意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「人望」の意味とは「人望」の「人徳」「人脈」の違い・類語・読み方・英語・対義語

「人望」という言葉の意味や使い方を紹介します。

また「人望」「人徳」の違いや、「人望」の英語や類語を紹介します。

さらに「人望」を使った言葉や例文を紹介して行きます。

人望

Meaning-Book
「人望」の意味とは「人望」の「人徳」「人脈」の違い・類語・読み方・英語・対義語>


目次

  • 「人望」の意味とは?
  • 「人望」の読み方?
  • 「人望」の英語
  • 「人望」の「人徳」の違い
  • 「人望」の言葉の使い方
  • 「人望」を使った言葉・慣用句や熟語・関連
  • 「人望」を使った例文や短文など
  • 「人望」の類語や類義表現
  • 「人望」と「人脈」の違い


「人望」の意味とは?

「人望」という言葉を知っているでしょうか。

「○○さんは人望がある」などと、誰かが言っているのを聞いた事があるかもしれません。

その時に、「人望」とは何だろうと、疑問に思った人もいるでしょう。

「人望」には、「立派な人としての、世間の信頼や人気」という意味があります。

もしあなたが、「人望がある」と言われているなら、立派な人だと、周囲の人に思われているという証拠になります。

このように「人望」には、立派な人としての世間の信頼、人気という意味があります。



「人望」の読み方?

「人望」という言葉をどのように読めばいいでしょうか。

「人望」「じんぼう」と読みます。

「にんぼう」「ひとぼう」などと読み間違えないようにしましょう。

これを機会に「人望」「じんぼう」と読めるようにしましょう。

「人望」の英語

人望 meaning in english

「人望」という言葉を英語にしたいと思った時に、どのような言葉を選べばいいでしょうか。

「人望」を英語にすると“popularity”(ポピュラリティ)になります。

“popularity”には「人気」「評判」「人望」という意味があります。

また「人望を得る」という言い回しを英語にしたい時は、“win popularity”(ウィンポピュラリティー)という言葉を使ってみましょう。

このように「人望」“popularity”という英語を使って表現してみましょう。



「人望」の「人徳」の違い

「人望」と似た言葉に「人徳」があります。

この二つの言葉には、どのような違いがあるでしょうか。

「人徳」には「その人に備わっている徳」という意味があります。

「徳」には、その人が得た品性、格などを意味が含まれています。

そのため「人徳が高い」という場合は、「人としての格や品性が高い」という意味になります。

一方で「人望」は人気や評判が高いなど、人気投票的な側面が強くなっています。

このように「人望」は人気がある人に対して、「人徳」は品性が高い人に対して使います。

「人望」の言葉の使い方

「人望」という言葉の使い方を紹介します。

「人望」には、立派な人としての世間の信頼や人気という意味があるため、立派な人だと世間から評価を集めている人を評する時に使ってみましょう。

「人望がある」「人望が集まっている」などという言い回しを使い、そのような人を評価しましょう。

また逆に、世間から信頼が低く人気がない人に対しても、「人望」に否定語を続けて評する事もできます。

このように誰かを立派か立派でないかで判断する時などに、「人望」という言葉を使ってみましょう。

「人望」を使った言葉・慣用句や熟語・関連

「人望」という言葉を使った言葉や慣用句を紹介します。

「人望」と続く言葉をセットで覚えておくと、使い勝手がいいでしょう。

  • 「人望がない」
  • 「人望の厚さ」

「人望がない」

「人望がない」という言葉を使う時は、「人望がある」の逆になります。

世間から人気がなく、評判が低い人に対して、「人望がない」と言います。

仕事ができるのに、なぜか出世しない人がいますが、「人望がない」可能性があるかもしれません。

「人望の厚さ」

「人望の厚さ」という言い回しも良く使います。

「人望の厚さ」は、人気や評判の多さ、支持している人の数や熱量などの意味があります。

そのため「人望が厚い」人は、支持する人が多い人気の高い人と言えるでしょう。

「人望」を使った例文や短文など

「人望」という言葉を使った例文や短文を見て行きましょう。

「人望」をどのように文章に入れればいいか、使い方のコツが見えてくるでしょう。

  • 「人望」を使った例文1
  • 「人望」を使った例文2

「人望」を使った例文1

「Aさんに『人望』さえあれば、今頃社長になっていたはずだ」

この例文に登場するAさんは、おそらく誰よりも仕事ができる人でしょう。

しかし、周囲からの評価、人気がそれほど高くないため、思った以上に高い役職に就けていないのでしょう。

みなさんも「人望さえあれば」と感じさせる、不人気な人が身近にいるかもしれません。

「人望」を使った例文2

「気配りができるBさんは少しずつ『人望』を集めている」

この例文のように、毎日の小さな気配りが、最終的に大きな「人望」につながる事があります。

派手な手柄を立てて偉そうにするより、日々の小さな評価を積み重ねる事の方が、「人望」につながりやすいのかもしれません。

「人望」の類語や類義表現

「人望」の類語や類義表現を見て行きましょう。

「人望」の仲間と言えるような、よく似た言葉を紹介します。

  • 「人気」
  • 「人受け」

「人気」

「人気」は、みなさんにとっても身近に感じる言葉でしょう。

「人気」には、「ある人が世間から受けている評判」という意味があります。

例えば同じクラスの生徒の中にも、クラスメートの評価が高い人がいて、その人は「人気がある」と言われます。

逆にクラスメートからの評価が低い人は「人気がない」と言われてしまいます。

「人受け」

「人受け」には、「他人の信用や評判」という意味があります。

「人受けがいい人」は信用や評判がいい人となります。

またどんなに優れた作品や仕事でも、「人受けが悪い」、人気のない物もあります。

「人望」「人気」と同じような意味があるため、言い換えるために使う事ができるでしょう。

「人望」と「人脈」の違い

最後に「人望」「人脈」の違いを紹介します。

「人脈」には、「人のつながり」という意味があり、特に「仕事に役立つ人間関係」の事を「人脈」と言います。

例えば同じ学校の同級生や同窓生、同じ会社の仲間などから派生した、仕事に活かせるような人間関係の事を言います。

一方「人望」は立派な人として、世間から信頼されている、または人気があるという意味のため、二つの言葉は大きく違います。

実際には「人望」がある人は「人脈」があるなど、リンクする部分もありますが、「人望」「人脈」という言葉の意味は違うため、場面によって適切な言葉を使うようにしましょう。

icon まとめ

「人望」という言葉について様々な視点から見てきました。

「人望」の意味を知る事で、今後、実際に「人望」を高めて行くためのヒントを得たかもしれません。