意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「受け継ぐ」とは?意味や使い方!例文や解釈

「受け継ぐ」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「受け継ぐ」という言葉を使った例文や、「受け継ぐ」の類語を紹介して行きます。

受け継ぐ

Meaning-Book
「受け継ぐ」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「受け継ぐ」とは?
  • 「受け継ぐ」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「受け継ぐ」を使った例文や短文など
  • 「受け継ぐ」の反対語
  • 「受け継ぐ」の英語

「受け継ぐ」とは?

みなさんは「受け継ぐ」という言葉を知っているでしょうか。

「前任者の仕事を受け継ぐ」経験をした人もいるかもしれません。

一方で、「受け継ぐ」という言葉をまるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「受け継ぐ」という言葉の意味を紹介します。

  • 「受け継ぐ」の読み方
  • 「受け継ぐ」の意味

「受け継ぐ」の読み方

「受け継ぐ」「うけつぐ」と読みます。

「受け」「うけ」「継ぐ」「つぐ」と読みます。

これを機会に、「受け継ぐ」「うけつぐ」と読みましょう。

「受け継ぐ」の意味

「受け継ぐ」には、どのような意味があるでしょうか。

「受け継ぐ」には大きく分けて二つの意味があります。

ひとつ目が、「前の人の仕事などを引き継ぐ」という意味です。

例えば、転職するために仕事を辞める人がいますが、辞めた後に、会社がスムーズに仕事を続けるため、その人が担当していた仕事を、他の人が引き継ぐことになります。

その時に、前の人の仕事を引き継ぐことを、「仕事を受け継ぐ」と言います。

また「受け継ぐ」には、「人の性質や志を引き継ぐ」という意味もあります。

例えば親と同じような考え方をする人は、「親の性格を受け継いでいる」などと言われます。

このように、「受け継ぐ」という言葉には、「前の人の仕事などを引き継ぐ」という意味、「人の性質や志を引き継ぐ」という意味があります。

「受け継ぐ」の類語や類似表現や似た言葉

次に「受け継ぐ」の類語や類似表現を紹介します。

「受け継ぐ」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「継承」
  • 「中継」
  • 「リレー」

「継承」

「継承」という言葉があります。

「継承」には、「前代の財産や権利などを受け継ぐ」という意味があります。

「受け継ぐ」の中でも、財産や権利を受け継ぐ時、「継承」という言葉を使います。

例えば「老舗の天ぷら屋を継承する」という場合は、老舗のお店にしかない財産や権利を受け継ぐという意味になります。

去年出来たようなお店を引き継ぐ時は、「継承」という物々しい言葉は使わず、「引き継ぐ」「受け継ぐ」という言葉を使います。

「中継」

「中継」には「中間で受け継ぐこと」という意味があります。

また「生中継」という場合は、「中継放送」を略した時の「中継」になり、「生の中継放送」という意味になります。

「リレー」

「リレー」というカタカナ語は一般的に広く浸透しています。

「リレーには」「中継すること」という意味があり、陸上競技の「リレー競技」の意味もあります。

「バケツリレー」は、たくさんの人が中継し、バケツを使って水で火を消す作業を意味します。

「受け継ぐ」を使った例文や短文など

続いて「受け継ぐ」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「受け継ぐ」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「受け継ぐ」を使った例文1
  • 「受け継ぐ」を使った例文2

「受け継ぐ」を使った例文1

「重要な仕事を『受け継ぐ』ことになり、嬉しいが緊張する」

この例文は、ビジネスシーンで、先輩から重要な仕事を引き継ぐことになり、嬉しい気持ち半分、緊張半分という精神状態にある人の、頭の中を文章にしたものです。

会社で扱う仕事はすべて重要性や難易度が同じではなく、とりわけ重要な仕事や難しい仕事も含まれています。

このような重要な仕事を「受け継ぐ」のは、大変ではありますが、光栄なことでもあります。

「受け継ぐ」を使った例文2

「いつの間にか、父の癖を『受け継いで』しまった」

この例文のように、親子の間で、性格や癖、考え方などが、知らずに引き継がれていることがあります。

寝ながらお腹を触る癖など、寝ていて意識がない状態の癖まで、親子の間で似てしまうことがあります。

環境や食べ物、体格などが同じためかもしれませんし、遺伝子的なものの影響があるのかもしれません。

「受け継ぐ」の反対語

「受け継ぐ」と反対の意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

そこで「受け継ぐ」と反対の意味を持つ言葉を紹介します。

  • 「止める」
  • 「取りやめる」
  • 「ストップ」

「止める」

「止める」という言葉は、毎日のように使っている言葉でしょう。

「止める」には、「行わないようにする」「中止する」という意味があります。

例えば、「雨が降ったので試合を止める」という場合は、「雨が降ったことを理由に、試合を中止する」という意味があります。

また「仕事をするのを止める」という時は、「仕事を中止する」「仕事をしないようにする」という意味があります。

「取りやめる」

「取りやめる」という音場には、「予定していたことを中止する」という意味があります。

例えばビジネスシーンでは、すでに決定していたプロジェクトを中止する時、「プロジェクトを取りやめる」と言います。

また「結婚を取りやめる」には、婚約していたカップルが、直前になって結婚式を中止する、婚約破棄するなどの意味があります。

このように、予定していたことを中止にする時、「取りやめる」という言葉を使います。

「ストップ」

「ストップ」には、「中止」という意味があります。

すでに親しまれているカタカナ語のため、日常的に使っている人も少なくないでしょう。

ボクシングの試合で、打撃を連続して受けて、まるで反撃できなくなった選手に対して、「ストップ」を掛けることがあります。

その選手の健康状態を考慮して、試合を止めるという意味があります。

「受け継ぐ」の英語

受け継ぐ meaning in english

「受け継ぐ」という言葉を英語にすると、どのような文章になるでしょうか。

「受け継ぐ」は英語で、“inherit”になります。

“inherit”には「継承」「受け継ぐ」という意味があります。

「受け継ぐ」を英語にしたい時は、“inherit”という言葉を使ってみましょう。

icon まとめ

「受け継ぐ」という言葉について見てきました。

誰かから仕事を引き継ぐことになった時に「受け継ぐ」という言葉を使ってみましょう。

また親の性質や性格、考え方などが引き継がれていると感じた時、「受け継ぐ」という言葉を使ってみましょう。