意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「干渉」とは?意味・類語【使い方や例文】

「干渉」という言葉の意味や類語を紹介します。

さらに「干渉」の使い方や、「干渉」を使った例文を紹介して行きます。

Meaning-Book
「干渉」とは?意味・類語【使い方や例文】>


目次

  • 「干渉」の意味とは?
  • 「干渉」の意味
  • 「干渉」の類語と類義表現
  • 「干渉」の対義語
  • 「干渉」の言葉の使い方
  • 「干渉」を使った言葉と意味を解釈
  • 「干渉」を使った例文


「干渉」の意味とは?

みなさんは「干渉」という言葉を知っているでしょうか。

「干渉」「かんしょう」と読み、「せんしょう」などと読み間違えないように注意しましょう。

「干渉」「誰かに『干渉』する」などというフレーズで使われる言葉です。

人によっては「『干渉』しないで」などと、大切な人に言われた経験もあるでしょう。

しかし、「干渉」の意味を知らない人、今回初めて「干渉」という言葉に触れた人もいるでしょう。

そこで「干渉」の意味や使い方を紹介します。

この言葉の意味を知る事で、「干渉」を含む文章の意味を理解できるようになるでしょう。

誰かに言われたセリフの真意が、理解できるようになるかもしれません。



「干渉」の意味

「干渉」には、どのような意味があるでしょうか。

「干渉」には、大きく分けて3つの意味がありますので、それぞれの意味を見て行きましょう。

  • 「一般的な干渉」
  • 「国による干渉」
  • 「科学現象の干渉」

「一般的な干渉」

一般的な意味で「干渉」という言葉を使う時には、「立ち入って関わる事」「立ち入って、自分の意思に従わせようとする事」という意味があります。

子供が親に対して口出しするだけでなく、すべてに立ち入って従わせようとする時に、「干渉」という言葉を使います。

「親が『干渉』しすぎるのは良くない」などという文章で、親の行動をたしなめる事があります。

人には自分が裁量できる自由が必要ですが、それを犯すような行動を取る事を「干渉」と呼びます。

そのため、「干渉」は良い意味では使われず、どちらかといえばネガティブな意味で使われます。

「国による干渉」

次に、国際法の中で使う「干渉」という言葉を紹介します。

本来は国の運営は、その国の内部にいる人に任せるべきです。

しかし他の国が強制的にその国に立ち入り、自分の意思に従わせようとする事を「干渉」と言います。

さらに他の国の内政に関わるような「干渉」をする時に、「内政干渉」という言葉を使います。

国際法では、それぞれの国の自由を認めていますので、原則「干渉」は禁止されています。

「科学現象の干渉」

最後の「干渉」が科学現象を意味する「干渉」です。

2つ以上の波が重なり、互いの波を強めたり弱めたりする現象の事を「干渉」と呼びます。

学生時代の科学や理科の授業で習った人もいるかもしれません。

一般的な生活ではほとんど使う機会がありませんが、このような意味がある事を覚えておきましょう。

「干渉」の類語と類義表現

続いて「干渉」の類語や類義表現を見て行きましょう。

「干渉」に似た意味の言葉を知る事で、「干渉」という言葉の意味をより深く理解する事ができるようになるでしょう。

  • 「節介」
  • 「口出し」
  • 「介入」
  • 「ちょっかい」

「節介」

「節介」「せっかい」と読み、一般的にも良く使われる言葉です。

「お節介」などというフレーズも、定型句のように使われます。

「節介」には、「余計な世話をする事」という意味があります。

通常、誰かが自分の世話をしてくれると嬉しいと感じるものですが、「節介」された時は嬉しいと感じず、嫌だとかうっとうしいと思います。

例えば適齢期の女性に、お見合いの話を持ってくる人は、「お節介」と言われてしまうかもしれません。

「口出し」

「口出し」も、「干渉」と似た意味をもつ言葉です。

「口出し」には、「横からいちいち物を言う事」という意味があります。

例えば会社で女性の仲間同士でランチに行くお店の相談をしている時に、上司が突然割り込んできて「夏だし精をつけるために、うなぎを食べろ」などと言うのは「口出し」になります。

おしゃべりな人は、つい「口出し」をして嫌われてしまいがちですので、注意が必要です。

「介入」

「介入」「かいにゅう」と読む、少し重い言葉です。

例えば「戦争中の国に『介入』する」などという使い方をされます。

「介入」には、「事件の当事者の間に割り込む事」という意味があります。

そのため「介入」は、政治的な出来事、戦争中の出来事、事件など、一般的ではない場面で使われる事が多い言葉です。

「ちょっかい」

「ちょっかい」という言葉は、誰でも知っている使われる機会が多い言葉でしょう。

「ちょっかい」には、「横合いからの手出し」という意味があります。

友達同士が「ちょっかい」を出しあって、喧嘩に発展する事もあります。



「干渉」の対義語

次に「干渉」の対義語を見て行きましょう。

「干渉」と反対の意味をもつ言葉にはどのような言葉があるでしょうか。

対義語を知る事で、「干渉」という言葉の意味が立体的に見えてくるでしょう。

  • 「放任」
  • 「野放し」
  • 「放って置く」

「放任」

「放任」「ほうにん」と読み、「打ち捨てておく事」という意味があります。

「放任主義」という言葉は、親や学校の先生の指導方針として有名です。

あまり子供に「干渉」せず、放って置く事で、子供の自主性を育てて行く狙いがあります。

「干渉」の対義語として使える言葉ですので、「放任」「干渉」をセットで覚えておくと良いでしょう。

「野放し」

「野放し」という言葉もあります。

「野放し」には、「野に放して自由にさせる事」という意味があります。

牧場を運営している人の中には、馬や牛などを「野放し」にしている人もいるでしょう。

家畜だけでなく、子供やパートナーに対しても、「野放し」という言葉を使う事があります。

「放って置く」

「放って置く」は一般的に良く使われる言葉です。

「放って置く」には、「そのままかまわないでおく」という意味があります。

泣いている子供がいても、そのまま泣かせておく時がありますが、このような行為を「放って置く」と言います。

「干渉」の言葉の使い方

「干渉」という言葉を、どのような場面で使えばいいでしょうか。

「干渉」には、3つの意味がありましたが、一般的に使うのは、「立ち入って関わる」という意味での「干渉」です。

そこで、誰かに対して立ち入って関わる様子を見た時に、「干渉」という言葉を使ってみましょう。

ビジネスシーンでは、部下が判断すべき仕事を上司が立ち入る時に、「干渉」という言葉を使います。

また家庭では子供が判断すべき事柄を、親が立ち入って、自分の意思に従わせようとした時に、「干渉」という言葉を使います。

このように、他の人が自由意思を発揮する機会を奪おうとする行為を見た時に、「干渉」という言葉を使ってみましょう。

「干渉」を使った言葉と意味を解釈

「干渉」を使った言葉を紹介し、その意味を解釈して行きます。

「干渉」という言葉を使った定型句のような言葉ですので、覚えておくと会話をしやすくなるでしょう。

  • 「干渉する人」
  • 「過干渉」

「干渉する人」

「干渉する人」は、いつも誰かに対して立ち入った態度を取り、自分の意思に従わせようとする人です。

たまに「干渉」するだけではなく、基本姿勢として「干渉」する習慣があります。

親や、仕事ができる人などに「干渉する人」が多くなっています。

「過干渉」

「干渉」が過ぎる時、「過干渉」という言葉を使います。

特に親が子供に構いすぎて、全ての行動を規制してしまっているような時に、「過干渉」という言葉を使います。

「干渉」を使った例文

「干渉」という言葉を使った例文を紹介します。

様々な場面における「干渉」を使った文章を見て、この言葉の使い方のコツを覚えましょう。

  • 「干渉」の例文1
  • 「干渉」の例文2

「干渉」の例文1

「親が『干渉』しすぎると、子供は自分の意思を持てなくなってしまう」

この例文のように、親が子供をかまいすぎたり、子供の事情に立ち入り過ぎると、子供の自由な意思の芽を摘んでしまう事になります。

いつか子供は独り立ちするのですから、子供の意思を尊重し、多少の事には目をつむる必要があるでしょう。

このように「干渉」という言葉は、親の子育てに対して使われる事が多く、この例文はその代表的な「干渉」の使用例と言えるでしょう。

「干渉」の例文2

「部下に『干渉』する上司は、部下から嫌われる」

この例文のように、部下の自由裁量権を奪うような上司は、部下から嫌われてしまいます。

このタイプの上司は、仕事ができる優秀な人が多く、自分で何でもした方が、ミスが少なく早く仕事が進むため、何でも自分で決定してしまいます。

しかし自由に裁量できなければ、部下にとって、ただやらされているだけの仕事になります。

仕事に対するモチベーションが下がり、部署全体の成績が下がってしまうかもしれません。

また部下の成長を促す事も、上司の仕事のひとつです。

このように部下に「干渉」し過ぎる人は、どんなに仕事ができても、それほど出世できないかもしれません。

icon まとめ

「干渉」という言葉の意味や使い方を見てきました。

誰かに「干渉」し過ぎている事に気付き、反省した人もいるでしょう。

「干渉」のし過ぎは、お互いにとって良くないので、「放任」する事も覚えましょう。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。