意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「解決策」の意味・読み方・類語・英語【使い方や例文】

仕事をしていると、時折、大きな問題にぶつかることがありますが、この時にどのような対応を取るかで、その後の行く末が大きく変わって行きます。

社会人になってから、このようなことを数多く経験することになりますが、毎日の仕事の中で、大なり小なり、問題・課題に直面することが珍しいことではありませんし、むしろ全く問題のない仕事は存在しないかもしれません。

このような時に出てくる言葉に「解決策」というものがありますが、この「解決策」には、どのような意味が含まれているでしょうか?

解決策

Meaning-Book
「解決策」の意味・読み方・類語・英語【使い方や例文】>


目次

  • 「解決策」の意味とは?
  • 「解決策」の英語
  • 「解決策」の使い方
  • 「解決策」を使った例文・短文(解釈)
  • 「解決策」と「改善策」の違い
  • 「解決策」の類語や言い換え
  • 「解決策」を使った言葉と意味を解釈


「解決策」の意味とは?

「解決策」の意味とは?

「解決策」というフレーズを使う場面は決して珍しいことではなく、毎日でも耳にする言葉ではないかと思います。

この言葉は「物事を解決する為の策」という意味があり、「有効な解決策を見出せない」「早急に解決策を打つ必要がある」といったような場面で使われます。

  • 「解決策」の読み方

「解決策」の読み方

「解決策」の読み方は、「かいけつさく」となります。



「解決策」の英語

「解決策」の英語

「解決策」を英語で表現すると、“solution”“solution strategy”という言い方になります。

「解決策」の使い方

「解決策」の使い方

「解決策」の使い方は、仕事でトラブルが発生した場合やプロジェクト・事業を進める中で、障害となる問題・課題を解決しようとする時に使われることがあります。

ただ、「解決策」は、ビジネスシーンだけで用いられるだけではなく、プライベートな活動や生活の中でも、使うことがある言葉でもあります。

私生活の中でも、色々な問題に直面することがありますので、身近な表現の1つと言えるでしょう。



「解決策」を使った例文・短文(解釈)

「解決策」を使った例文・短文(解釈)

では、ここで「解決策」を使った例文を見ていくことで、具体的な活用シーンを理解頂ければと思います。

  • 「解決策」の例文1
  • 「解決策」の例文2
  • 「解決策」の例文3

「解決策」の例文1

「顧客が悩んでいる問題に対して、解決策として新たなシステム提示を行った」

ビジネスの形態には、色々なものがありますが、このように「問題解決型」の営業が多くなってきました。

この手法は、取引先(顧客)が自社の事業で問題となっている事象を解決するような提案を行い、商売することです。

解決の提案とは、システムの導入であったり、サービスを提供することを指しています。

「解決策」の例文2

「いまだ解決策が見つからず、今後の展開が不透明なのです」

「解決策」を見つけてすぐに手を打つことは、計画や事業を円滑に進める上で非常に重要な策になります。

しかし、この「解決策」が見つからないということは、その問題を解消することができないということになるので、危機的状況にあると言えます。

そのまま放置しておくことで、事業の撤退など、企業運営を揺るがしかねないことになるので、早急な解決策の実施が求められます。

「解決策」の例文3

「昨年末から、この問題が急浮上して解決策を模索している状態なのです」

問題が発生してから、このことを解決するためには、「解決策」を早急に実施することが必須ですが、いまだ「解決策を模索」しているとなると、決定的な策が確立されていないということになります。

「模索」とは「手探り状態」なので、明確な決定打がないことになります。

「解決策」と「改善策」の違い

「解決策」と「改善策」の違い

「解決策」と似たような言葉に「改善策」がありますが、ニュアンスや意味にには違いがあります。

「改善策」とは、「現在起こっている問題が再発しないようにするための方法」のことで、1つの例を挙げると、「1ヶ月以内に1,000万円を用意する必要があることが起きたとします。

この時の「解決策」は、「銀行や知人からお金を借りる」がありますが、「改善策」では「1ヶ月で1,000万円を得る仕組みを構築する」という方法になります。

一般的に「解決策」「改善策」よりもスピーディーな問題解消となりますが、根本的な問題解決ではないので、再び同じ問題が発生してしまいます。

そのために「解決策」を講じるとともに「改善策」を実行することを視野に入れて行動することが重要です。

「解決策」の類語や言い換え

「解決策」の類語や言い換え

では、ここから「解決策」の類語語を考えて行きたいと思いますが、どのような言葉があるのでしょうか?

  • 「解決手段」
  • 「ソリューション」
  • 「解決法」

「解決手段」

「解決手段」とは、「問題を解決するための方法」という意味になりますが、常に「解決手段」を講じる場面が、企業活動の中では出てきます。

誰でも、そのような場面には会いたくないものですが、企業活動をしていると、どうしてもこのようなことが起こるので、仕方のないことだと思います。

しかし、大事なことは、トラブルや課題が発生した時に冷静に対策を実施することです。

そのような意味では、予想される「解決手段」を当初から、検討しておくこと必要かもしれません。

「ソリューション」

「ソリューション」とは、「問題を解決する成功した行動」という意味がありますが、この10数年の間で「ソリューション」という言葉を使われるようになりましたが、「問題解決型」という意味で、ビジネス業界では日常的に使われているビジネス用語です。

「解決法」

「解決法」とは、「問題を解く、またはその問題の解き方を説明する言明する内容」ということになりますが、この「解決法」と予め立案していることで、万が一、トラブルが発生しても、この「解決法」で危険回避をすることができますので、「解決法」を準備しておくことが重要ですね。

「解決策」を使った言葉と意味を解釈

「解決策」を使った言葉と意味を解釈

「解決策」は、他にも色々なこと言葉がありますが、以下のような言葉で使われることもあります。

  • 「解決策の立案」
  • 「解決策が見つからない」
  • 「解決策を見出す」
  • 「解決策を提案する」

「解決策の立案」

「解決策の立案」とは、「解決策の案を立てること」「工夫して計画を立てること」という意味になります。

企業が活動する中では、色々な諸問題が想定されますが、事前に「解決策の立案」を行っておくことも事業維持の方法と言えます。

「解決策が見つからない」

「解決策が見つからない」とは、「問題や悩みを解消する策が発見できない」ということになりますが、早急に「解決策」を見つけないと致命的な問題に発展していく恐れがあります。

「解決策を見出す」

「解決策を見出す」とは、「解決策を見つける」「発見する」となり、「解決策が見つからない」の対義語として解釈することができます。

「解決策を提案する」

「解決策を提案する」は、「解決策の案や考えを提出すること」となりますが、取引先との間で何らかのトラブルが発生した場合は、このような提案を早急に実施することが重要です。

icon まとめ

「解決策」は、ビジネス活動においては、避けることができない必須の行動と言っても過言ではありません。

したがってこのようなことを念頭に日々の活動の中で、物事に対する課題意識を持って活動することが重要です。




関連記事





当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。