意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「啓蒙」とは?意味や使い方!例文や解釈

「啓蒙」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「啓蒙」という言葉を使った例文や、「啓蒙」の類語を紹介して行きます。

啓蒙

Meaning-Book
「啓蒙」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「啓蒙」とは?
  • 「啓蒙」を使った例文や短文など
  • 「啓蒙」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「啓蒙活動の方法」【けいもうかつどうのほうほう】


「啓蒙」とは?

「啓蒙」とは?

みなさんは「啓蒙」という言葉を知っているでしょうか。

「先輩から啓蒙された」という経験がある人もいるでしょう。

一方で、「啓蒙」という言葉をまるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「啓蒙」という言葉の意味を紹介します。

  • 「啓蒙」の読み方
  • 「啓蒙」の意味

「啓蒙」の読み方

「啓蒙」「けいもう」と読みます。

特に、「啓蒙」「蒙」は読み方が難しいため、初見で正しく読むのは難しいかもしれません。

これを機会に「啓蒙」「けいもう」と読むようにしましょう。

「啓蒙」の意味

「啓蒙」には、どのような意味があるでしょうか。

「啓蒙」には、「無知の人を啓発し、導くこと」という意味があります。

ちなみに「啓発」には、「あまり行われていない考え方や気付かない点を教え示すこと」という意味があります。

例えば会社の先輩が、あまり知識がない後輩に対して、ビジネス上、一般教養を身に付けたほうがいいと感じるかもしれません。

そこで先輩が、後輩のために必要な本を用意して、貸し与えて読むように言うことは、「啓蒙」と言えるでしょう。

先輩の「啓蒙」により、後輩は無知から脱して、必要な教養を身に付けられるためです。

このように「啓蒙」には、「無知の人を啓発し、導くこと」という意味があります。



「啓蒙」を使った例文や短文など

「啓蒙」を使った例文や短文など

「啓蒙」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「啓蒙」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「啓蒙」を使った例文1
  • 「啓蒙」を使った例文2

「啓蒙」を使った例文1

「子供たちのために、交通安全について『啓蒙』する」

この例文のように、親の立場や、地域の安全を守る立場に立てば、子供たちに「啓蒙」する機会があるかもしれません。

子供はまだ無知な存在のため、必要な情報を教える必要があるかもしれません。

教える立場に立った時は、子供の安全を守るための情報を確実に教えて行きましょう。

交通安全については、子供が知っておきたい情報です。

信号機の見方や、横断歩道の渡り方は、しっかりと「啓蒙」しましょう。

「啓蒙」を使った例文2

「健康的な生活について『啓蒙』する」

この例文のように、健康的な生活を送るために必要な知識を身に付けていない人がいます。

そのため太りすぎてしまい、メタボになり成人病予備軍になっている人がいます。

そこで健康的な生活を送るため、「啓蒙」する必要があるかもしれません。

例えば家族に太った人がいる場合、どのような食事をすれば太りにくいか、食品のカロリー表示の見方などを、教えてあげるといいかもしれません。

また適度な運動をすることが健康につながるという情報を教えてあげるといいでしょう。

具体的に、ランニングをしたりエアロバイクに乗ったり、筋トレをするなど、運動方法も合わせて教えてあげると親切かもしれません。

「啓蒙」の類語や類似表現や似た言葉

「啓蒙」の類語や類似表現や似た言葉

続いて「啓蒙」の類語や類似表現を紹介します。

「啓蒙」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「開発」【かいはつ】
  • 「洗脳」【せんのう】
  • 「蒙を開く」【もうをひらく】

「開発」【かいはつ】

「開発」という言葉があります。

「開発」には、「問答などによって、自発的にわからせること」という意味があります。

「知能を開発する」などという使われ方をする言葉です。

「洗脳」【せんのう】

「洗脳」には、「思想や主義を改造すること」という意味があります。

特に「左翼思考に強引に持って行くこと」などを「洗脳」と呼ぶことが多くなっています。

その人が持っていなかった考え方や主義、思想を、何かしらの強引な手口によって植えつけることを「洗脳」と言います。

「蒙を開く」【もうをひらく】

「蒙を開く」には、「知識をわきまえていない人を啓蒙する」という意味があります。

「啓蒙」とほとんど同じ意味があるため、言い換えに使うこともできます。



「啓蒙活動の方法」【けいもうかつどうのほうほう】

「啓蒙活動の方法」【けいもうかつどうのほうほう】

「啓蒙」をすることを、「啓蒙活動」と言います。

それでは「啓蒙活動」の方法は、どのようなものがあるでしょうか。

具体的にどのような方法で、「啓蒙」すればいいでしょうか。

  • 「話をする」
  • 「チラシを配る」
  • 「SNSなどを利用する」
  • 「講演会を開く」

「話をする」

「啓蒙したい」と感じるような人が、身の回りにいるかもしれません。

例えば、ダイエットの方法を教えたいと思うような人です。

その人が身近で親しい人ならば、昼休みのランチ時や、カフェなどで話をしながら、ダイエットのやり方や意義、価値を教えてあげましょう。

「チラシを配る」

不特定多数の人に、自分が知っている物事を教えたいと思う時は、「チラシを配る」という方法があります。

チラシに自分が他の人に知ってもらいたい情報を書き、配ることで読んでもらえます。

知り合いや人脈に関係なく、「チラシを配る」という行為により、これまで知らなかった人とつながれます。

「SNSなどを利用する」

現在は、SNSやブログを通じて、自分の知っていることを、簡単に発信できるようになりました。

そこでSNSを通じて「啓蒙活動」をする方法があります。

「啓蒙したい事柄」を毎日のように発信していれば、それを読む人が現れて、知らなかった情報を知れるかもしれません。

「講演会を開く」

たくさんの人に集まってもらい、一斉に話を聞いてもらうために「講演会を開く」という方法もあります。

もちろん、いきなりたくさんの人が集まるとは限らないため、小さな会場から始めた方がいいかもしれません。

またそのための準備として、SNSなどを通じて、常に情報を発信するなどして、あなた自身の知名度を上げて、講演会に参加したいと思う人を増やしておく必要があるでしょう。

icon まとめ

「啓蒙」という言葉について見てきました。

「啓蒙」というと、偉そうなイメージになりますが、無知な人に必要な知識を教えたいと思うことは、それほど不思議なことではありません。

「これを知っておくと、人生が楽になる」というような情報を共有するつもりで、「啓蒙」をしてみてはいかがでしょうか。

もちろん相手が嫌がるような行為は、絶対に避けましょう。




関連記事





当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。