意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「様子見」とは?意味や使い方!例文や解釈

「様子見」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「様子見」という言葉を使った例文や、「様子見」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「様子見」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「様子見」とは?
  • 「様子見」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「様子見」を使った例文や短文など
  • 「様子見」の反対語
  • 「様子見」の英語


「様子見」とは?

「様子見」という言葉を知っているでしょうか。

ビジネスシーンで、「派閥争いを様子見する」という経験をした人もいるかもしれません。

一方で、「様子見」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「様子見」という言葉の意味を紹介します。

  • 「様子見」の読み方
  • 「様子見」の意味

「様子見」の読み方

「様子見」「ようすみ」と読みます。

特に難しい言葉は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に「様子見」「ようすみ」と読みましょう。

「様子見」の意味

「様子見」という言葉の意味を紹介します。

「様子見」には、「ことの成り行きを見守ること」という意味があります。

さらに「状態が変動するまで、あえて行動せずに、状況を見守ること」という意味があります。

「派閥争いを様子見する」という時は、派閥争いの行方がある程度見えるまで、あえて行動せずに、状況を見守るという意味があります。

誰でも負ける方の派閥に入りたくないため、「様子見」は必要不可欠になるでしょう。

このように「様子見」には、「ことの成り行きを見守ること」という意味、「状態が変動するまで、あえて行動せずに、状況を見守ること」という意味があります。



「様子見」の類語や類似表現や似た言葉

次に「様子見」の類語や類似表現を紹介します。

「様子見」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「静観」【せいかん】
  • 「日和見」【ひよりみ】
  • 「警戒」【けいかい】
  • 「マイナス思考」【まいなすしこう】
  • 「保守的」【ほしゅてき】

「静観」【せいかん】

「静観」には「静かに観察すること」という意味があります。

すぐに行動を起こさずに、物事を見極めるため、動かずに見守る時、「静観する」と言います。

会社でトラブルが起こった時、すぐに反応するのではなく、実際に何が起こっているのか、当事者は誰なのかを把握するため、しばらく見守る人がいるかもしれません。

このような人の様子を「静観」と言います。

「日和見」【ひよりみ】

「日和見」には、「有利な方につこうとして、情勢をうかがう」という意味があります。

例えば、関ヶ原の戦いが行われる時に、西軍と東軍のどちらにつこうか迷うでしょう。

その後の、国の運命が決まるような、重大な戦いのためです。

このような戦いの前には、必ず有利な方につこうとして、情勢をうかがうタイプの武将が表れます。

このような武将の行動は「日和見」と表現できます。

「警戒」【けいかい】

「警戒」「危険や災害にそなえて、用心すること」という意味があります。

例えば、要人が日本に来る時、警察などが危険や災害にそなえて用心します。

このような様子を「要人が来るため、警戒が強まる」などと言います。

「マイナス思考」【まいなすしこう】

「マイナス思考」「何事も、ネガティブな方向に考えること」という意味があります。

カラスを見たら、カラスがいると思わず、何か不吉なことが起こると思うタイプの人は「マイナス思考」と言えるでしょう。

すぐに「様子見」をする人の中には、「マイナス思考」の傾向が少しあるのかもしれません。

「保守的」【ほしゅてき】

「保守的」には、「保守の傾向がある様子」という意味があります。

従来の慣習や伝統、制度や考えなどを尊重し、変わることを嫌う傾向の人は、「保守的な考え」を持っているかもしれません。

「様子見」を使った例文や短文など

続いて「様子見」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「様子見」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「様子見」を使った例文1
  • 「様子見」を使った例文2

「様子見」を使った例文1

「相場の変動を見極めるために、『様子見』することにした」

この例文のように、株式市場などの相場でも、「様子見」という言葉を使います。

久しぶりに投資をする時、また波乱含みの情勢の時期は、相場がどのように動くか見極めが難しいでしょう。

何となく投資して、資産を失うわけにも行きません。

そのため、相場の変動を見極めるため、「様子見」する必要があります。

あえて買ったり売ったりせずに、はっきりした見通しが立つまで、あえて何もしないという戦術もあります。

「様子見」を使った例文2

「彼女のことが好きだが、気持ちが分かるまで『様子見』して、告白はしない」

この例文のように、恋愛事情に関しても「様子見」することがあるかもしれません。

好きな女性や男性がいても、彼らの様子がはっきりするまで、友達のふりをしながら接します。

彼女や彼氏がいるのか、いないのか、他に好きな人がいるのかいないのか、自分に脈があるのかなどを見極めるため、「様子見」をします。

しかし、「様子見」ばかりしていて、タイミングを逸して、付き合うチャンスを失うこともあるかもしれません。



「様子見」の反対語

「様子見」と反対の意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

そこで「様子見」と反対の意味を持つ言葉を紹介します。

  • 「猪突猛進」【ちょとつもうしん】
  • 「即決」【そっけつ】

「猪突猛進」【ちょとつもうしん】

「猪突猛進」は、「向こう見ずに突き進むこと」という意味のある四文字熟語になります。

「猪突猛進して、敵の罠にはまる」という時は、向こう見ずに突き進んだため、敵の罠にはまってしまったという意味があります。

「即決」【そっけつ】

「即決」「即座に決定すること」という意味があります。

何かを判断しようと思う時、時間を掛けて考えたり、迷ったりせず、即座に決定することを「即決」と言います。

オークションサイトなどで、「千円即決」などと書いてある時は、千円を超える入札があったら、すぐに落札を決めるという意味があります。

「様子見」の英語

「様子見」という言葉の意味を紹介します。

「様子見」は英語で、“wait-and-see”(ウェイトアンドシー)になります。

“wait-and-see”には「様子見」という意味があります。

もし「様子見」を英語にしたい時は、“wait-and-see”という言葉を使ってみましょう。

icon まとめ

「様子見」という言葉について見てきました。

事の成り行きを見守る時、状態が変化するまで、あえて動かずに、状況を静観する時、「様子見」という言葉を使ってみましょう。