意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「負け犬根性」とは?意味や類語!対義語や表現の使い方!

「負け犬根性」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「負け犬根性」という言葉を使った例文や、「負け犬根性」の類語を紹介して行きます。

負け犬根性

Meaning-Book
「負け犬根性」とは?意味や類語!対義語や表現の使い方!>


目次

  • 「負け犬根性」とは?
  • 「負け犬根性」の使い方
  • 「負け犬根性」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「負け犬根性」を使った例文や短文など


「負け犬根性」とは?

みなさんは「負け犬根性」という言葉を知っているでしょうか。

「負け犬根性」が染みついている人の姿が脳裏に浮かんだ人もいるでしょう。

一方で、「負け犬根性」という言葉をまるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「負け犬根性」という言葉の意味を紹介します。

  • 「負け犬根性」の読み方
  • 「負け犬根性」の意味

「負け犬根性」の読み方

「負け犬根性」「まけいぬこんじょう」と読みます。

「負け犬」「まけいぬ」「根性」「こんじょう」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に「負け犬根性」「まけいぬこんじょう」と読みましょう。

「負け犬根性」の意味

「負け犬根性」の意味を紹介します。

「負け犬根性」には、「勝負に負けて、すごすごと引き下がるような態度や考え方」という意味があります。

負けることに慣れてしまい、「また負けるだろう」と何かをする前からあきらめてしまったり、そのような自分に愛想を尽かしているような様子を「負け犬根性」と言います。

また大した抵抗もせずに、負けを認めてしまうような態度や考え方も、「負け犬根性」と言います。



「負け犬根性」の使い方

「負け犬根性」という言葉の使い方を紹介します。

「負け犬根性」は、すぐに負けを認めてしまう人や、対戦前から、負けそうだと思っている人に対して使います。

また負けることに慣れてしまい、負けても悔しがらないような人に対しても、「負け犬根性」という言葉を使ってみましょう。

例えば、職場で営業成績が発表される時、最下位なのにヘラヘラと笑っている人は、「負け犬根性」が染みついている人かもしれません。

また合コンに参加して、「俺はモテないから」とか、「俺は何をしてもダメだ」「俺のことは好きじゃないでしょ」などと、ネガティブな発言を連発するような人も、「負け犬根性」の持ち主と言えるでしょう。

このような人に対して、「負け犬根性」という言葉を使ってみましょう。

「負け犬根性」の類語や類似表現や似た言葉

次に「負け犬根性」の類語や類似表現を紹介します。

「負け犬根性」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「意気地なし」
  • 「腰抜け」

「意気地なし」

「意気地なし」には、「勇気や度胸がない様子」または「勇気や度胸がない人」という意味があります。

「腰抜け」

「腰抜け」には、「臆病で意気地がないこと」、または「そのような人」という意味があります。

何かを始める前に、怖がって避けてしまうような人は「腰抜け」と言われてしまいそうです。



「負け犬根性」を使った例文や短文など

最後に「負け犬根性」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「負け犬根性」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「負け犬根性」を使った例文1
  • 「負け犬根性」を使った例文2

「負け犬根性」を使った例文1

「まだ逆転できるかもしれないのに、ギブアップするとは『負け犬根性』丸出しだ」

この例文のように、負けに慣れている人は、見切るのが早すぎ、逆転できるような状況でギブアップしてしまいます。

負けることに対する抵抗がないのも問題と言えるでしょう。

「負け犬根性」を使った例文2

「『負け犬根性』がつかないように、慎重に試合を組む」

この例文のように、ボクシング選手の試合の組み方には、注意が必要です。

いきなり強い相手と戦い、負け癖が付かないよう、互角の実力か、勝てる相手と戦い、「勝ち癖」を付ける必要があるでしょう。

ボクサーやアスリートに「負け犬根性」は厳禁のためです。

icon まとめ

「負け犬根性」という言葉について見てきました。

みなさんも「負け犬根性」が付かないよう、負けに慣れないような生き方をしていきましょう。