意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「情弱」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

情弱という言葉は、比較的最近できた言葉のように思われます。

情報をたくさん得ることが出来る社会になってきてからは、情報をたくさん得ることが出来る人もいれば、情報をあまり得ることが出来ない人もいて、そういった人を表現する言葉として「情弱」が生まれました。

情弱というとネガティブなイメージがありますが、じつは色々な意味があります。

言葉の意味や、さらにはどのように使えば正しいのか知っておく必要があります。

情弱という言葉は、普段から会話でも使われることが増えてきていて、コミュニケーション、またビジネスシーンでも使われることは多いです。

そこで、情弱の意味についてみていきましょう。

情弱

Meaning-Book
「情弱」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!>


目次

  • 「情弱」の意味とは?
  • 「情弱」の類語や言い換え・似た言葉
  • 「情弱」の言葉の使い方
  • 「情弱」を使った例文と解釈
  • 「情弱」の対義語
  • 「情弱」と「脆弱」の違い
  • 「情弱」を使用した言葉の解釈
  • 「情弱」の英語


「情弱」の意味とは?

情弱とは、情報資源に満足にアクセスすることができない人だったり、また、情報を充分に活用することが出来ないできない人を指す俗称となっています。

今は、コンピュータやインターネットが発達・普及している世の中と言えるでしょう。

現在の高度情報化社会においては、得られる情報の量や質の差があります。

それによって、社会的、経済的な格差を生みやすいと言えるでしょう。

この格差は情報格差とも呼ばれています。

情弱は、情報格差が生み出した現代の用語です。

昔はこのような言葉はなかったのですが、今は比較的よく使われる言葉となっています。

  • 「情弱」の読み方

「情弱」の読み方

情弱の読み方ですが、基本的には「じょうじゃく」と読むことになります。

じょうよわと間違って読んでしまう方もいますが、情弱と読み方は決まっていますので、間違えないようにしましょう。



「情弱」の類語や言い換え・似た言葉

情弱の類語や言い換え、似た言葉にはどのような言葉があるのでしょうか。

情弱は、インターネット上で使われることも多く、基本的には同じような用語はなく、文章で似た文章があります。

情弱の人を表すための言葉には、さまざまな言葉がありますが、シチュエーションによって合わせて使っていくことがとても大切となります。

  • 情報リテラシーが低い
  • ITリテラシーが低い
  • テレビ脳

情報リテラシーが低い

情弱の方は情報リテラシーが低いという言い方をされることもあります。

情報弱者は、自分自身で情報を得ることが出来ず、情報を得ている人と格差が生まれている状態になります。

情報リテラシーが高い人もいれば、低い人もいるということで、情報弱者は後者に当たります。

しかし情弱の方は、情報リテラシーが低いという言い方をされることもありますが、情弱と比較するとこちらのほうがより丁寧な言い方であるとも言えます。

ITリテラシーが低い

情弱の方は、ITリテラシーが低いという言い方をされることもあります。

こちらは、言い換えることも可能です。

情報とは主にネットからの情報が非常に重きをおいていると言えるでしょう。

情報化社会の中で、ITが大きなウェイトを占めるということから、情弱はITリテラシーが低いとも言い換えられるのです。

逆にITリテラシーが非常に高い人もいて、比較するようにこのような言葉があります。

テレビ脳

情弱の方は、インターネットに疎い、そして情報を得ることが出来ず、インターネット社会においての情報弱者を指します。

情弱を言い換える言葉として、テレビ脳があります。

情弱の方は、主にテレビからの情報を真に受けたり情報源がテレビであることが多いです。

そういったこともあり、情弱をテレビ脳と言い換えることもあります。

しかし、場合によっては、テレビの情報すら得られないという方もいて、その場合には当てはまりません。

テレビの情報を鵜呑みにするという意味でも使われますので、使い方には要注意です。

「情弱」の言葉の使い方

情弱の言葉の使い方ですが、「彼は情弱である」という風に、○○が情弱であると、特定の人物や、対人、において使われることになります。

情報弱者ということもあり、その人の特徴を指す言葉だからです。

しかし、情弱が一つのカテゴリーとして位置づけられているということもあり、情弱が増えているという風に、一つのカテゴリー的に使うことも可能となっています。

特定の人だけではなく、とある集団を指す場合にも使います。

また、基本的には成人に対して使うものであり、ものや、子供、そして動物において使うことはありません。



「情弱」を使った例文と解釈

情弱を使った例文にはどのようなものがあるのでしょうか。

具体的に知っておくことが必要となります。

情弱を使った例文はいくつかありますが、どのような形で使われているのか知っておくと自分も使いやすいです。

  • 「情弱」の例文1
  • 「情弱」の例文2
  • 「情弱」の例文3

「情弱」の例文1

「今どきインターネットのアプリを使わない人は情弱だ」

今どきの事象を知らない人に対して、情弱という言葉を使うことが多いです。

主にネット関連のサービスについて知らない方を情弱という風に呼び、文にすることが多くなっています。

「情弱」の例文2

「情弱を相手にアフィリエイトを行う」

情弱の人々を一つのカテゴリー扱いにして、大きな集団として示すようにして使う例文となります。

情弱を一つの集団として見ているような例文となります。

情弱は日本各地にいますので、そういったこともありこのように集団やカテゴリーとして示すこともあります。

「情弱」の例文3

「それを知らないなんて情弱なのか」

情弱なのかどうかという風に疑問文として使うことも出来ます。

情弱は1人のネットリテラシーの低さを示す言葉ですので、それだけで表現することが出来ます。

「情弱」の対義語

情弱の対義語ははっきりとした対義語はありませんが、「ネットリテラシーが高い」「ITリテラシーが高い」という言葉が対義語となっています。

情報弱者は、情報を得ることが出来ない人々で、ITリテラシーが低く格差を持っています。

従って、ネットに精通しており、常に情報を取捨選択することが出来て、多くの情報を得ている人たちを示す、ネットリテラシーが高い人という意味合いの言葉が対義語となります。

「情弱」と「脆弱」の違い

情弱と脆弱は大きく違います。

まず、情弱はネットや情報分野においての弱者であり、情報化社会において出来た用語です。

しかし、脆弱は精神面、身体面でもひ弱であることを示している用語です。

従って、まったく意味合いが異なります。

同じ弱いという言葉でも、情弱はその人の身体面、精神面を指した言葉ではありません。

「情弱」を使用した言葉の解釈

  • 「情弱は搾取される」
  • 「情弱狩り」
  • 「情弱ハンター」

「情弱は搾取される」

情弱は搾取されるという言葉をよく聞く機会があります。

これは、情報弱者は得られる情報が少ないため、情報リテラシーが高い人のカモにされやすいという意味があります。

「情弱狩り」

情弱狩りとは、情報リテラシーが低い人達からお金を搾取しようとしたり、ネットビジネスにおいて、こういった人たちをターゲットにしようとする行為になります。

本当はそういった人に対しては商品を売るような行為をすることは慎むべきですがそういったことを行なう人々を情弱狩りをする人と呼ぶことがあります。

「情弱ハンター」

情弱ハンターは同じように、情弱の人をターゲットにして、主にビジネスのターゲットにしたり、商品を買わせようとする情報リテラシーの高い人を指します。

ハンターとは言いますが、ひどい目に合わせるものではなく、主にビジネスのターゲットにすることをいいます。

「情弱」の英語

情弱 meaning in english

情弱というのは、情報弱者であり、現代の格差を指す言葉です。

従ってその単語というものはなく、“person who have no sufficient access to information sources or who cannot make a good use out of information”という英語になります。

icon まとめ

情弱はネットリテラシーの低い人を指す言葉です。

それらから派生した言葉もあり、さまざまな意味がありますので、正確な意味を知っておきましょう。