意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「偉業」とは?意味・読み方・英語【使い方や例文】

「偉業」という言葉の意味や、英語を紹介します。

さらに「偉業」の使い方や、「偉業」を使った例文を紹介します。

偉業

Meaning-Book
「偉業」とは?意味・読み方・英語【使い方や例文】>


目次

  • 「偉業」の意味とは?
  • 「偉業」の意味
  • 「偉業」の英語
  • 「偉業」の言葉の使い方
  • 「偉業」を使った言葉と意味を解釈
  • 「偉業」を使った例文


「偉業」の意味とは?

みなさんは「偉業」という言葉を知っているでしょうか。

「偉業」「いぎょう」と読む、一般的に知られた言葉ですので、知っているという人の方が多いかもしれません。

特にスポーツファンのみなさんは、ゲームなどの競技を愛している人は、「偉業」という言葉や、「偉業」そのものを目の当たりにした事があるかもしれません。

具体的な誰かの「偉業」を、ありありとイメージできる人もいるでしょう。

一方で、今回初めて「偉業」という言葉を目にする人もいるかもしれません。

そこで「偉業」という言葉の意味や使い方を紹介して行きます。

この言葉の意味を知ると、「あれが偉業だったのか」と誰かが達成した事を思い出して、納得できるかもしれません。



「偉業」の意味

「偉業」には、どのような意味があるでしょうか。

「偉業」には、「偉大な事業」「優れた業績」「立派な仕事」などの意味があります。

仕事の場面では、素晴らしい事業を成し遂げた時に、「偉業」という言葉が使われます。

世の中の人に恩恵を与えるような、偉大な事業は「偉業」と呼ばれるのにふさわしいでしょう。

またスポーツ選手が、前人未到の大記録を達成する時などにも、「偉業」という言葉が用いられます。

「偉大」という言葉には、「優れていて大きい様子」「非常に立派な様子」という意味がありますので、「偉業」と認定するには、かなりすごい事業や、かなりすごい記録を達成する必要があります。

このように「偉業」という言葉には、「偉大な事業」「立派な仕事」などの意味があります。

「偉業」の英語

偉業 meaning in english

「偉業」という言葉を英語にすると、どのような表現になるでしょうか。

「偉業」を英語にすると、“great achievement”(グレートアチーブメント)になります “great achievement”“great”はカタカナ語の「グレート」としても知られていて、「偉大な」という意味があります。

さらに“achievement”には「成果」という意味があります。

そのため、“great achievement”「偉大な成果」「偉業」という意味があります。

このように「偉業」は英訳すると“great achievement”になりますので、覚えておきましょう。



「偉業」の言葉の使い方

「偉業」という言葉を、どのような場面で使えばいいでしょうか。

「偉業」には「偉大な事業」「立派な仕事」などの意味がありますので、そのような事業や仕事を成し遂げた時、またはそのような様子を見た時に使ってみましょう。

現在進行形で「偉業」と呼べるような出来事が起こるのは、スポーツ界が多いかもしれません。

日本人で初めて世界位置を決める○○大会に優勝したなど、これまでの日本人では考えられないような活躍をする人を見た時に、「偉業」という言葉を使う事ができます。

また、世界新記録で走ったり泳いだ人に対して「偉業」という言葉を使う事があります。

このように、偉大な事業や立派な仕事と感じた時に、「偉業」という言葉を使ってみましょう。

「偉業」を使った言葉と意味を解釈

「偉業」を使った言葉を紹介し、意味を解釈してみましょう。

「偉業」を使った定型句のような言葉ですので、覚えると使い勝手がいいはずです。

これらの言葉を覚える事で「偉業」を言葉にしたり文章に書きたくなるかもしれません。

  • 「偉業を果たす」
  • 「偉業を成し遂げる」
  • 「偉業を成す」

「偉業を果たす」

「偉業を果たす」という言葉は、「偉業」という言葉を使った良く使う言葉です。

「果たす」には、「しなければいけない事を成し遂げる」という意味があります。

そのため「偉業を果たす」という言葉には、しなければいけない偉大な仕事を成し遂げるという意味があります。

例えばプロアスリートのトップ選手は、いつでも「偉業」を達成する可能性がある人です。

テニスならグランドスラムを達成すると「偉業」と呼ばれますが、いつでも達成可能と思われるような位置にいる人がいます。

このような人が、ついにグランドスラムを達成すると、「偉業を果たした」と言われます。

「偉業を成し遂げる」

「偉業を成し遂げる」「偉業」を使った良く使う言い回しのひとつです。

「偉業を果たす」とほとんど同じ意味があります。

「偉業を果たす」というフレーズが連続しそうな場面で、「偉業を成し遂げる」をはさむと、文章がスマートになるでしょう。

「偉業を成す」

「偉業を成す」も定型句といえるような言い回しです。

「成す」には、「まとまったものを作り上げる」という意味があります。

そのため「偉業を成す」という場合は、その事業を成し遂げた人や、立派な仕事をした人の集大成的な意味をもつかもしれません。

単発的な大きな仕事ではなく、様々な立派な仕事の積み重ねにより「偉業」を達成したのかもしれません。

総合的に見て偉大な仕事をしたと感じた時に、「偉業を成す」という言葉を使ってみましょう。

「偉業」を使った例文

「偉業」という言葉を使った例文を紹介します。

様々な場面における「偉業」を使った文章を見て、この言葉の使い方のコツを覚えましょう。

  • 「偉業」の例文1
  • 「偉業」の例文2

「偉業」の例文1

「A選手はこの種目で日本人初の金メダルを獲得する『偉業』を成し遂げた」 この例文は、オリンピック期間中に実際にスポーツ紙の紙面の見出しになりそうな文章です。

日本人が伝統的に強い柔道競技などの種目がありますが、それ以外の種目で金メダルを獲得すると「偉業」と言われやすい傾向があります。

実際に、「偉業」と呼ぶのにふさわしいくらい、困難で立派な仕事を成し遂げたと言えるでしょう。

「偉業」の例文2

「B選手はついにボクシング5階級制覇という『偉業』を果たした」 この例文に登場するB選手は、長い間、ボクシングの世界チャンピオンとして活躍していたはずです。

少しずつ階級をあげて、その度、世界チャンピオンになるという離れ業を成し遂げました。

ファンからすれば待ちに待った「偉業」が5階級制覇なのかもしれません。

このように、いつかはやると思われていた「偉業」を成し遂げた時、「偉業を果たす」と言われる事が多いでしょう。

icon まとめ

「偉業」という言葉の意味や使い方を見てきました。

みなさんも誰かが成し遂げた「偉業」のイメージが、頭に浮かんだかもしれません。

そしていつかは自分が「偉業」を成し遂げたいと思ったのではないでしょうか。