意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「目下の課題」とは?意味や類語!表現の使い方

「目下の課題」とは、「目の前にある差し当たっての問題」を意味する言葉です。

「目下の課題」「意味・使い方・英語と解釈・例文と解釈・類語(シソーラス)や言い換え」などについて、詳しく説明していきます。

Meaning-Book
「目下の課題」とは?意味や類語!表現の使い方>


目次

  • 「目下の課題(もっかのかだい)」とは?意味
  • 「目下の課題」の表現の使い方
  • 「目下の課題」の英語と解釈
  • 「目下の課題」を使った例文と意味を解釈
  • 「目下の課題」の類語や言い換え


「目下の課題(もっかのかだい)」とは?意味

「目下の課題(もっかのかだい)」という言葉は、「目の前にある差し当たっての問題」「現時点で優先して取り掛かるべき問題」を意味しています。

「目下の課題」というのは、「遠い所にあるいつかやるべき課題・問題」ではなくて、「近い所にある今すぐに取り掛かるべき喫緊の課題・差し当たっての問題」のことを意味する言葉なのです。

例えば、「模試で少しでも良い点数を取ることが、受験生にとっては目下の課題です」といった文章で、この言葉の意味を示せます。



「目下の課題」の表現の使い方

「目下の課題」の表現の使い方は、「現時点で優先的に今すぐやるべき事柄(今すぐに取り掛かるべき問題)」を意味して使うという使い方になります。

「目下の課題」というのは、「差し当たっての問題・目の前にあるやるべきこと・当面の目標」といったことを指示して使われる言葉なのです。

例えば、「地震災害の被災者支援という目下の課題に集中することが、政治家としての責務だと考えています」といった文章で、この言葉を使用することができます。

「目下の課題」の英語と解釈

「目下の課題」という言葉は、“present issues”(現時点の課題・目下の課題)や“immediate goals”(当面の目標)、“urgent issues”(喫緊の課題)といった英語で表現することができます。

  • “Accumulate a down payment on a mortgage is present issues(immediate goals).”

“Accumulate a down payment on a mortgage is present issues(immediate goals).”

この英語の例文は、「住宅ローンの頭金を貯めることが、目下の課題です」ということを意味しています。



「目下の課題」を使った例文と意味を解釈

「目下の課題」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「目下の課題」を使った例文1
  • 「目下の課題」を使った例文2

「目下の課題」を使った例文1

「どうなるか分からない遠い未来のことよりも、目下の課題にまず集中したいと思います」

この「目下の課題」を使った例文は、「どうなるか分からない遠い未来のことよりも、目の前にある当面の問題・目標にまず集中したいと思う」ということを意味しています。

「目下の課題」を使った例文2

「会社の人事刷新による経営改革を本当に断行することができるかが、目下の課題です」

この「目下の課題」を使った例文は、「会社の人事刷新による経営改革を本当に断行することができるかが、喫緊の問題(現時点で優先して取り掛かるべき問題)である」ということを意味しています。

「目下の課題」の類語や言い換え

「目下の課題」の類語・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

  • 「差し当たりの問題・直近の問題」
  • 「喫緊の課題」
  • 「当面の目標」

「差し当たりの問題・直近の問題」

「目下の課題」の類語・言い換えとして、「差し当たりの問題・直近の問題」があります。

「目下の課題」というのは、「現時点において優先的に取り組むべき差し当たっての問題」「目の前(すぐ近く)にある直近の問題」を意味しています。

それらの意味合いから、「目下の課題」の表現は「差し当たりの問題・直近の問題」という表現に言い換えることができます。

「喫緊の課題」

「目下の課題」の類語・言い換えとして、「喫緊の課題(きっきんのかだい)」があります。

「喫緊の課題」というのは、「差し迫っている重要な問題・今すぐにでもやるべき事柄」を意味している言葉です。

その意味から、目の前にある当面の問題を意味する「目下の課題」と良く似た意味を持つ類語(シソーラス)として、「喫緊の課題」を指摘できます。

「当面の目標」

「目下の課題」の類語・言い換えとして、「当面の目標」があります。

「当面の目標」というのは、「現時点においてまずはじめに目指すべき地点」「差し当たっての目標・目的・ゴール」を意味する言葉です。

その意味合いから、目の前にある差し当たっての問題を意味する「目下の課題」という言葉は、「当面の目標」という言葉に言い換えることが可能なのです。

icon まとめ

「目下の課題」という言葉について徹底的に解説しましたが、「目下の課題」には「目の前にある差し当たっての問題・当面の目標」などの意味があります。

「目下の課題」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「差し当たりの問題・直近の問題」「喫緊の課題」「当面の目標」などがあります。

「目下の課題」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。