意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「黙々とこなす」の意味とは!言葉を徹底解説

「黙々とこなす」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「黙々とこなす」という言葉を使った例文や、「黙々とこなす」の類語を紹介して行きます。

黙々とこなす

Meaning-Book
「黙々とこなす」の意味とは!言葉を徹底解説>


目次

  • 「黙々とこなす」とは?
  • 「黙々とこなす」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「黙々とこなす」を使った例文や短文など


「黙々とこなす」とは?

「黙々とこなす」という言葉を知っているでしょうか。

「単純な作業を、黙々とこなす」という経験があるかもしれません。

一方で、「黙々とこなす」という言葉を、今回初めて知った人もいるでしょう。

そこで「黙々とこなす」という言葉の意味を紹介します。

  • 「黙々とこなす」の読み方
  • 「黙々とこなす」の意味

「黙々とこなす」の読み方

「黙々とこなす」「もくもくとこなす」と読みます。

「黙々」「もくもく」と読みます。

これを機会に、「黙々とこなす」「もくもくとこなす」と読みましょう。

「黙々とこなす」の意味

「黙々とこなす」という言葉の意味を紹介します。

「黙々とこなす」は、物事を淡々と処理し進めていく事です。



「黙々とこなす」の類語や類似表現や似た言葉

次に「黙々とこなす」の類語や類似表現を紹介します。

「黙々とこなす」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「粛々と進める」【しゅくしゅくとすすめる】
  • 「淡々とこなす」【たんたんとこなす】

「粛々と進める」【しゅくしゅくとすすめる】

「粛々と進める」には、「厳かに進める」「強い意志で進める」という意味があります。

政治改革などを、強い意志で進めると決意表明する時などに、「粛々と進める」という言葉が登場します。

「淡々とこなす」【たんたんとこなす】

「淡々とこなす」には、「物事をするにあたり、感情を表に出さない様子」という意味があります。

「仕事を淡々とこなす」という文章には、「仕事を、感情を表に出さずに、進めて行く」という意味があります。

「辛い作業を淡々とこなす」「面倒な役割を淡々とこなす」などという使い方をします。

「黙々とこなす」を使った例文や短文など

続いて「黙々とこなす」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「黙々とこなす」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「黙々とこなす」を使った例文1
  • 「黙々とこなす」を使った例文2

「黙々とこなす」を使った例文1

「地味な作業を『黙々とこなす』人が、本当に偉い人だ」

この例文は、地味で目立たない作業を、淡々とこなせる人ほど、立派な人だという意味があります。

派手な仕事はモチベーションが上がりやすいものですが、地味な仕事はモチベーションが上がりにくいため、「黙々とこなせる」人は立派と言えるでしょう。

「黙々とこなす」を使った例文2

「感情を表に出さず『黙々とこなす』」

この例文は、面倒だとか、辛いとかの感情を表に出さずに、淡々と作業をこなす様子を、「黙々とこなす」と表現できます。

避けて通れない作業なら、辛そうな態度を見せず、淡々と進めて行く方が、気分的に良いのかもしれません。



icon まとめ

「黙々とこなす」という言葉について見てきました。

仕事などを淡々とこなしていく時、またそのような様子を見た時に、「黙々とこなす」という言葉を使ってみましょう。