意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「暗転」とは?意味や使い方!例文や解釈

「暗転」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「暗転」という言葉を使った例文や、「暗転」の類語を紹介して行きます。

暗転

Meaning-Book
「暗転」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「暗転」とは?
  • 「暗転」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「暗転」を使った例文や短文など
  • 「暗転」の反対語

「暗転」とは?

みなさんは「暗転」という言葉を知っているでしょうか。

順調に進んでいた仕事が、一夜にして「暗転」した、という辛い経験がある人もいるかもしれません。

一方で、「暗転」という言葉をまるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「暗転」という言葉の意味を紹介します。

  • 「暗転」の読み方
  • 「暗転」の意味
  • 「暗転」の一般的な意味

「暗転」の読み方

「暗転」「あんてん」と読みます。

特に難しい言葉が使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「暗転」「あんてん」と読みましょう。

「暗転」の意味

「暗転」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「暗転」は、芝居などの舞台で使われる言葉のひとつです。

「暗転」には、「演劇で舞台を暗くしている間に、場面を変えること」という意味があります。

場面を変える時には、舞台上の装置などを入れ替えなければいけないため、いったん舞台上を暗くする必要があるためです。

このように「暗転」には、演劇などで、「舞台を暗くしている間に、場面を変えること」という意味があります。

「暗転」の一般的な意味

また「暗転」には、「事態が急に悪いほうへ変化すること」という意味もあります。

こちらの「暗転」のほうが、一般的に良く使われます。

順調に進んでいた仕事が、「暗転」するという時は、仕事の状況が悪い方向に変化するという意味があります。

それまで順調に進んでいた仕事や、恋愛、人生などが、急に悪い方向に変化するという時に、「暗転」という言葉を使います。

実際に目の前が暗くなったように感じる人もいるため、人生という舞台が「暗転」したと感じる人もいるでしょう。

「暗転」の類語や類似表現や似た言葉

次に「暗転」の類語や類似表現を紹介します。

「暗転」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「消灯」
  • 「悪化」
  • 「暗くなる」

「消灯」

「消灯」には、「電灯などを消すこと」という意味があります。

寝る前に、電気のスイッチを切る時などに、「消灯」という言葉を使います。

「消灯時間」は、電気を強制的に落として、眠る時間という意味があります。

「悪化」

「悪化」「あっか」と読みます。

「悪化」には、「状況が悪くなること」という意味があります。

「体調が悪化する」という時は、「体調が悪くなる」という意味があります。

「暗くなる」

「暗くなる」には、「日が暮れて、光の量が少なくなる」という意味があり、「夜になり暗くなる」などと言います。

また「暗くなる」は心理面にも使えます。

「心が暗くなる」には、「心の中に不安が訪れる」「心が闇で満たされる」という意味があります。

「暗転」を使った例文や短文など

「暗転」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「暗転」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「暗転」を使った例文1
  • 「暗転」を使った例文2

「暗転」を使った例文1

「舞台上が『暗転』し、まるで違う世界が目の前に現れる」

この例文は、演劇を見に行ったお客さんの感想になります。

舞台上が真っ暗になったかと思えば、次の瞬間、新しいセットが用意されていて、まるで違う世界になったと感じたお客さんの気持ちを文章にしたものです。

このように「暗転」には、一時的に舞台上を暗くするという意味があります。

また舞台上で行われるコントでは、オチのシーンが演じられると同時に、舞台上が暗くなり、エンディングを迎えることがあります。

このように「暗転」し、コントや演劇が終わるパターンは珍しくありません。

「暗転」を使った例文2

「順調だった人生が『暗転』し、辛い時期を過ごす」

この例文のように、それまで順調だった人生が、悪い方向に変化することがあります。

「人生が暗転した」と感じられるような場面です。

それまでの人生が順調で明るいほど、悪い方向に進んだ後、暗く感じるのではないでしょうか。

例えば大企業に勤務していた人が、会社が倒産し無職になってしまった時などは、「暗転」という言葉がぴったりなほど、世の中が真っ暗に見えるかもしれません。

「暗転」の反対語

「暗転」と反対の意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

そこで「暗転」と反対の意味を持つ言葉を紹介します。

  • 「好転」
  • 「右肩上がり」
  • 「上り調子」
  • 「うなぎ上り」

「好転」

「好転」には、「物事や状況が、良い方向に進むこと」という意味があります。

「仕事が好転する」という場合は、「仕事の状況が良い方向に進む」という意味があります。

「右肩上がり」

「右肩上がり」という言葉があります。

「右肩上がり」には、「後になるほど、状況が良くなる」という意味があります。

また「後になるほど、数字が良くなる」という意味もあります。

例えば野球の投手の調子が、回を重ねるごとに良くなる時、「投手の調子が、右肩上がりに良くなる」と言います。

「上り調子」

「上り調子」には、「体の状態や状況が上向きになること」という意味があります。

チームの調子がどんどん上向きに改善されている時などに、「チームが上り調子」などと言います。

このように、何かの調子が上向きになる時に、「上り調子」という言葉を使ってみましょう。

「うなぎ上り」

「うなぎ上り」という言葉があります。

「うなぎ上り」には、「何かをきっかけに、評価や値段などが、急上昇する」という意味があります。

例えば好景気になり、株価が急上昇する時は、「株価がうなぎ上りになる」などと言います。

またタレントが、良い番組に出て好感度が急上昇する時、「好感度がうなぎ上り」などと言います。

icon まとめ

「暗転」という言葉について見てきました。

仕事や恋愛などは、ずっと順調に行くものではなく、悪い方向に行くことも珍しくありません。

そのような時に「暗転」という言葉を使ってみましょう。

そして、最近状況が良くないと感じている人は、また「好転」できる日を待ちながら、毎日を前向きに過ごしましょう。