意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「鉄壁の守り」の意味とは!類語や言い換え

「鉄壁の守り」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「鉄壁の守り」という言葉を使った例文や、「鉄壁の守り」の類語を紹介して行きます。

鉄壁の守り

Meaning-Book
「鉄壁の守り」の意味とは!類語や言い換え>


目次

  • 「鉄壁の守り」とは?
  • 「鉄壁の守り」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「鉄壁の守り」を使った例文や短文など


「鉄壁の守り」とは?

「鉄壁の守り」という言葉を知っているでしょうか。

「ゴールキーパーが鉄壁の守りを見せる」場面を、サッカーの試合で見たことがあるかもしれません。

一方で、「鉄壁の守り」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「鉄壁の守り」という言葉の意味を紹介します。

  • 「鉄壁の守り」の読み方
  • 「鉄壁の守り」の意味

「鉄壁の守り」の読み方

「鉄壁の守り」「てっぺきのまもり」と読みます。

「鉄壁」「てっぺき」「守り」「まもり」と読みます。

これを機会に「鉄壁の守り」「てっぺきのまもり」と読みましょう。

「鉄壁の守り」の意味

「鉄壁の守り」には、どのような意味があるでしょうか。

「鉄壁の守り」には、「高い防御能力を持っていること」という意味があります。

また「相手に付け入るすきを見せないような、高い防御力」という意味もあります。

サッカーの試合で防御の力を見せるポジションは、ゴールキーパーでしょう。

彼が高い防御能力を見せる時、「鉄壁の守り」と呼ばれます。



「鉄壁の守り」の類語や類似表現や似た言葉

次に「鉄壁の守り」の類語や類似表現を紹介します。

「鉄壁の守り」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「難攻不落」【なんこうふらく】
  • 「完全防備」【かんぜんぼうび】

「難攻不落」【なんこうふらく】

「難攻不落」「攻撃するのが難しく、たやすく陥落しないこと」という意味があります。

「難攻不落な城」は、攻撃するのが難しく、過去に陥落したことがないような、優れた防御力を持つ城になります。

「完全防備」【かんぜんぼうび】

「完全防備」には、「高い防御能力を持っているもの」という意味があります。

蚊に刺されるのが嫌な人は、全身に虫よけスプレーをまき、長袖の上下の服を着て、「完全防備」にするかもしれません。

「鉄壁の守り」を使った例文や短文など

続いて「鉄壁の守り」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「鉄壁の守り」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「鉄壁の守り」を使った例文1
  • 「鉄壁の守り」を使った例文2

「鉄壁の守り」を使った例文1

「万里の長城は、敵の攻撃から『鉄壁の守り』を見せた」

中国北部の万里の長城は、外部の民の侵入を防ぐために建てられて防御策のような、巨大な城になります。

万里の長城は、敵から攻められた時、高い防御力を見せつけたかもしれません。

「鉄壁の守り」を使った例文2

「『鉄壁の守り』を見せ、他の人の意見を跳ね返す上司」

この例文のように、話し合いの場で、相手の意見を跳ね返すような、理論武装をしている人がいます。

このような人の理論の構築は、さながら要塞のように「鉄壁の守り」を見せるでしょう。



icon まとめ

「鉄壁の守り」という言葉について見てきました。

高い防御能力を見た時、敵が付け入るすきがないほどの、誰かの守りを見た時、「鉄壁の守り」という言葉を使ってみましょう。