意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「煽る」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

煽るという言葉は近年でも非常によく使われるようになりました。

以前までは、煽るという言葉を使うのは、喧嘩などのシーンや、暴力的なシーンで使うことが多くトラブルを意味する言葉でした。

しかし、現在では、インターネット社会となっていることもあり、煽るはネット用語として頻繁に使われるようになっています。

そこで、こちらの「煽る」にはどういった意味があるのでしょうか。

具体的に使い方や、例文などを見ていくようにしましょう。

煽る

Meaning-Book
「煽る」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!>


目次

  • 「煽る」の意味とは?
  • 「煽る」の類語や言い換え・似た言葉
  • 「煽る」の言葉の使い方
  • 「煽る」を使った例文と解釈
  • 「煽る」の英語
  • 挑発と煽りの違い
  • 「煽」を使った言葉と解釈


「煽る」の意味とは?

煽るの意味にはいくつかの意味がありますが、現代では、他人を刺激して、ある行動に駆り立てたりしたり、たきつける。

「扇動する。」という意味があります。

ネットの中でよく使われることになり、書き込みに対して、匿名で刺激をしたり、また攻撃を駆り立てることを指します。

また、その他にも、風などをうちわなどを使い、仰ぐという意味合いがあります。

そしてそれによって、火をおこすという意味があります。

このように二つの意味合いがありますが、もともとの仰いで火をおこすという意味合いから、今は行動を追い立てる、駆り立てるという意味に使われることが増えてきています。

  • 「煽る」の読み方

「煽る」の読み方

煽るの読み方ですが、「あおる」と読むことになります。

煽るの読み方は、煽動という漢字を使うことになりますが、訓読みで読むことになります。

簡単な感じなので、分かりやすいですが、罵るという漢字とも間違いやすいので、注意をするようにしましょう。



「煽る」の類語や言い換え・似た言葉

煽るという言葉は、ネットでもよく使われるように、他人を刺激することによって、焚き付けたり、煽動するという意味がありますが、その他にどのような意味があるのでしょうか。

具体的にみていきましょう。

  • 「焚きつける」
  • 「掻き立てる」
  • 「おちょくる」

「焚きつける」

煽ると同義語として、「焚きつける」という言葉があります。

これも、相手にわざとからかうような限度などをして、攻撃をしたり、刺激をして、何か行動を駆り立てるという意味合いがありますので、似たような意味で使われます。

しかし、焚きつけるは、相手の気を引くという意味合いも強いです。

ネットでは煽るのほうがよく使われることが多いです。

「掻き立てる」

煽ると類語として、よく言い換えられるのが掻き立てるという言葉です。

これも相手の行動を扇動したり、駆り立てるという意味合いがありますので、代わりに使われることも多いです。

しかし、これは相手を奮い立たせるという意味合いが強く、あえてやるという意味があります。

また、直接的な場面で使うことが多く、ネットで使うことはあまりありません。

「おちょくる」

煽るとという言葉の類語として「おちょくる」があります。

煽るという言葉は、人をからかい、面白半分で、行動を促すという意味もあります。

刺激をしたり、面白がっている様子は、このおちょくるという意味に近いです。

しかし、こちらのおちょくるの方が、面白半分でやっている意味合いが強いので、シーンで使い分ける必要があります。

またインターネットではあまり使われません。

「煽る」の言葉の使い方

煽るの言葉の使い方はさまざまですが、基本的にはインターネットの掲示板などで匿名で意見を書き込む際に、意見が分かれたりする際にこの「煽る行為」というものがあり「煽るな」という形で使われることが多いです。

また煽る行為が見受けられるというふうにも使います。

煽る行為だとか煽ることが好きという意味合いで使うことになります。

また、その他にも、うちわで煽るようにして火をおこすという使い方もします。



「煽る」を使った例文と解釈

煽るを使った例文、解釈にはどういった物があるのでしょうか。

煽るという意味にはいくつかの意味がありますので、例文もいくつか知っておく必要があります。

本来は、ネットで使われる以外にも、じつは意味があるのです。

  • 「火を強めるために、うちわで煽るようにしよう」
  • 「彼は煽る行為が好きなようだ」
  • 「そんなに煽ると痛い目にあってしまうぞ」

「火を強めるために、うちわで煽るようにしよう」

これは、うちわで火を強めるために、煽るという使い方の例文となります。

煽るという言葉は、掻き立てるという意味合いで使うことが多いですが、火を強めるために、うちわで扇ぐという意味もあり、このような霊雲のように使います。

「彼は煽る行為が好きなようだ」

煽る行為というのは、意見が分かれた際に、相手を刺激したりして楽しんだり、また行動を掻き立てるという行為になります。

そういった意味合いで使うことになります。

煽る行為、煽り行為という形で使うことも多く、それを良くする人に対して使うこともあります。

「そんなに煽ると痛い目にあってしまうぞ」

インターネット上で煽るという意味合いで使います。

煽るという意味は人を掻き立てたり、面白半分で、刺激をするという意味になります。

従ってネガティブで、良くないイメージがあります。

注意喚起だったり、煽る行為をしているので、トラブルになるという意味合いで使われることも多いです。

「煽る」の英語

煽る meaning in english

煽るという言葉の英語は、どのように表現されるのかというと、“Stirup”という言葉で表現されることになります。

また、うちわによって煽る場合には、“fan”という言葉で英語で表します。

意味によって英語が異なりますので、気をつけましょう。

挑発と煽りの違い

挑発と煽りの違いにはどのような違いがあるのでしょうか。

まず、挑発というのは、相対する立場において使うことが多く、的に対して行う行為になります。

相手あってのものであり、自分対相手でこの挑発行為を行なうことになります。

しかし、煽りというのは、自分と相手だけではなく、第三者の立場だったり、完全に部外者でも、ある流れに変えるために、あえて行なう行為になります。

煽るの場合にはどこかに誘導するという意味があります。

また、挑発の場合には相手の怒りなどを駆り立てるという意味合いがありますが、煽りは面白半分、そしてからかい半分という意味合いもあります。

挑発のほうが怒りを駆り立てるという意味合いが大きいのです。

「煽」を使った言葉と解釈

煽るという言葉の煽を使った言葉にはいくつかの言葉があります。

そこで煽るという言葉を使った言葉にはどのようなものがあり、どんな意味があるのでしょうか。

具体的にみていきましょう。

  • 「煽り運転」
  • 「煽動」
  • 「煽情」

「煽り運転」

煽り運転は、煽るという言葉を使った運転行為のことになります。

煽り運転というのは、道路を走行する自動車、そして、自動二輪、自転車に対し、周囲の運転者が何らかの原因だったり、目的で運転中に煽ります。

その行為によって、道路における交通の危険を生じさせる行為になります。

「煽動」

煽動は、とある事柄において、民衆や、人々を一定の方向へと誘導させるという意味になります。

人の感情を掻き立てることによって、一定の方向、行動をさせようとして、集団を動かすような行為になります。

「煽情」

煽情という言葉には、感情や欲望だったり、人の情欲をあおり立てることを指します。

感情や情欲などを煽り立てるので、煽るとはまた異なります。

煽情的なポスターという風に使われることが多いです。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

煽るという言葉は、現代のネット社会では非常に使われることが多く、聞く機会も増えてきました。

じつは本来はうちわで風を送り火をおこすという意味があるのです。

また、煽るという漢字を使い、他の言葉もあります。

意味を知って使うことが大切ですね。