意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「安普請」とは?意味と使い方!類語や英語を紹介!

「安普請」という言葉の意味や読み方を紹介します。

また「安普請」の語源や由来、使い方を紹介して行きます。

さらに「安普請」を使った言葉や例文、類語や英語などを紹介して行きます。

Meaning-Book
「安普請」とは?意味と使い方!類語や英語を紹介!>


目次

  • 「安普請」の意味とは?
  • 「安普請」の読み方
  • 「安普請」の語源や由来
  • 「安普請」の使い方
  • 「安普請」を使った例文や短文など
  • 「安普請」の類語や言い換え
  • 「安普請」の英語


「安普請」の意味とは?

みなさんは「安普請」という言葉を知っているでしょうか。

読み方すら分からない人もいるでしょう。

一方で、「安普請」をしてしまい、失敗したと感じている人も、いるかもしれません。

「安普請」という言葉には、「安い費用で家を建てること」という意味があります。

また、そういう粗雑な作りの家という意味もあります。

家を建てる時に、素材などを安く上げようとして、結果的に寒すぎる家になったり、雨漏りしやすい家になるなどの、失敗をする人がいますが、このような人の家を「安普請」と呼びます。

このように「安普請」には、安い費用で家を建てること、また、そういう安い作りの家という意味があります。



「安普請」の読み方

「安普請」という言葉の読み方を紹介します。

「安普請」「やすぶしん」と読みます。

「あんふせい」「やすぶせい」など、様々な読み間違え方を想像できます。

むしろ初見で「やすぶしん」と読むことの方が難しいかもしれません。

これを機会に「安普請」「やすぶしん」と読むと覚えておきましょう。

「安普請」の語源や由来

「安普請」には「安い費用で家を建てる」という意味がありますが、なぜ「安普請」という言葉を使うのでしょうか。

「安普請」の語源や由来を紹介します。

そもそも「普請」という言葉は、仏教の禅宗の用語です。

寺の施設の建造などを作る時は、労働力が必要です。

そこで地域の住民に参加してもらい、建設費を浮かすことがありました。

このように、労働力を提供してもらうことを「普請」と言い、時代が過ぎるにつれて、建築や土木工事などをすることを意味するようになりました。

この「普請」を安くするという意味で、「安普請」という言葉が使われるようになっています。



「安普請」の使い方

「安普請」「安い費用で、家を建てる」という意味や、「そのような方法で立てた安っぽい家」という意味があります。

そのため、明らかに安っぽい作りの家を言葉にする時に、「安普請」を使います。

また誰かを家に招き、家の作りを褒められた時などに、照れ隠しの意味で「安普請です」などと言うこともあります。

本当はたっぷりお金を掛けていても、あえて「安普請」ということで、相手に嫌な気持ちを与えずに済むでしょう。

さらにホテルや宿などに宿泊する時、作りが安っぽいと感じた時、「このホテルは『安普請』だな」などと言ってみましょう。

「安普請」を使った例文や短文など

続いて「安普請」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「安普請」を具体的にどのように使えばいいかが、見えて来るでしょう。

  • 「安普請」を使った例文1
  • 「安普請」を使った例文2

「安普請」を使った例文1

「私の家は『安普請』のため、台風が近づくと異様に恐怖心を感じる」

この例文のように、台風などが近づくとびくびくするような、「安普請」の家に住んでいる人がいるかもしれません。

強い風にあおられて家屋が倒壊しないよう、ある程度の強度のある家を建てたいものです。

「安普請」を使った例文2

「この旅館は、料理は美味しいが『安普請』なのが気になる」

この例文のような経験をした人も多いのではないでしょうか。

民宿など、最初から家の作りはそれほど期待していないケースは問題ありませんが、高級旅館だと思って「安普請」の宿だと気付くと、かなりのショックを受けることになります。

ホテルや宿の口コミ情報などを良くチェックすることが大切かもしれません。

「安普請」の類語や言い換え

「安普請」の類語や、言い換えられる似た意味の言葉を紹介します。

「安普請」と同じような意味を持つ言葉は、どのような言葉でしょうか。

  • 「木賃宿」
  • 「掘っ立て小屋」
  • 「やっつけ仕事」

「木賃宿」

「木賃宿」という言葉があります。

「木賃宿」「きちんやど」と読み、「粗末な作りの安宿」という意味があります。

江戸時代には、「木賃」を取って旅人を宿泊する宿がありました。

「木賃」「薪」などの木材に対するお金のことで、火を起こすために使う薪代を意味します。

旅人は、自分で持ってきた米などを、薪を使って焚いて食べるため、食事代は必要ありません。

今でいえばホテルの「素泊まり代金」と言えるかもしれません。

「掘っ立て小屋」

「掘っ立て小屋」は、柱の根をいきなり地中に埋めて作った粗末な家のことです。

ちなみに、普通の家は、土台をきちんと設けてから上物を作ります。

また実際は土台を設けて建てた家だとしても、あまりにも安っぽく粗末に感じられる家の場合は、「掘っ立て小屋」と表現することがあります。

「やっつけ仕事」

「やっつけ仕事」「その場しのぎの仕事」「適当でいい加減な仕事」という意味があります。

後から誰かに見られた時に、怒られてしまうような仕事を「やっつけ仕事」と呼びます。

「安普請」になる理由のひとつに、費用を抑えられた業者による、「やっつけ仕事」があるでしょう。

「安普請」の英語

「安普請」という言葉を英語にすると、どうなるでしょうか。

「安普請」は英語で、“jerry‐built house”(ゼリービルドハウス)になります。

“jerry‐built house”には「ゼリー」のような作りの家という意味があります。

いかにも、すぐに倒れてしまいそうな、軟弱な様子が英語に現れています。

また“cheaply built house”(チープリービルトハウス)という言い方もします。

“cheaply built house”には「安く建てられた家」という意味があります。

このように、「安普請」を英語で表現したい時は、“jerry‐built house”“cheaply built house”という言葉を使ってみましょう。

例えば外国の友達が日本に来る時に、安宿を紹介する時に、これらの英語を使ってみてはいかがでしょうか。

icon まとめ

「安普請」という言葉について見てきました。

宿泊したホテルや宿が、安っぽい作りだった時、友達や家族どうして「安普請だね」などと言い合うと、気分が晴れるかもしれません。

ただし知り合いや友達の家が安っぽい作りだとしても、「安普請」とは言わないようにしましょう。

相手の気分を害してしまうかもしれません。