意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「再発防止策」とは?意味や言い換え!例文と解釈

「再発防止策」という表現を知っているでしょうか。

何かトラブルが起こったときなど、再発防止に努めていかなければいけませんね。

ここでは再発防止策という表現について詳しく紹介していきます。

再発防止策

Meaning-Book
「再発防止策」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「再発防止策」とは?
  • 「再発防止策」の英語と解釈
  • 「再発防止策」の具体例
  • 「再発防止策」を使った例文と意味を解釈
  • 「再発防止策」の類語や類義語・言い換え


「再発防止策」とは?

再発防止策というのはトラブルが二度と起こらないように、根本的な問題を解決するための対策を指しています。

何かトラブルが起こった場合、その根本的な原因をしっかりと見極めた上で対策をとらなければまた同じ問題が起こってしまいますよね。

根本的な原因が何なのかわかっていなければ、同じことが繰り返されるだけなのです。

そのため、その本来の原因を取り除くために改善させていかなければならず、再発防止策というものが役立ちます。

問題が起こった場合にそのプロセス等についてしっかりと調査し、問題を取り除いて二度と同じ問題でトラブルが起こらないように考え出した対策というものが再発防止策になります。

  • 「再発防止策」の読み方

「再発防止策」の読み方

再発防止策という表現は「さいはつぼうしさく」と読みます。

あらゆる場所で使われますので、ぜひ覚えておきましょう。



「再発防止策」の英語と解釈

再発防止策 meaning in english

再発防止策という表現を英語にすると“recurrence prevention measure”になります。

なんだかわかりにくいと思う人もいるかもしれません。

例えば、「再発防止策を決めなければいけません」ということであれば“We must decide measures preventing its recurrence.”になります。

「再発防止策」の具体例

2011年3月11日、前代未聞の東日本大震災が起こり、その津波は多くの街を飲み込んでいきましたね。

地震が起これば津波が起こる可能性のある地域の場合、津波が起こった場合にどのように対策をとれば良いのか考えていかなければいけません。

というのは、地震であればタンスなどが倒れないように対処できますが、津波が来るとなればとにかく避難するしか方法がないのです。

そのため、ハザードマップをしっかりと確認した上で津波が起こった場合にどのような場所に避難すれば良いのか、という再発防止策が決められていきました。

また、教職員の防災危機管理教育、学校防災マニュアルのあり方などをしっかりと踏まえ、リーダーシップのあり方などにも見直しがなされているのです。



「再発防止策」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

  • 「再発防止策」を使った例文1
  • 「再発防止策」を使った例文2

「再発防止策」を使った例文1

「地震による被害が起こった場合、再発防止策をきちんと考える必要があります」

日本は地震大国とも言われていますよね。

地震が起こりやすい国家であり、さらに毎年のように大きな地震が起こっています。

地震が起こったらどうすれば良いのか、どこに避難すればよいのか、家族とどのように連絡を取るのか、等についてしっかりと考えていかなければいけません。

自らの防災対策に満足せず、常に危機管理をしていくことが重要です。

「再発防止策」を使った例文2

「万引きに対する再発防止策の検討が進んでいます」

お店を経営すると万引きが起こる、ということもあるかもしれません。

お店によっては万引きが多くて悩んでいるという場所もあり、それはお店の経営にも影響与える深刻な問題ですよね。

例えば監視カメラをつける、どのように言葉がけをする、など、再発防止をしていかなければいけません。

「再発防止策」の類語や類義語・言い換え

ここでは類義語を紹介していきます。

  • 「未然防止策」【みぜんぼうしさく】
  • 「対策」【たいさく】

「未然防止策」【みぜんぼうしさく】

未然防止策というのはある悪いことが起こらないように事前に施される対策、という意味になります。

物事が起きる前に防ぐということが重要になります。

「対策」【たいさく】

対策というのは相手の態度や事件の状況に応じて取る手段、策略、という意味になります。

例えば人手不足の対策を立てる、対策を練る、税金対策、などという言葉がありますね。

icon まとめ

自然災害の多い日本では再発防止策の見直しが求められています。

地震等は規模が大きくなることもありますから、常に危機意識を持ちましょう。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。