意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「付け加える」とは?意味や言い換え!例文と解釈

皆さんは、「付け加える」という言葉を耳にしたことあるかと思います。

この言葉は日常生活の中だけでなく、ビジネスの場面でも使われる機会が多い言葉の1つでしょう。

しかし、よく使われている言葉だけに何となく聞いているだけで、サラリと流してしまっている場合もあるかもしれません。

そこで今回は、この「付け加える」についてフォーカスしていくことにします。

付け加える

Meaning-Book
「付け加える」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「付け加える」とは?
  • 「付け加える」と「付け足す」は同じ意味?
  • 「付け加える」の表現の使い方
  • 「付け加える」を使った例文と意味を解釈
  • 「付け加える」の類語や類義語・言い換え


「付け加える」とは?

「付け加える」とは、「すでにあるものの上に更に加える」「今まであるものに別の何かを加える」という意味がある言葉です。

  • 「付け加える」の読み方

「付け加える」の読み方

「付け加える」「つけくわえる」と言う読み方をしますが、難しい発音の文字が使われているのではないので、間違わないようにしっかりとチェックしておきましょう。



「付け加える」と「付け足す」は同じ意味?

「付け加える」と同じ語感を持つ言い回しに「付け足す」という言葉があります。

これも「すでにあるものの上に更に後から増し加える」という意味があるので、これら2つの意味は同じと解釈しても問題はないでしょう。

「付け加える」の表現の使い方

「付け加える」は、「すでにある状態のものに、さらに新たなものを加える」という意味があるので、話の補足説明を加えるような場面や、料理をしている時に新たな調味料を加えるような場面で使われることになります。



「付け加える」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「付け加える」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「付け加える」を使った例文1
  • 「付け加える」を使った例文2

「付け加える」を使った例文1

「田中君のプレゼンの内容は非常よくまとまっていたのですが、私が補足説明のためにコメントを付け加えることにしました」

「付け加える」には、論述で補足するような場合で「もっと述べる」という解釈もあります。

この例文に見るように、ビジネスシーンでも、取引先に対する商談のプレゼンで、担当者のトーク内容では相手の理解を十分に得られなかったので、上司がコメントを「付け加える」ことにしたようです。

「付け加える」を使った例文2

「娘の作った料理では、何か物足りないものがあったので、少し調味料を付け加えることで味を整えたのです」

料理でも「付け加える」を使うことができますが、この例文のように隠し味で、何か調味料を足す場面での活用法です。

料理では、家族の味というものがありますが、年の功だけであって、料理の上手な娘でも、やはり母親の一工夫が味をさらに良くさせているようです。

「付け加える」の類語や類義語・言い換え

「付け加える」を他の言葉で言いかえるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにしましょう。

  • 「足し加える」
  • 「言い足す」

「足し加える」

「足し加える」という言葉が「付け加える」に近い意味を持つ類義語として扱うことができます。

「元々あったもので、新たに追加する」という意味のある表現です。

「言い足す」

「言い足す」「付け加える」の類語語として挙げることができますが。

意味としては、「もっと述べる」または「もっと言う」ということを指しており、「付け加える」の類語的解釈では、「論述面で補足説明をする」に近い意味での使い方となります。

icon まとめ

「付け加える」の意味や活用法を例文形式で見てきましたが、この言葉はニジネスシーンでよく聞くことがあることが、お分かり頂けたかと思います。

私達が日々の活動においては、スムーズな意思疎通を図るためにコミュケーションのあり方が非常に重要になってきます。

しかし、十分な理解を得るためには、時として新たな考えを「付け加える」ということも、必要になってくることが少なくありません。