意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「閉鎖」の意味とは?読み方・対義語・類語・英語【使い方や例文】

「閉鎖」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「閉鎖」の英語や、類語や対義語、「閉鎖」を使った例文を紹介していきます。

閉鎖

Meaning-Book
「閉鎖」の意味とは?読み方・対義語・類語・英語【使い方や例文】>


目次

  • 「閉鎖」の意味とは?
  • 「閉鎖」の読み方
  • 「閉鎖」の英語
  • 「閉鎖」の対義語
  • 「閉鎖」の言葉の使い方
  • 「閉鎖」を使った言葉と意味を解釈
  • 「閉鎖」を使った例文や短文・意味を解釈
  • 「閉鎖」と「封鎖」の違い
  • 「閉鎖」の類語や類義表現


「閉鎖」の意味とは?

みなさんは「閉鎖」という言葉を聞いた事があるでしょうか。

「○○を閉鎖する」「○○店が閉鎖された」などというフレーズを聞いた事があるかもしれません。

一方で、今回初めて「閉鎖」という言葉を聞いた人もいるでしょう。

「閉鎖」には、「閉じる事」「締め出す事」という意味があります。

様々な施設を閉じる時などに「閉鎖」という言葉を使います。

例えば「学級閉鎖」という言葉がありますが、インフルエンザの流行などが原因で、学校のクラスという施設を閉じる意味があります。



「閉鎖」の読み方

「閉鎖」「へいさ」と読みます。

特に難しい漢字が使われていませんので、読み間違えに注意するようにしましょう。

また「閉鎖」には「内側に閉じこもる」という意味もあります。

例えば日本は過去に鎖国という政策を取り、海外との関係を断ち内にこもった経験があります。

日本のような体質を持つ国の事を「閉鎖的な国」と呼ぶ事があります。

このように「閉鎖」には「閉じる事」「締め出す事」などの意味に加えて、「裡に閉じこもる」という意味があります。

「閉鎖」の英語

閉鎖 meaning in english

「閉鎖」という言葉を英語にすると、どのような表現になるでしょうか。

「閉鎖」は英語で、“closing”(クロージング)になります。

“closing”には「閉じる」「閉鎖」という意味があります。

また締め出すという意味を含む「閉鎖」を英語にすると、“lock out”(ロックアウト)という英語にする事ができます。

このように「閉鎖」“closing”“lock out”という英語にする事ができますので、英語を使う機会のために覚えておきましょう。



「閉鎖」の対義語

「閉鎖」の対義語を紹介します。

「閉鎖」と反対の意味を持つ言葉を知る事で、この言葉を立体的に理解できるようになるでしょう。

  • 「開放」
  • 「開けっ放し」

「開放」

「開放」には「開け放す」という意味があります。

例えば扉を開け話す時、「扉を開放する」と言います。

また厳戒態勢などを解除する時にも、「開放」という言葉を使います。

「開けっ放し」

「開けっ放し」には、「開けたままにしておく事」という意味があります。

田舎の家は玄関の鍵を掛けず、開けたままにしておく事がありますが、このような状態を「開けっ放し」と言います。

「閉鎖」の言葉の使い方

「閉鎖」という言葉は、どのような場面で使えばいいでしょうか。

「閉鎖」には「閉じる」「締め出す」という意味があります。

例えば学校から不良を締め出し、入ってこられないようにする時の様子を「学校の門を閉鎖する」などと言います。

また飲食店を閉店しお店をたたむ事を「お店を閉鎖する」と言います。

さらに「閉鎖」には「うちに閉じこもる事」という意味があり、「閉鎖的」という言い回しが使われます。

田舎の人はよそ者を受け入れないという場合、「田舎は閉鎖的なので、都会の人を受け入れてくれない」などと言います。

「閉鎖」を使った言葉と意味を解釈

「閉鎖」を使った言葉を紹介し、その意味を解釈して行きます。

「閉鎖」を使った定型句のような言葉のため、覚えておくと便利でしょう。

  • 「学級閉鎖」
  • 「閉鎖病棟」

「学級閉鎖」

「学級閉鎖」は、学校を強制的に休みにする事です。

インフルエンザなどの流行の病が、それ以上伝染しないよう、「学級閉鎖」という方法を取ります。

子供同士が病に感染すると、その親にも感染し、感染した親の会社でも流行の病が蔓延してしまいます。

会社よりも学校の方が休ませやすいため、「学級閉鎖」という手段が取られます。

「閉鎖病棟」

「閉鎖病棟」という言葉があります。

病棟の出入り口が施錠されていて、患者や面会者が自由に出入りできない時、「閉鎖病棟」と呼ばれます。

「閉鎖病棟」は精神科病院などに多いでしょう。

「閉鎖」を使った例文や短文・意味を解釈

続いて「閉鎖」を使った例文を紹介していきます。

様々な場面における「閉鎖」を使った文章を見て、この言葉の使い方のコツを覚えましょう。

  • 例文1
  • 例文2

例文1

「行政から指導が入り、当面の間工場を『閉鎖』する」

この例文のように、行政から指導が入って、工場などの施設が強制的に営業停止になる事があります。

伝染病関連の時、使用不可の材料を使っている疑いがある時などに、工場は「閉鎖」されます。

疑いが晴れるまで「閉鎖」は続きます。

例文2

「『閉鎖的』な一族に嫁ぎ、苦労する」

婿や嫁に対してなかなか心を開いてくれない家族の事を「閉鎖的な家族」と表現します。

このような家で一緒に暮らす事になると苦労が絶えないかもしれません。

「閉鎖」と「封鎖」の違い

「閉鎖」と似た意味を持つ言葉に「封鎖」があります。

この二つの言葉には、どのような違いがあるでしょうか。

「封鎖」には、「封じ閉ざす事」という意味があります。

例えば、犯人がエリア外に脱出する事を防ぐために、幹線道路を通行止めにする時、「道路を『封鎖』する」と言います。

「閉鎖」は閉じる事よりも、設備などの営業を停止させる事に力を入れているイメージがありますが、「封鎖」は出入りを防いだり、流通をストップする事に力を入れているイメージがあります。

「閉鎖」の類語や類義表現

最後に「閉鎖」の類語や類義の表現を紹介します。

「閉鎖」と似た意味の言葉を知る事で、より深く意味を理解できるようになるでしょう。

  • 「閉門」
  • 「閉塞」

「閉門」

「閉門」には、「門を閉じる事」という意味があります。

例えば学生寮などには門限があるかもしれません。

例えば夜10時に門限がある場合、「夜10時に『閉門』します」と表現する事があります。

「閉塞」

「閉塞」には、「閉じふさがる事」という意味があります。

また「出入りできない状態」という意味もあります。

またどこにも行く事ができない、将来の先行きが暗いと感じる感覚を「閉塞感」と言います。

icon まとめ

「閉鎖」という言葉の意味や使い方を見てきました。

「閉鎖」「封鎖」の違いなど、興味深い言葉の違いを知る事ができたのではないでしょうか。

何かを閉じるという例を言葉にしたい時、「閉鎖」と類語を使い分けられるようになりましょう。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。