意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「幾重」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

皆さんは「幾重」という言葉を聞いたことがあるかと思います。

この言葉は、今では日常的生活での会話や仕事をしている中で、実際に使われる機会はそんなにはないでしょう。

しかし、小説や詩などの文章の中では、時折目にすることがある言葉です。

そこで今回は、この「幾重」について説明を進めていくことにします。

幾重

Meaning-Book
「幾重」とは?意味や類語!例文や表現の使い方>


目次

  • 「幾重」とは?
  • 「幾重」の英語と解釈
  • 「幾重」の表現の使い方
  • 「幾重」を使った例文と意味を解釈
  • 「幾重」の類語や類義語・言い換え


「幾重」とは?

「幾重」とは、「物事の状態が何枚も重なっているさま」、あるいは「いくつかの重なり」という意味がある言葉です。

  • 「幾重」の読み方

「幾重」の読み方

「幾重」「いくえ」と読みますが、普段のコミュニケーションの中では、使われることが少ない単語なので、ここで忘れることのないように、覚えておくようにしておきましょう。



「幾重」の英語と解釈

幾重 meaning in english

「幾重」を英語で訳すと、“many layers”という言葉で表現することができます。

直訳すると、「複数の層」と解釈することができる言葉です。

「幾重」の表現の使い方

「幾重」「いくつも重なる」ということで、物事が連続的に続く要素が含まれていることから、そのような状態を比喩的に表現する場合に使われています。

特に連続的な情景を言い表す時に、よく使われることが多い言葉の印象があります。



「幾重」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「幾重」を使った例文を見ながら、どのような活用の仕方があるのかを見ていくことにしましょう。

  • 「幾重」を使った例文1
  • 「幾重」を使った例文2

「幾重」を使った例文1

「夕陽を浴びた雲が山々に幾重もかかり、言葉では例えることができない素晴らしい光景を写し出していた」

日本にもこのような美しい光景が、全国各地にあるものです。

日本の中央アルプスの光景はまさにその通りで、夕方の光に映える山に幾重もの雲がかかっている光景は、まさに絶景としか言いようがありません。

「幾重」を使った例文2

「交差点の大事故で、幾重も見物の人垣ができて、現場に救急車が駆けつけることができない」

前の例文のように風光明媚な場所で、この「幾重」が使えるかと思えば、この例文に見るように非常時の場面でも、使われることがあります。

交差点での大きな事故現場に多くの人が群がり、救急車が近づけないさまを言っています。

このような時は、まず人命救助が最優先となるので、人の理解と協力が必要です。

「幾重」の類語や類義語・言い換え

ここからは「幾重」に近い意味を持つ言葉をいくつか挙げることにしますので、どのような言葉が「幾重」の類義語としてあるのかを見ていくことにしましょう。

  • 「何重にも」
  • 「繰り返し」

「何重にも」

「何重にも」という言葉が「幾重」の類義語として挙げることができます。

「多数折り重なっているさま」のことを意味しており、「幾重」よりも理解しやすい言葉になっています。

「何重にも守られたシールド」「何重にもなって構成されたネットワークセキュリティ」といったような使い方ができます。

「繰り返し」

「繰り返し」「幾重」に近い意味を持つ言葉として扱うことができます。

「同じことが何回も続くさま」という意味で、言い換えると「リピート」という言葉も当てはまります。

「繰り返し練習する」「繰り返し同じようなことを言い続ける」というような活用法があります。

icon まとめ

「幾重」には、何故か叙情的な語感のある言葉に思えることがあります。

もしかすると、例文でも触れたように美しい光景が「幾重」にもなっている状態であれば、見る人の感動もそれだけ大きくなるのかもしれません。

しかし、後半の例文のように災害や事故などで使われる「幾重」は、程度のさまがかなり重たい印象を与えてしまうので、同じ言葉でも文脈により、解釈が大きく変わって来ることもありそうです。