意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「リスク」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

「リスク」という言葉の意味や使い方を紹介します。

また「リスク」を使った言葉を紹介し、意味を解釈して行きます。

さらに「リスク」という言葉を使った例文や、「リスク」の類語を紹介して行きます。

リスク

Meaning-Book
「リスク」とは?意味や類語!例文や表現の使い方>


目次

  • 「リスク」とは?
  • 「リスク」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「リスク」を使った例文や短文など
  • 「リスク」の反対語
  • 「リスク」を使った言葉を紹介し、その意味を解釈します

「リスク」とは?

みなさんは「リスク」という言葉を知っているでしょうか。

「リスクを負って仕事をする」などと言った経験がある人もいるでしょう。

一方で、「リスク」という言葉をまるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「リスク」という言葉の意味を紹介します。

  • 「リスク」の英語
  • 「リスク」の意味

「リスク」の英語

「リスク」は英語を元にしたカタカナ語になります。

「リスク」は英語で、“risk”と表記します。

“risk”をカタカナ語にすると、「リスク」となります。

「リスク」の意味

「リスク」には、「危険」という意味があります。

また「リスク」には、「危険の生じる可能性」という意味があります。

さらに「予想通りに行かない可能性」という意味もあります。

「リスクを負って仕事をする」という場合は、「危険の生じる可能性を負いながら、仕事をする」という意味があります。

このように「リスク」には、「危険」という意味や、「危険の生じる可能性」などの意味があります。

「リスク」の類語や類似表現や似た言葉

「リスク」の類語や類似表現を紹介します。

「リスク」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「危うい」
  • 「薄氷を踏む」
  • 「虎の尾を踏む」

「危うい」

「危うい」には、「だめになりそうで、不安な気持ちになる」という意味があります。

「危うい日」という場合は、不安な気持ちになりやすい日という意味があります。

「薄氷を踏む」

「薄氷を踏む」という言葉があります。

「薄氷を踏む」には、「極めて危険なこと」という意味があります。

今にも割れてしまいそうな、薄い氷の上を歩くのは、とても危険なことでしょう。

同じように、極めて危険なことをする時に、「薄氷を踏む」という言葉を使います。

例えば、パンチ力がものすごいボクサーの攻撃をかわし切り、判定勝利する時は、「薄氷を踏む勝利」と言われるかもしれません。

「虎の尾を踏む」

「虎の尾を踏む」という言葉があります。

「虎の尾を踏む」には、「とても危険なことをする」という意味があります。

猛獣である虎の尾を踏めば、虎に気付かれて、かみ殺されてしまうかもしれません。

そのような危険な行為を「虎の尾を踏む」と表現します。

「リスク」を使った例文や短文など

「リスク」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「リスク」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「リスク」を使った例文1
  • 「リスク」を使った例文2

「リスク」を使った例文1

「『リスク』を恐れてしまったら、大きな成功は望めない」

この例文には、危険を回避することばかり考えている人は、大きな成功はできないという意味があります。

例えば、大きな企業の創始者になりたいという夢がある人は、会社を辞めて起業しなければならないでしょう。

また起業するために、借金を背負うこともあるかもしれません。

このような「リスク」を恐れてしまえば、一会社員として人生を終えることになるかもしれません。

平穏な人生にも価値がありますが、大きな成功を望むタイプの人は、「リスク」を取る必要があるかもしれません。

「リスク」を使った例文2

「『リスク』はあるが、全員攻撃を決断する」

この例文は、サッカーの終了間際に、キーパーも含む全員で攻撃する決断をした場面を文章にしたものです。

一点差を追って、試合の最終盤を迎えたら、危険を承知で、全員で攻撃することを選ぶかもしれません。

「リスク」の反対語

「リスク」と反対の意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

そこで「リスク」と反対の意味を持つ言葉を紹介します。

  • 「安全」
  • 「危なげない」
  • 「無事」

「安全」

「安全」には、「危なくない様子」という意味があります。

「危険が無い様子」という意味があるため、「リスク」と反対の意味になります。

「危なげない」

「危なげない」という言葉にも「危険が無く、安全な様子」という意味があります。

「危なげない仕事ぶり」という場合は、ミスをする危険のない、見ていて安心な仕事ぶりという意味になります。

「無事」

「無事」には、「何事もないこと」という意味があります。

恋人とのデートの帰り、「危ないことなどがなく、家に帰れた時」は、恋人に「無事に家に帰りました」などというメッセージを送ります。

「リスク」を使った言葉を紹介し、その意味を解釈します

「リスク」を使った言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「リスクが大きい」
  • 「リスクを冒す」
  • 「リスクを取る」

「リスクが大きい」

「リスクが大きい」には「危険の生じる可能性が大きい」という意味があります。

例えば投資の中でも、株式投資やFXは元本保証がないため、国債や定期預金に比べると、危険が生じる可能性が大きいと言えます。

そのため、「株式投資は、リスクが大きい投資」と言えるでしょう。

ただし、株式投資やFXで儲けが出た場合は、国債や定期預金よりもはるかに大きくなります。

そのため株式投資などの投資は、「リスクが大きいが、得るものも大きい」と表現することもできます。

「リスクを冒す」

「リスクを冒す」という言葉は、良く使われています。

「リスクを冒す」には、「危険だと知りながら、あえてする」という意味があります。

例えば、天気の悪い日に登山をする人は、天気が良い日とは違い、危険があると知りながら登山をすることになります。

そのため「リスクを冒し、登山をする」という文章を作れます。

「リスクを取る」

「リスクを取る」には、「あえて危険に挑むこと」という意味があります。

先ほど、株式投資やFXの例を出しましたが、リスクを承知であえてリスクの高い投資に挑む人がいます。

このように危険を承知で投資に挑む時、「リスクを取って、株式投資をする」などと表現できます。

icon まとめ

「リスク」という言葉について見てきました。

カタカナ語の「リスク」は、今では誰でも使うような知られた言葉になっています。

ビジネスシーンなどで、危険を承知で仕事をする時などに、「リスク」という言葉を使ってみましょう。