパリが42度の猛暑・熱波に襲われたように近年は地球温暖化の影響を強く受けています」

この「温和」を使った例文は、「半世紀までヨーロッパ半島の大半は温暖で涼しく過ごしやすい気候でしたが、今年のパリが42度の猛暑・熱波に襲われたように近年は地球温暖化の影響を強く受けている」ということを意味しています。

「温和」の反対語

「温和」の反対語を紹介して、その意味を説明していきます。

  • 「粗暴」【そぼう】

「粗暴」【そぼう】

「温和」の反対語は、「粗暴」になります。

「粗暴」という表現は、「性格・気質などが荒々しくて穏やかさがなく、暴力的・攻撃的であるさま」を意味しています。

その意味から、性格・性質が落ち着いていて穏やかで優しいを意味する「温和」とは反対の意味を持つ反対語として、「粗暴」を指摘することができるのです。

「温和」の類語や類義語・言い換え

「温和」の類語・類義語・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

  • 「温か・和やか」
  • 「穏和・物腰が柔らかい」
  • 「温暖・温順」

「温か・和やか」

「温和」の類義語・言い換えとして、「温か・和やか」があります。

「温和」という表現は「気質・性格・気候などが暖かいこと、激しさがなくてなごやかなさま」を意味しています。

それらの意味から、「温和」と良く似た意味を持つ類義語として、「温か・和やか」を指摘できます。

「穏和・物腰が柔らかい」

「温和」の類語・言い換えとして、「穏和・物腰が柔らかい」があります。

「穏和」という表現は、「激しさや厳しさがなくて穏やかでなごやかなさま」「性質・状態などが落ち着いていて穏やかなこと」を意味しています。

「物腰が柔らかい」というのは、「他者に対して温和・柔軟で、厳しさ・怖さを感じさせない態度や雰囲気」を意味する表現です。

それらの意味から、「温和」の表現は「穏和・物腰が柔らかい」という表現に言い換えることが可能なのです。

「温暖・温順」

「温和」の類義語・言い換えには、「温暖・温順」があります。

「温和」という表現には、「気候が温暖で過ごしやすいさま」「気候に寒さ・厳しさがなくて温順であること」といった意味もあります。

それらの意味から、気候の特徴を示す「温和」と近しい意味を持つ類義語(シソーラス)として、「温暖・温順」という言葉を指摘することができます。

「温和」の英語と解釈

「温和」という言葉を英語で書き表すと、以下のようになります。

“gentle”(優しい・穏やかな・紳士的な・温和な) “mild, mildness”(穏やかな・マイルドな・気候が温暖な・温和な・温和・温暖) “genial”(明るくて優しい・愛想が良い・親切な温和な)

  • “He was liked by everyone because he had a genial disposition.”

“He was liked by everyone because he had a genial disposition.”

「温和」という言葉を使ったこの英語の例文は、「彼は温和な性質(性格)だったので、みんなから好かれていました」ということを意味しています。

icon まとめ

「温和」という言葉について徹底的に解説しましたが、「温和」には「性質・性格などが落ち着いていて、優しく穏やかなさま」などの意味があります。

「温和」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「温か・和やか」「穏和・物腰が柔らかい」「温暖・温順」などがあります。

「温和」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。