意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「幾重にも重なる」とは?意味や類語!表現の使い方

「幾重にも重なる」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「幾重にも重なる」という言葉を使った例文や、「幾重にも重なる」の類語を紹介して行きます。

幾重にも重なる

Meaning-Book
「幾重にも重なる」とは?意味や類語!表現の使い方>


目次

  • 「幾重にも重なる」とは?
  • 「幾重にも重なる」を使った例文や短文など
  • 「幾重にも重なる」の類語や類似表現や似た言葉


「幾重にも重なる」とは?

「幾重にも重なる」という言葉を知っているでしょうか。

「幾重にも重なる雲」を見たことがあるかもしれません。

一方で、「幾重にも重なる」という言葉をまるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「幾重にも重なる」という言葉の意味を紹介します。

  • 「幾重にも重なる」の読み方
  • 「幾重にも重なる」の意味

「幾重にも重なる」の読み方

「幾重にも重なる」「いくえにもかさなる」と読みます。

「幾重」「いくえ」と読み、「重なる」「かさなる」と読みます。

これを機会に、「幾重にも重なる」「いくえにもかさなる」と読みましょう。

「幾重にも重なる」の意味

「幾重にも重なる」の意味を紹介します。

「幾重」には、「何度も繰り返す様子」という意味があります。

さらにそれが「重なる」ため、「幾重にも重なる」には、「重なった層をなす」という意味があります。

冒頭の「幾重にも重なる雲」には、雲が何層にもなった様子という意味があります。

このように「幾重にも重なる」には、「重なった層をなす」という意味があります。



「幾重にも重なる」を使った例文や短文など

「幾重にも重なる」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「幾重にも重なる」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「幾重にも重なる」を使った例文1
  • 「幾重にも重なる」を使った例文2

「幾重にも重なる」を使った例文1

「『幾重にも重なる』丘を走って行く」

うねるように何層にも重なっている丘を、ハイキングなどで歩いた経験があるかもしれません。

またハイキングの途中で楽しくなって、この例文のように走り出したことがあるかもしれません。

また最近はトレイルランを趣味にしている人も増え、「幾重にも重なる」丘を駆け抜けた経験がある人もいるでしょう。

「幾重にも重なる」を使った例文2

「オーケストラの音が『幾重にも重って』聴こえる」

オーケストラは、たくさんの楽器が使われていて、たくさんの人が演奏しています。

そのため会場にいると、この例文のようにたくさんの音が、「幾重にも重なって聴こえる」のではないでしょうか。

たくさんの音が重なって聴こえるほど、豊かな音楽体験になるかもしれません。

「これは、ビオラの音だ」「これはチェロの音だ」などと、たくさんの音を聞き分けて、さらに「幾重にも重なっている」様子を楽しんでみましょう。

「幾重にも重なる」の類語や類似表現や似た言葉

「幾重にも重なる」の類語や類似表現を紹介します。

「幾重にも重なる」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「重層化する」
  • 「輪をかける」

「重層化する」

「重層化する」という言葉があります。

「重層化する」には、「物が重なり、層をなすこと」という意味があります。

例えば崖の側面を見ると、たくさんの時を経て、地層が「重層化」しているのが見えるかもしれません。

このような時、「崖を見ると、地層が重層化しているのが分かる」などという文章にできます。

「輪をかける」

「輪をかける」には、「程度をさらにはなはだしくする」という意味があります。

例えば口喧嘩を仲裁するつもりが、口喧嘩を激化させるきっかけになる時、「口喧嘩に輪をかける」と言います。

また母親が癖のある人の場合、その娘が母親に似てしまい、さらに程度がひどくなった時、「母親に輪をかけて癖が強い娘」という文章にできます。



icon まとめ

「幾重にも重なる」という言葉について見てきました。

みなさんも、何層にも重なっている雲や、森などを見た時に、「幾重にも重なる」という言葉を使ってみましょう。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。