意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「誹りを免れない」とは?意味や類語!表現の使い方

「誹りを免れない」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「誹りを免れない」という言葉を使った例文や、「誹りを免れない」の類語を紹介して行きます。

誹りを免れない

Meaning-Book
「誹りを免れない」とは?意味や類語!表現の使い方>


目次

  • 「誹りを免れない」とは?
  • 「誹りを免れない」を使った例文や短文など
  • 「誹りを免れない」の類語や類似表現や似た言葉


「誹りを免れない」とは?

「誹りを免れない」という言葉を知っているでしょうか。

「軽率の誹りを免れない」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

一方で、「誹りを免れない」という言葉の、読み方すら知らない人もいるでしょう。

そこで「誹りを免れない」という言葉の意味を紹介します。

  • 「誹りを免れない」の読み方
  • 「誹りを免れない」の意味

「誹りを免れない」の読み方

「誹りを免れない」「そしりをまぬがれない」と読みます。

「誹り」「そしり」「免れない」「まぬがれない」と読みます。

とても読み方が難しい言葉のため、初見で正しく読むのは難しいでしょう。

これを機会に、「誹りを免れない」「そしりをまぬがれない」と読みましょう。

「誹りを免れない」の意味

「誹りを免れない」という言葉の意味を紹介します。

「誹りを免れない」には「非難を受けて当然」という意味があります。

「誹り」には、「けなすこと」「けなす言葉」という意味があるため、「非難の言葉を受けるのを避けられない」「けなされて当然」などの意味が生まれます。

「軽率の誹りを免れない」には、「軽率な行動を非難されて当然だ」という意味があります。



「誹りを免れない」を使った例文や短文など

次に「誹りを免れない」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「誹りを免れない」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「誹りを免れない」を使った例文1
  • 「誹りを免れない」を使った例文2

「誹りを免れない」を使った例文1

「売り上げが上がらない状況では、怠慢の『誹りを免れない』だろう」

この例文はビジネスシーンの一コマで、売り上げが上がらない状況を放置したとして、怠慢だという非難を受けても仕方がないだろうという意味があります。

実際に売り上げを高めようと努力していたとしても、結果が伴っていないため、非難を受けても仕方ないと感じるような場面になります。

「誹りを免れない」を使った例文2

「相手が悪いとはいえ、暴力を振るったら、行き過ぎの『誹りを免れない』」

この例文のように、ここ数年は特に、行き過ぎた暴力に対して、世間が厳しくなっています。

仮に相手が悪いとしても、暴力を振るった場合は、行き過ぎだという非難を受けても当然でしょう。

手を出さずに、言葉で相手の行動を改善できるよう、工夫を凝らす必要がありそうです。

「誹りを免れない」の類語や類似表現や似た言葉

最後に「誹りを免れない」の類語や類似表現を紹介します。

「誹りを免れない」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「いかんともしがたい」
  • 「お手上げ」

「いかんともしがたい」

「いかんともしがたい」「如何ともし難い」と書きます。

「いかんともしがたい」には、「どうすることもできない」「解決する手段がない」などの意味があります。

「このような状況になっては、いかんともしがたい」「ここまで来ては、いかんともしがたい」などという使い方をします。

「お手上げ」

「お手上げ」には、「どうしようもない」「降参すること」などの意味があります。

例えば、「四方八方を敵に囲まれてしまったら、お手上げだ」などという使い方をします。

自分の周囲が敵だらけでは、どうしようもない、という意味があります。



icon まとめ

「誹りを免れない」という言葉について見てきました。

一見難しい言葉に見えますが、意味を知ると、使いやすそうな言葉と感じたのではないでしょうか。

「非難を受けても当然だ」と感じる場面で、「誹りを免れない」という言葉を使ってみましょう。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。