意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「ノーマネーでフィニッシュです」とは?意味!

みなさんは「ノーマネーでフィニッシュです」という言葉を知っているでしょうか。

「ノーマネーでフィニッシュです」の意味や元ネタを紹介します。

ノーマネーでフィニッシュです

Meaning-Book
「ノーマネーでフィニッシュです」とは?意味!>


目次

  • 「ノーマネーでフィニッシュです」とは?
  • 「ノーマネーでフィニッシュです」の元ネタ


「ノーマネーでフィニッシュです」とは?

「ノーマネーでフィニッシュです」が登場したのは、日本テレビ系のテレビ番組「マネーの虎」です。

この番組は、起業家の卵を集め、資産家の前でプレゼンテーションをして、納得した資産家がいたら、企業に必要な資金を提供するという内容になっています。

2001年から2004年まで放送されていました。



「ノーマネーでフィニッシュです」の元ネタ

「ノーマネーでフィニッシュです」というセリフは、この番組の司会をしていた吉田栄作の決め台詞になります。

起業家の卵のプレゼンが成功せず、資金を提供する資産家がいなかった時、このセリフを言います。

「ノーマネー」「お金が提供されない」「フィニッシュ」「終わり」という意味があるため、「お金が提供されず、おしまいです」ということになります。

「ノーマネーでフィニッシュです」と言われる時、出演者はお金がもらえず、プレゼン内容の悪さを資産家に説教されるなど、つらい目に遭います。

icon まとめ

「ノーマネーでフィニッシュです」について見てきました。

「ノーマネーでフィニッシュです」は、「マネーの虎」という番組内で、吉田栄作が言っていたセリフであること、さらに「出資金がゼロ円だった」という結末を知らせる意味があることを覚えておきましょう。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。